Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 14
01. OUTWORK COLLECTION - PIECES / KOKIA (2011)
02. SHEER HEART ATTACK / QUEEN (1974)
03. SMASHES, THRASHES & HITS / KISS (1988)
04. GREATEST KISS / KISS (1996-JAPAN / 1997-USA)
05. CHRISTMAS TIME / BRYAN ADAMS (1985)
06. CAPTURED 「ライブ・エナジー」 / JOURNEY (1981)
07. ACCESS ALL AREAS - LIVE IN AUSTRALIA / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA PART 2 (2003)
08. FREE SOUL - DRIVE WITH JIGSAW / JIGSAW (2006)
09. SKY HIGH - JIGSAW GREATEST HITS [THE GOLD] & [THE SILVER] / JIGSAW (2011)
10. QUEEN ON FIRE - LIVE AT THE BOWL / QUEEN (2004)
    OUTWORK COLLECTION - PIECES / KOKIA (2011)

CDの帯:outwork collection - pieces / KOKIA

Album Cover: outwork collection - pieces / KOKIA  CD: outwork collection - pieces / KOKIA  Booklet: outwork collection - pieces / KOKIA

これまでにリリースされたオリジナルアルバムには未収録だったアニメやゲームなどのタイアップ曲が収録されたアルバムがこの「outwork collection - pieces」です。

私自身はアニメやゲームに詳しくないので、ここに収録されている楽曲は初めて聴くものばかりだったのですが、最近のオリジナルアルバム収録曲と比較すると、より荘厳で抑揚があり、楽曲にメリハリが感じられます。お気に入りは T-1 「KARMA」、 T-11 「「EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/.」、 T-12 「「EXEC_COSMOFLIPS/.」といったところ。

個人的には"KOKIA"さんのアルバムの中では"trip trip"が最も好きで、実をいうと、こういった方向性のサウンドが好みなんですよね。それは、私自身が洋楽好きということもあり、声も言葉としてではなく 楽器の一部として聴いているようなところがあるからなのかもしれません。実際、どちらかといえば歌詞に込められた思いやメッセージなどよりも、メロディーやサウンド、アンサンブルといった部分に耳が行ってしまうようなところがありますし、そういった意味ではやはりスタジオアルバムならではの凝ったサウンドが好きですね。歌メロとは別に聞こえてくる"KOKIA"さんのコーラス、ハーモニーも魅力的ですし。

で、この「outwork collection - pieces」、アニメやゲームなどのタイアップ曲中心のアウトワーク作品集とはいっても、そういった雰囲気のジャケットになってないのが良いですね。なんでも"KOKIA"さん自身がゲームやアニメのジャケットでは手にしにくいと思う人達のことを考えられたとのことだそうですが、ジャケットのみならず、グレイッシュなカラーで統一されたパッケージ全体の雰囲気も品があって良い感じです。

更には、CD裏面やブックレット内には、何の主題化とか、そういった表記が全く無いのも、アニメやゲームなどとは関係なく純粋に"KOKIA"さんの音楽を楽しみたいと思う自分のような者にとっては良いところ。アニメやゲームから入った人達にはそういった表記は無くても分かるでしょうからこういったスタイルは歓迎。実際のところ、私自身、CDの帯などに書かれた「何々のドラマの主題歌」とか「何々のCMのタイアップ曲」とかいう宣伝表記なども好きじゃないんですよね。

それにしても"KOKIA"さんって、こういったジャンルのアウトワーク作品がけっこう多いんですね。残念ながらここには収録されなかった楽曲も数多くあるようで、できれば又いつか「Part 2」もリリースして欲しいところです。勿論、このようなスタイルのパッケージで (笑)。

TRACK LIST
1. KARMA / 2. Insonnia / 3. Transparent / 4. 沈黙 / 5. Fate / 6. ヲモイ / 7. 嘆きの音 / 8. 言の葉 / 9. あなたと出逢って / 10. Road to glory〜for Dragon Nest White Version / 11. EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/. / 12. EXEC_COSMOFLIPS/. / 13. 光の中に

▼ 関連記事

pieces 音の欠片(2011年07月28日) - KOKIA 公式ブログ「otonami」
http://www.kokia.com/blog/2011/pieces-1.html

(記:2012年10月)


    SHEER HEART ATTACK / QUEEN (1974)

CDの帯(初CD化盤):シアー・ハート・アタック / クイーン

Album Cover (front): Sheer Heart Attack / Queen
私がこのクイーンのサードアルバム「Sheer Heart Attack / シアー・ハート・アタック」を買ったのは、確か「News of the World / 世界に捧ぐ」をリアルタイムで買った後くらいだったと思います。当然、その当時は"CD"なんてものは無い時代でしたからレコード盤だったわけですが、そういった時代背景もあり、このアルバムに関してはレコード盤ならではの思い出といったものもいくつかあります。

当時、私がこのアルバムを買ったときの最大の関心は何と言っても"Killer Queen"でした。このアルバムを手にするまでは、この"Killer Queen"を聴いたことは無かったのですが、この曲がヒットしたことは雑誌等で知っていたので、その当時の私は当然のごとく、その後のヒット曲、"Bohemian Rhapsody"、"Somebody to Love"、"We Are the Champions"といった路線をイメージして、いったいどんなドラマティックな曲なんだろうと、2曲目に気持ちを備えながらワクワクしてレコード盤1曲目の"Brighton Rock"に針を落としていたことを覚えています。なんてったってバンド名が曲名に入っているくらいだから相当凄い曲なんだろうと勝手にイメージして期待に胸を膨らませていましたね。

そして、"Sheer Heart Attack"に収録されている楽曲の中では、唯一ラジオで聴いて知っていた"Brighton Rock"も終わり、いよいよ2曲目の"Killer Queen"が始まったときは正直「あれっ?」といった感じで肩透かしを食らったような印象でしたね。当時はまさかこんなにポップな曲だとは微塵にも思っていなかったので、イメージしていたものとのギャップにけっこうショックを受けたわけですが、そういった経緯もあり、しばらくはこの"Killer Queen"をどうも好きになれずにいました。

Album Cover (back): Sheer Heart Attack / Queen 当時、このアルバムの中で好きだったのは"Flick Of The Wrist"、"Lilly Of The Valley"、"In The Lap Of The Gods...Revisited"といった曲でした。というわけで、自分の好きな曲だけを集めたオリジナルのテープを作るために、これらの曲を入れたかったのですが、"Flick Of The Wrist"と"Lilly Of The Valley"はメドレー化されて前の曲と繋がっていたので、単独でうまい具合にレコードからテープに落とすことができずに、何回もチャレンジしていた記憶があります。同様に"Brighton Rock"も歌メロはカッコ良くて、とても気に入っていたものの、長ったらしいギターソロの部分がどうも好きになれず、これまた、ギターソロの部分をカットし、うまい具合に繋げて自分好みのカッコイイ曲に仕上げようと、タイミングを計りながら何回もテープに録っていたことも覚えています。

その後も、"Tenement Funster"や、"Stone Cold Crazy"、"Dear Friends"、"Misfire"、"Bring Back That Leroy Brown"、"She Makes Me"といった曲に突如嵌ったりもしましたが、その度に曲間の短さに悩まされた記憶があります。実は、"Misfire"と"Bring Back That Leroy Brown"も曲間が無いに等しいんですよね。

と、そんなこんなで、私の場合、この"Sheer Heart Attack"に関しては、多くがレコード盤ならではの思い出となっています。

それにしても、あらためてアルバムを通して聴いてみると、どことなくユーモラスな部分もあり、ほんと「オペラ座の夜」に負けず劣らずバラエティーに富んだアルバムだということを再認識させられますね。この"Sheer Heart Attack"には、1分台や2分台といった割と短い曲が多く収録されているのですが、短い曲でも、一本調子ではなく、アレンジが凝っているんですよね。今更ながらに短い曲ながらも"Bring Back That Leroy Brown"の起伏に富んだ曲構成には感心させられます。

アルバムは(英2位)、(米12位)を記録。又、シングルでは"Killer Queen"が(英2位)、(米12位)、"Now I'm Here"が(英11位)を記録しています。

TRACK LIST
01. Brighton Rock 「ブライトン・ロック」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
02. Killer Queen 「キラー・クイーン」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
03. Tenement Funster 「テニメント・ファンスター」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor
04. Flick Of The Wrist 「フリック・オブ・ザ・リスト」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
05. Lilly Of The Valley 「谷間のゆり」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
06. Now I'm Here 「ナウ・アイム・ヒア」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
07. In The Lap Of The Gods 「神々の業」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
08. Stone Cold Crazy 「ストーン・コールド・クレイジー」
• Writers: F. Mercury, B. May, R. Taylor, J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
09. Dear Friends 「ディア・フレンズ」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
10. Misfire 「ミスファイア」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury / All Guitars: J. Deacon
11. Bring Back That Leroy Brown 「リロイ・ブラウン」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
12. She Makes Me (Stormtrooper In Stiletos) 「シー・メイクス・ミー」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May
13. In The Lap Of The Gods...Revisited 「神々の業」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年10月 / 更新:2015年7月)


    SMASHES, THRASHES & HITS / KISS (1988)

CDの帯(初回プレス盤):グレイテスト・キッス / キッス

Album Cover (front): Smashes, Thrashes & Hits / KISS
1978年の"Double Platinum"、1982年の"KISS Killers" (アメリカ未発売)に続くキッスのベスト盤がこの"Smashes, Thrashes & Hits"(邦題はグレイテスト・キッス)。その後の1997年にオリジナルタイトルが"Greatest KISS"という名のベストアルバムがリリース(日本では1996年に先行発売)されたので紛らわしいのですが、そちらの邦題は「グレイテスト KISS リマスター」となっています。ということで、この2枚のベストアルバムは同じような邦題になってはいるもののアルバムとしては全くの別物ということになります。

どちらかと言うと比較的地味な印象のあるベストアルバムですが、アメリカでは200万枚のセールスを記録し、"RIAA"からダブルプラチナムの認定を受けています(米21位、英62位)。

アルバムの目玉は1曲目と2曲目に収録されている2曲の新曲と、エリック・カーがリードヴォーカルをとる"Beth"が収録されているということになるのですが、でも、当時はまさかこういう形でエリック・カー初のリードヴォーカル曲を聴くことになるとは思ってもみなかったのでちょっぴり驚かされましたね。

新曲として収録されている"Let's Put The X In Sex"と"(You Make Me) Rock Hard"の2曲については、どちらもシングル向きといったキャッチーな曲で、実際に"Let's Put The X In Sex"はシングルカットもされています(米97位)。

ということで、ベストアルバムとはいっても、2曲の新曲とエリック・カーがヴォーカルをとる"Beth"は他のアルバムには収録されておらず、今のところはこのアルバムでしか聴けないというところにこのアルバムの存在意義もあるのですが、実はこのアルバムならではの魅力が他にもあります。

それは過去の楽曲の多くがリミックスされており、このアルバムでしか聴けないヴァージョンが数多く含まれているという点。しかもどれもが好感が持てるリミックスで、けっこう良いヴァージョンも含まれているんですよね。

まずは新曲の後に続く"Love Gun"。この曲はオリジナルとの違いが分かり易く、大きな違いは後半にギターソロのパートが加わったことです。とは言っても、実際はコーラスとハーモニー部分がカットされたことでギターソロのパートが加わったかのような構成になっているわけですが、それでもライヴヴァージョンに近い雰囲気があり、個人的にはけっこう気に入っています。又、ドラムの音も聴いて直ぐに分かるくらいに抜けが良くなっていますし、ギターの音もけっこう手が加えられており、マシンガンのように連打する部分なども迫力が増しています。

続く"Detroit Rock City"は、どちらかといえば"Double Platinum"に収録されているヴァージョンに近いのですが、それでも"Double Platinum"でのヴァージョンのようにヴォーカルが加工されたり、ギターソロの部分にバッキングヴォーカルが加えられたりしていない分、こちらのヴァージョンの方が好感が持てます。分かりやすく言えば、オリジナルヴァージョンから効果音だけをカットしたような雰囲気。

"Deuce"と"Strutter"は、これ又、一聴して直ぐに分かる程ドラムの音の抜けが良くなっており、かなり新鮮なイメージがします。更に"Deuce"の方は、エンディング部分のギターソロも長くなっており、カッコ良さ倍増。

"Calling Dr. Love"は、イントロ部分に"Double Platinum"のヴァージョンのようなギュイーンというギターの音が加えられている以外にはオリジナルとの違いはあまり感じられません。

"Rock And Roll All Nite"も一聴して直ぐに分かる程にドラムの音の抜けが良くなっている為、こちらも又"Deuce"や"Strutter"と同様にけっこう新鮮に聴こえますし、随分と音が良くなった印象がします。様々な年代の楽曲と混ぜて聴く場合などは、こちらのヴァージョンの方が時代と音質による違和感が軽減されていいかも。又、フェードアウトして終わる最後の部分にはオリジナルには無い細かい演出も加えられています(もしかしたら元々あった部分で、オリジナル・ヴァージョンではカットされていたのかも?)。

そしてラストの"Shout It Out Loud"ですが、こちらはオリジナルとは全く違ったエンディングになっており、"Shout It"のコーラスで曲が終わります。その他では、後半のコーラス部分が拡張されているので、オリジナルと比べて曲の時間が多少長くなっている点が印象的。又、この曲もドラムの音の抜けが良くなっている為、とても新鮮な印象がします。

あと、"I Love It Loud"は、"Creatures of the Night"のリミックス盤に収録されていたもの(軽めのドラムサウンド)と同一のヴァージョンかと思います。

Album Cover (back): Smashes, Thrashes & Hits / KISS TRACK LIST
1. Let's Put The X In Sex (新曲) / 2. (You Make Me) Rock Hard (新曲) / 3. Love Gun [Remix] / 4. Detroit Rock City [Remix] / 5. I Love It Loud [Remix] / 6. Deuce [Remix] / 7. Lick It Up / 8. Heaven's On Fire / 9. Calling Dr. Love [Remix] / 10. Strutter [Remix] / 11. Beth [with Eric Carr Vocal] / 12. Tears Are Falling / 13. I Was Made For Lovin' You / 14. Rock And Roll All Nite [Remix] / 15. Shout It Out Loud [Remix]

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付


(記:2012年11月 / 更新:2015年7月)


    GREATEST KISS / KISS (1996-JAPAN / 1997-USA)

CDの帯(初回プレス盤):グレイテスト KISS リマスター / KISS

Album Cover (front): GREATEST KISS / KISS Album Cover (back): GREATEST KISS / KISS CD Case (back cover): GREATEST KISS / KISS

'88年にリリースされたベストアルバム"Smashes, Thrashes & Hits"(邦題は「グレイテスト・キッス」)の邦題がそのままオリジナルタイトルとなってリリースされたこのベストアルバムは本国のアメリカよりも先に日本やヨーロッパで先行リリースされました。恐らくは日本やヨーロッパでのツアーに合わせて一足早くリリースされたと思うのですが、収録曲に関しては、アメリカ、日本、ヨーロッパと若干の違いがあります。

日本では来日記念盤としてリリースされたこの"GREATEST KISS"、初回盤にはエンボス・ステッカーがおまけとして付いていました。ちなみにジャパンツアーは、1997年1月18日(東京ドーム)、20日(名古屋レインボーホール)、21日・22日(大阪城ホール)、24日(福岡国際センター)、25日(広島サンプラザホール)と計6公演が行われています。

1曲目の"Detroit Rock City"の次が"Black Diamond"という曲順に関してはどうも違和感があるのですが、まぁ、曲順は自分の好みで変えれば済むことだし、メイク時代の楽曲を中心に目一杯ともいえる全20曲が詰め込まれているので、新たにファンになった人にとっては入門編として最適なアルバムなのかもしれません。

ただ、"KISS"のベストアルバムということでいえば、1978年の"Double Platinum"や、1982年の"KISS Killers" (アメリカ未発売)、それに1988年の"Smashes, Thrashes & Hits"のように、「このアルバムでしか聴けない」という新曲、もしくはリミックスヴァージョンが多く含まれているわけではない分、既に"KISS"のアルバムを多数所有しているというファンにとってはやや存在意義が薄いアルバムのようにも思います。一応、トラック12の"Shout It Out Loud"だけは'96年に行われたデトロイトでのリユニオンツアーのライヴ音源を元に制作されたミュージックビデオのヴァージョンが収録されているので、この1曲だけはこのアルバムでしか聴けない曲ということにはなりますが、まぁ、後は全曲がリマスターされているという点をどう捉えるかによっても価値観は変わってくるとは思います。アルバムは、米(77位)、 英(58位)を記録。

CD: GREATEST KISS / KISS  エンボス・ロゴ・ステッカー(表) / KISS  エンボス・ロゴ・ステッカー(裏) / KISS

▼ KISS - Shout It Out Loud (Live From Tiger Stadium, Detroit '96)
https://www.youtube.com/watch?v=sohB922c2uQ

TRACK LIST (Japanese Edition)
1. Detroit Rock City [Double Platinum Version] / 2. Black Diamond / 3. Hard Luck Woman / 4. Sure Know Something / 5. Love Gun / 6. Deuce / 7. Goin' Blind / 8. Shock Me / 9. Do You Love Me / 10. She / 11. I Was Made For Loving You / 12. Shout It Out Loud [New VIdeo Version - Live in Detroit '96] / 13. God Of Thunder / 14. Calling Dr. Love / 15. Beth / 16. Strutter / 17. Rock And Roll All Nite / 18. C'mon And Love Me / 19. Rock Bottom / 20. God Gave Rock N' Roll To You

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年11月 / 更新:2016年12月)


    CHRISTMAS TIME / BRYAN ADAMS (1985)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Christmas Time / Bryan Adams  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Christmas Time / Bryan Adams  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Inner sleeve: Christmas Time / Bryan Adams

これは、カナダ出身のシンガーソングライター、ブライアン・アダムスのシングルレコード盤「Christmas Time / クリスマス・タイム」です。オリジナルアルバムには未収録のこの"Christmas Time"、調べてみると、元々はファンクラブ限定で発売されたらしく、正式にシングル盤としてリリースされたのは日本だけだったようです。

ということで、この"Christmas Time"はチャート上での記録は無いのですが、前年の1984年にリリースされたアルバム"Reckless"が大ヒットを記録したことから、この曲も正式にリリースされていたら、きっとヒットしていたでしょうね、とてもいい曲ですし。ちなみにその"Reckless"は、ビルボードチャートでも1位となり、500万枚の売り上げを記録しています。又、このアルバムからは6曲もがシングルカットされ、その中の"Heaven"はシングルでも1位を記録。なお、シングルカットされたその他の曲も、"Run to You"(6位)、"Somebody"(11位)、"Summer of '69"(5位)、"One Night Love Affair"(13位)、"It's Only Love"(15位)と、軒並みヒットを記録しています。

歌詞カード上部:Christmas Time / Bryan Adams

当時は日本でも頻繁にブライアン・アダムスの曲がラジオから流れていた記憶があるのですが、実のところ、私はブライアン・アダムスのLPレコードを買ったことはありません。というのも、当時はバンドという形態が好きで、ソロシンガーには中々興味が持てなかったんですよね。もしからしたら、それに加えて、流行りモノに乗るというのが嫌だというヒネクレ心も多少あったのかもしれませんが、それでもこの"Christmas Time"のシングル盤は何故か買っていたのでした。

というわけで、当時はこの曲がアルバム未収録曲なんてことも全く知らなかったのですが、クリスマスの曲を集めたオリジナルのカセットテープを作る際は、ワムの"Last Christmas"と共に、この"Christmas Time"は必ず入れていた記憶があります。

レコード盤ラベル:Christmas Time / Bryan Adams   レコード盤ラベル:Christmas Time / Bryan Adams

レコード盤の内袋:Christmas Time / Bryan Adams その後の1994年には、これ又、日本でのみシングルCD(8cm Maxi Single)がリリースされたようですが、残念ながら現在は既に廃盤となっています。思い出のある曲でもあるし、中古でも買おうかなと思ったのですが、いやいや思ったよりも随分と高額になっているんですね、これ。ということで、CDを買うのは断念して、今もこのレコード盤から取り込んだちょっぴりノスタルジックな雰囲気の音を思い出と共に聴いています。

なお、通常のシングル・レコード盤といえば、一般的にはジャケットとなる1枚の紙が封入されているだけといったものが多いのですが、このシングルはジャケットの紙が二つ折りになっており、曲の歌詞と日本語訳が内側に記載されています。又、その歌詞と日本語訳の上部にはブライアン・アダムスのクリスマス・メッセージとサインが印刷されており、ファンにとってはこういうのも案外嬉しいところではないかと思います。

▼ Bryan Adams - Christmas Time
https://www.youtube.com/watch?v=ZilK6A8pqSY

▼ Bryan Adams - Christmas Time (Live in Kraków 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=Oy2E5tDgKl4

TRACK LIST
Side A: Christmas Time (クリスマス・タイム) / Side B: Reggae Christmas (レゲエ・クリスマス)

NOTES
• 日本盤7インチ・シングル・レコード
• 歌詞・対訳付

(記:2012年12月 / 更新:2016年11月)


    CAPTURED 「ライブ・エナジー」 / JOURNEY (1981)

レコードの帯:ライブ・エナジー / ジャーニー

  Album Cover (back): Captured / Journey  Japanese 12-inch Double Vinyl LP + Obi: Captured / Journey

1980年の"Departure Tour"が収録された、この"Journey"初のライヴアルバム「Captured / ライブ・エナジー」は、その中の3会場4公演から抜粋された音源で構成されています。内訳は、1曲目の"Majestic"から4曲目の"Line Of Fire"までが"Forum in Montreal, Quebec, Canada on August 8, 1980"、5曲目の"Lights"と6曲目の"Stay Awhile"が"Koseinenkin Hall, Shinjyuku, Tokyo, Japan on October 13, 1980"、そして7曲目の"Too Late"からラストの"Any Way You Want It"までが、"Cobo Hall in Detroit, Michigan on August 4 & 5th 1980"となっています。

そして、アルバムには未発表曲の"Dixie Highway"(ライヴ・ヴァージョン)と、スタジオ録音の新曲、"The Party's Over (Hopelessly In Love)"(邦題はブルースカイ・パーティ)が収録されています。そういえばアルバムを買った当時は、初披露となるこの2曲を聴けることも楽しみのひとつでしたね。なお、"The Party's Over (Hopelessly In Love)"は、アメリカ同様に、日本でもシングルカットされ、ラジオでも良く流れていた記憶があります。シングルは米34位を記録。

見開きジャケット内側:Captured / Journey Captured / Journey Captured / Journey

1981年に2枚組レコード盤としてリリースされたこのアルバム、スタジオ盤ではお馴染みの楽曲の数々が、ライヴヴァージョンで聴けるということで、当時はワクワクしてこのアルバムを買った記憶があります。曲間、曲中を問わず、歓声が比較的大きな音で収録されているので、ライヴの雰囲気が存分に楽しめて、個人的にはとても好きなライヴアルバムです。演奏も然ることながら、スタジオアルバムと比べても全く遜色が無いスティーヴ・ペリーのヴォーカルが圧巻。なお、アルバムは米9位を記録。又、1994年には"RIAA"よりダブルプラチナムの認定も受けています。

Captured / Journey  Captured / Journey  レコード盤ピクチャーラベル:Captured / Journey

Captured (Gregg Rolie) / Journey 残念ながら、長期のツアー生活に疲れたキーボードのグレッグ・ローリーが、今後はゆっくりと過ごしたいという理由から、このアルバムを最後にバンドを去ってしまいました。実は、メンバーの中ではグレッグ・ローリーのファンだった私は、後に知らされたこのニュースに一旦は落胆してしまったのですが、後任のジョナサン・ケインはグレッグ・ローリーが推薦した人物だということで、多少はショックも和らぎ、それならば応援するぜと、少年だった当時の私の気分も多少前向きになっていたことを覚えています。グレッグ・ローリーって、当時の自分が想像するミュージシャンのイメージと風貌がぴったりだったんですね。グレッグが弾くオルガンもどことなくプログレッシブで、いぶし銀的なイメージがあって好きでしたし、スティーヴ・ペリー加入後のアルバムでも1〜2曲は収録されていたグレッグのリードヴォーカルが聴ける曲はどれも好きな曲でした。ちなみに、このアルバムでも、"Just The Same Way"、"Feeling That Way"、"Anytime"の3曲でグレッグのヴォーカルが聴けます。

Album & Poster: Captured / Journey Poster: Captured / Journey

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Steve Perry - Lead Vocals
• Neal Schon - Guitar, Vocals
• Gregg Rolie - Keyboards, Vocals
• Ross Valory - Bass, Vocals
• Steve Smith - Drums, Percussion

TRACK LIST (2枚組LPレコード)
[Disc 1]
Side A: 1. Majestic / 2. Where Were You / 3. Just The Same Way / 4. Line Of Fire / 5. Lights / 6. Stay Awhile
Side B: 7. Too Late / 8. Dixie Highway / 9. Feeling That Way / 10. Anytime
[Disc 2]
Side A: 1. Do You Recall / 2. Walks Like A Lady / 3. La Do Da
Side B: 4. Lovin', Touchin', Squeezin' / 5. Wheel In The Sky / 6. Any Way You Want It / 7. The Party's Over (Hopelessly In Love) [Studio Recording]

(記:2012年12月)


    ACCESS ALL AREAS - LIVE IN AUSTRALIA / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA PART 2 (2003)

DVDの帯:アクセス・オール・エリアズ - ライブ・イン・オーストラリア / エレクトリック・ライト・オーケストラ・パート 2

DVD Cover: Access All Areas - Live in Australia / Electric Light Orchestra Part 2   Liner Notes: Access All Areas - Live in Australia / Electric Light Orchestra Part 2

これは1995年にオーストラリアのシドニーで行われた"E.L.O. Part 2"のライヴが収録されたDVDです。ただ、ライヴとはいっても収録されているのは全9曲(最後の1曲はミュージックビデオ)と少なく、どちらかといえばシドニーでのライヴ映像を中心にしたドキュメンタリーといった内容。それでも、ライヴ映像が少ない点を除けば、内容自体は決して悪くはないと思います。そもそも"E.L.O. Part 2"の映像自体が貴重でもありますしね。

曲間にはメンバーへのインタビューやリハーサル風景が挟まれおり、オリジナルメンバーのベヴによって語られる"The Move"から"E.L.O."の時代、そして"E.L.O. Part 2"が始動するに至るまでの経緯もファンにとっては興味深いところです。

元々は1997年にVHSビデオでリリースされたものが、2003年にDVD化されて再発されたこの「Access All Areas - Live in Australia」、私自身はVHSビデオのことは知らず、DVDの存在もリリースされてから随分と後に知ったのですが、まさか日本語の字幕付きで、こうして国内盤がリリースされていたことにはちょっと驚きましたね。ただ、残念ながら現在は廃盤扱いになっているようです。

▼ こちらはDVDの中に封入されていた告知広告の一部。

AD: Access All Areas - Live in Australia / Electric Light Orchestra Part 2

ELO PART 2 - BAND MEMBERS
• Bev Bevan - Drums
• Mik Kaminski - Violin
• Louis Clark - Keyboards
• Kelly Groucutt - Bass, Vocals
• Eric Troyer - Keyboards, Vocals
• Phil Bates - Guitar, Vocals

• (Guest) Australian Rock Orchestra

DVD: Access All Areas - Live in Australia / Electric Light Orchestra Part 2 TRACK LIST
1. Standing in the Rain / 2. Showdown / 3. Eldorado Overture / 4. Turn to Stone / 5. Do Ya / 6. Don't Wanna / 7. Ain't Necessarily So / 8. Don't Bring Me Down / 9. All Fall Down [Music Video]

• Recorded at: The Entertainment Centre, Sydney Australia, 18-19/3/1995

• Running time: 54 minutes

▼ Electric Light Orchestra Part 2 - All Fall Down (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=YVFLEkocfpI

(記:2012年12月 / 更新:2017年7月)


    FREE SOUL - DRIVE WITH JIGSAW / JIGSAW (2006)

CDの帯:フリー・ソウル - ドライヴ・ウィズ・ジグソー

Album Cover: Free Soul - Drive with Jigsaw
こちらは日本独自のコンピレーションアルバム「Free Soul / フリー・ソウル」シリーズの1枚です。私自身、この手の企画盤を買ったりすることは殆んど無いのですが、実のところ、自分がジグソーのアルバムを買おうとした時にはベスト盤といえばコレしか無かったんですよね。ちなみにアルバムはデジパック仕様です。

でも、結果的にはこれが良かったのでした。というのも、選曲が実に良いんですよね。実は選曲が良いというのは、その後にもジグソーの2枚のベストアルバムを買って感じたことなのですが、結果としては、先にこのアルバムで"Sky High"だけじゃないジグソーの魅力を知れて良かったと思います。通常のコンピレーションアルバムといえば、概ねシングル曲を中心に選曲されているのですが、このアルバムは、あえてシングル曲には拘らず、良い曲をという趣旨で選曲がされているように感じられます。実際、収録曲はシングルにならなかった曲の方が圧倒的に多くて、本国のイギリスでシングルとしてリリースされた曲は"Sky High"と"Everytime"の2曲だけです。しかも、"Everytime"は"Alternative Version"が収録されているので、音源としては実質1曲です(笑)。

音楽のジャンルとしてはロックとポップスの中間辺りに位置するような比較的親しみやすいサウンドですが、ホーンやストリングスなどのオーケストレーションが取り入れられた曲が多く、曲によってはソウル的要素が取り入れられていたりと、音楽的には割りと幅広い要素が感じられます。ただ、普通に親しみやすいメロディー展開の曲だと思って聴いていても、小節の終わりではメジャーからマイナーへと転調する曲があったりと、初期のサイケデリックなサウンドの名残なのか、メロディー展開に若干癖がある印象もあります。そういった意味で、当初は「惜しいな」と感じる曲も多々ありましたが、今ではその多少ヒネクレたようなメロディー展開が逆に魅力のようにも思えます。

それでも、代表曲といえば、やはり"Sky High"ということになると思うのですが、実はこのアルバムには、その"Sky High"の原形となるプロトタイプの曲なのではないかと思えるくらいにそっくりな曲、"Mention My Name"が収録されています。元々は映画"The Man from Hong Kong"のテーマ曲として書かれた"Sky High"ですが、元マネージャーでプロデューサーのチャス・ピートによれば、曲を書いてレコーディングを済ませるまでの時間的猶予が一週間しかなかったということから、恐らくはこの"Mention My Name"をベースにして"Sky High"は生まれたのではないかと思います。ということで、そっくりなイントロだけにとどまらず、ホーンやストリングスの使い方、それにワクワクするような曲の展開も"Sky High"と通じるものがあるのですが、それはそれとしてプロトタイプの"Mention My Name"もまた"Sky High"同様に魅力的な曲でもあります。

そして、実はジグソーの曲の中で"Sky High"に負けず劣らずカヴァーされているのが、4thアルバム"I've Seen The Film, I've Read The Book"に収録の"Who Do You Think You Are"で、この曲もまた"Sky High"と並んでジグソーを代表する1曲。私自身、どのカヴァー曲も聴いたことは無いのですが、'74年にイギリスの「キャンドルウィック・グリーン」がカヴァーした曲が(英21位)、同じく'74年にアメリカの「ボ・ドナルドソン・アンド・ザ・ヘイウッズ」のカヴァーが(米15位)と、共にそこそこのヒットを記録しています。そして、'93年にはイギリスのトリオグループ「セイント・エティエンヌ」もこの曲のカヴァーを披露しています。

なお、"Everytime"は、"Here We Go Again"や"Spellbound"に通じるモダンで洒落た雰囲気の"Alternative Version"の方が収録されています。

ちなみに、私が"iTunes"に取り込んで良く聴いているのは、ここに収録されている内の15曲で、曲順も以下のように多少変更しています。

1. Sky High / 2. Who Do You Think You Are / 3. Tell Me Why / 4. Have Do You Heard The News / 5. The Beginning Of The End / 6. What My Name / 7. Spellbound / 8. Everytime (Alternative Version) / 9. Listen To The Joker / 10. Count Me In / 11. Here We Go Again / 12. Mention My Name / 13. High And Dry / 14. Home Before Midnight / 15. One Step Too Far

▼ Jigsaw - Sky High
https://www.youtube.com/watch?v=ZxuwEmtekeI

▼ Jigsaw - Who Do You Think You Are
https://www.youtube.com/watch?v=RjriWGxk7Ps

▼ Jigsaw - Tell Me Why
https://www.youtube.com/watch?v=gZfY2dJHfU4

▼ Jigsaw - Spellbound
https://www.youtube.com/watch?v=WtMLLLey_T4

▼ Jigsaw - Here We Go Again
https://www.youtube.com/watch?v=k9jR0gxX6HA

Album Cover (inside): Free Soul - Drive with Jigsaw TRACK LIST
1. Sky High / 2. Who Do You Think You Are / 3. Tell Me Why / 4. Have You Heard The News / 5. Summertime Wintertime / 6. Look My Way / 7. Face The Music / 8. The Beginning Of The End / 9. See Me Flying / 10. What's My Name / 11. That's What It's All About / 12. Everytime (Alternative Version) / 13. Here We Go Again / 14. I Thank You / 15. Count Me In / 16. Spellbound / 17. One Way Street / 18. Mention My Name / 19. Listen To The Joker / 20. Call Collect / 21. High And Dry / 22. Home Before Midnight / 23. Say Hello To Mrs. Jones / 24. One Stop Too Far

1. スカイ・ハイ / 2. フー・ドゥ・ユー・シンク・ユー・アー / 3. テル・ミー・ホワイ / 4. ハヴ・ユー・ハード・ザ・ニュース / 5. サマータイム・ウィンタータイム / 6. ルック・マイ・ウェイ / 7. フェイス・ザ・ミュージック / 8. ザ・ビギニング・オブ・ジ・エンド / 9. シー・ミー・フライング / 10. ホワッツ・マイ・ネイム / 11. ザッツ・ホワット・イッツ・オール・アバウト / 12. エヴリタイム / 13. ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン / 14. アイ・サンク・ユー / 15. カウント・ミー・イン / 16. スペルバウンド / 17. ワン・ウェイ・ストリート / 18. メンション・マイ・ネイム / 19. リッスン・トゥ・ザ・ジョーカー / 20. コール・コレクト / 21. ハイ・アンド・ドライ / 22. ホーム・ビフォア・ミッドナイト / 23. セイ・ハロー・トゥ・ミセス・ジョーンズ / 24. ワン・ステップ・トゥー・ファー

NOTES
• Released in Japan Only / デジパック仕様 / 解説・歌詞付(対訳無し)

(記:2013年1月 / 更新:2016年7月)


    SKY HIGH - JIGSAW GREATEST HITS [THE GOLD] & [THE SILVER] / JIGSAW (2011)

CDの帯(初回プレス盤):スカイ・ハイ - ジグソー・グレイテスト・ヒッツ「THE GOLD」 / ジグソー

Album Cover: Sky High - Jigsaw Greatest Hits (The Gold) / Jigsaw  CD: Sky High - Jigsaw Greatest Hits (The Gold) / Jigsaw  初回プレス特典:復刻縮小版「スカイ・ハイ」シングルレコード盤オリジナル・ジャケット(ミル・マスカラス・ヴァージョン)

Sky High - Jigsaw Greatest Hits 「スカイ・ハイ - ジグソー・グレイテスト・ヒッツ」 [The Gold]

コンピレーションアルバムの「Free Soul - Drive With Jigsaw」を聴いて以降、もっと他にもジグソーの楽曲を聴いてみたいとの思いに駆られて購入したのが、この2枚のグレイテスト・ヒッツ「THE GOLD」と「THE SILVER」です。

先に購入した「Free Soul - Drive With Jigsaw」は魅力的な楽曲が多数収録されていたにも関わらず、以外にも本国のイギリスでシングルとしてリリースされた曲は"Sky High"と"Everytime"の2曲しか含まれていなかったのですが(ただし"Everytime"は"Alternative Version"が収録されている)、この「THE GOLD」と「THE SILVER」に含まれるイギリスでのシングル曲はその「Free Soul - Drive With Jigsaw」に比べると若干多くなっています。ただ、そのシングル曲も、リミックス等を除けば2枚で9曲ですから、こちらも収録曲に於けるシングル曲の比率はそう多くはありません。

実は、この2枚のグレイテスト・ヒッツ「THE GOLD」と「THE SILVER」は日本だけの企画盤で、そういうこともあってか、どちらにも初回プレス盤には特典として日本でリリースされた「スカイ・ハイ」のシングルレコード盤のオリジナル・ジャケット(復刻縮小版)が封入されています。しかも表側だけではなく、裏側も再現されているので、解説文を読んで当時の雰囲気を楽しむことができます。ちなみに「THE GOLD」に封入されているのは「ミル・マスカラス・ヴァージョン」。

そして、この「THE GOLD」には、アルバムの1曲目に"Sky High (Single Version)"、そしてラストには"Sky High (Main Title)"と、2曲の"Sky High"が収録されており、1曲目の"Sky High (Single Version)"は大ヒットを記録した有名なヴァージョンで、ラストの"Sky High (Main Title)"が映画のオープニングで使用されたヴァージョンとなっています。

実のところ、映画ヴァージョンの"Sky High"は、このアルバムを買って初めて知ったのですが、馴染みのあるシングルヴァージョンに比べて、曲の時間が1分近く長く、より抑揚があるこちらのヴァージョンもまたシングルヴァージョンとは違った魅力があり、甲乙付けがたしといった印象です。正直なところ、実際に聴くまでは、ここまで曲の構成が違うとは想像していなかったので、初めて聴いたときはとても新鮮に感じたことを覚えています。

ちなみに、この"Sky High"は、映画「The Man from Hong Kong」のために書かれた曲で、日本では曲のヒットにあやかってか、映画のタイトルもテーマ曲と同じ「スカイ・ハイ」の邦題が付けられて劇場公開されました。

日本ではアメリカとイギリスでヒット(米3位、英9位)した同じ年の1975年にヒットし、翌年の1976年にも映画の公開と共に再びヒットするなど、人気を博した曲でもあるのですが、それでも、日本でこの曲が本当にヒットしたのは日本で映画が公開された翌年の1977年のことでした。

'77年といえば、プロレスがまだゴールデンタイムでTV放映されていた時代で、当時、一世を風靡するほどの人気を誇っていた空中殺法を得意とする覆面レスラー、ミル・マスカラスが入場する時のテーマソングとして使われたことがきっかけで、日頃は洋楽を聴かない人達(特に子供達)をも巻き込んで、かつて以上の大ヒットを記録。そして、この時は映画の中に登場するハングライダーをあしらったジャケットのシングル盤も、人気レスラーのミル・マスカラスの写真に変えられるほどでした。ちなみにこの年に日本で最も売れたシングル盤は石川さゆりの「津軽海峡冬景色」で、次に売れたのがこの"Sky High"だったそうです。

曲のタイトルと躍動感溢れるメロディーが相まって、何となく大空を羽ばたくようなイメージのある"Sky High"ですが、本当はこの曲、空高く吹き飛ばされて舞い落ちてしまったという失恋ソングなんですよね。しかも嘘までつかれて (笑)。それでも、歌詞以上にメロディーから受けるイメージが強烈なんで、歌詞の意味はさほど関係ないような気もします。


CDの帯(初回プレス盤):スカイ・ハイ - ジグソー・グレイテスト・ヒッツ「THE SILVER」 / ジグソー

Album Cover: Sky High - Jigsaw Greatest Hits (The Silver) / Jigsaw  CD: Sky High - Jigsaw Greatest Hits (The Silver) / Jigsaw  初回プレス特典:復刻縮小版「スカイ・ハイ」シングルレコード盤オリジナル・ジャケット(シネマ・ヴァージョン)

Sky High - Jigsaw Greatest Hits 「スカイ・ハイ - ジグソー・グレイテスト・ヒッツ」 [THE SILVER]

そして、一足先にリリースされた「THE GOLD」と対になるのが、こちらの「THE SILVER」で、「THE GOLD」とは曲のダブリが無い構成になっています。

なお、「THE GOLD」同様に、こちらにもまた初回プレス盤には特典として、日本でリリースされた「スカイ・ハイ」のシングルレコード盤のオリジナル・ジャケット(復刻縮小版)が付いており、こちらの「THE SILVER」には「ミル・マスカラス・ヴァージョン」に差し替えられる以前にリリースされていた「シネマ・ヴァージョン」が封入されています。

また、「THE GOLD」同様に、こちらの「THE SILVER」にも複数の"Sky High"が収録されており、この「THE SILVER」には、なんと5曲ものリミックスヴァージョンが収録されています。

ただ、選曲については「THE GOLD」と合わせても、先に買った「Free Soul - Drive With Jigsaw」の方が良かったような気がします。個人的には「Free Soul - Drive With Jigsaw」には収録されていなかった"Lets Not Say Goodbye"が収録されていないかと期待していたのですが、2枚に分けてこれだけの曲数が収録されているにも関わらず、収録されてないのが何とも残念。

しかも、シングルリリースされた"Everytime"や、過去にリリースされたベスト盤にも収録されることが多かった"Here We Go Again"、"Mention My Name"、"Spellbound"、"High And Dry"といった曲も収録曲から外れており、この点もやや残念に思うところでもあります。ただ、そうは言っても、個人的には、これらの楽曲は先に購入した「Free Soul - Drive With Jigsaw」に収録されていたので、その分、他に良い曲があれば、収録されていなくても別にかまわなかったのですが、残念ながら、それらを補うような魅力的な楽曲がさほど見つからず・・・。というか、正直言うと、つまんないと思う曲が割りと多く有りました(笑)。

一応、ブックレットには全曲の歌詞は記載されているものの、日本語訳は付いていません。それと、背ラベルが両側とも日本語表記というのは、何だかなぁといった印象。まぁ、それでも、付属のライナーノーツはページ数と共に、内容もけっこう充実しており、これまで知らなかった"Sky High"の誕生秘話なども知れて良かったと思います。

なお、日本だけの企画盤ということもあってか、日本で独自にシングルカットされた"My Summer Song"(夏の歌をいつまでも)、"Who Do You Think You Are?"(恋のあやまち)、"Only Because You're There"(何故君はそこに)が「THE GOLD」に、そして"Paint The Smile On"(恋のクラウン)が「THE SILVER」にそれぞれ収録されています。

それにしても、"Paint The Smile On"の曲構成が、あまりにも"Who Do You Think You Are?"にそっくりなのには笑えました。

▼ Jigsaw - Sky High
https://www.youtube.com/watch?v=9LSwsCNk8g0

▼ Jigsaw - Sky High (Main Title)
https://www.youtube.com/watch?v=rvcqGsQZqMs

▼ Jigsaw - Sky High (PWL Extended Version)
https://www.youtube.com/watch?v=czbIXFvRFZo

▼ Jigsaw - Who Do You Think You Are (PWL Remix)
https://www.youtube.com/watch?v=DY-kdGg_WOM

TRACK LIST

THE GOLD: 1. Sky High (Single Version) / 2. Who Do You Think You Are? / 3. Brand New Love Affair / 4. My Summer Song / 5. That's What It's All About / 6. It's A Sort Of Magic / 7. I've Seen The Film I've Read The Book / 8. You're Not The Only Girl / 9. Only Because You're There / 10. Tell Me Why / 11. Lost & Found / 12. Summertime Wintertime / 13. Lonely Lonely Love / 14. The Beginning OF The End / 15. Baby's Lost Time / 16. Listen To The Joker / 17. One Step Too Far / 18. You're My Magic / 19. Mystic Harmony / 20. Look MY Way / 21. Have You Heard The News? / 22. Keeping My Head Above Water / 23. Sky High (Main Title)

THE GOLD: 1. スカイ・ハイ(シングル・ヴァージョン) / 2. 恋のあやまち / 3. ブランド・ニュー・ラヴ・アフェアー / 4. 夏の歌をいつまでも / 5. 愛を信じて / 6. 人生は魔法のよう / 7. 哀しみのシネマ / 8. 浮気なあの娘 / 9. 何故君はそこに / 10. 悲しみの噂 / 11. 愛の贈り物 / 12. サマータイム、ウインタータイム / 13. ロンリー・ロンリー・ラヴ / 14. 別れの足音 / 15. ベイビーズ・ロスト・タイム / 16. リッスン・トゥー・ザ・ジョーカー / 17. はるかなる想い / 18. 貴方はマジック / 19. ミスティック・ハーモニー / 20. ルック・マイ・ウェイ / 21. ニュースを聞いたかい / 22. キーピング・マイ・ヘッド・アバヴ・ウォーター / 23. スカイ・ハイ(ミル・マスカラスのテーマ)

THE SILVER: 1. Sky High (PWL Single Version) / 2. Who Do You Think You Are (PWL Remix) / 3. Love Fire / 4. If I Have To Go Away / 5. Paint The Smile On / 6. Baby Don't Do It / 7. Broken Down Love Affair / 8. Call Collect / 9. Home Before Midnight / 10. Journey Into Space / 11. The Way We Dance / 12. So Sorry And Sad / 13. Only When I'm Lonely / 14. Thankful For You / 15. While You Wait / 16. Face The Music / 17. You Bring Out The Best In Me / 18. Sky High (Almighty Mix 2) / 19. Sky High (Pete Hammond Mix) / 20. Sky High (Clive Scott Mix) / 21. Sky High (PWL Extended Version)

THE SILVER: 1. スカイ・ハイ(PWL シングル・ヴァージョン) / 2. 恋のあやまち(PWL リミックス) / 3. ラヴ・ファイアー / 4. 君にさようなら / 5. 恋のクラウン / 6. 涙の願い / 7. 悲しみのラヴ・アフェアー / 8. コール・コレクト / 9. 真夜中の恋 / 10. ジャーニー・イン・トゥ・スペース / 11. 恋の手ほどき / 12. 涙のロマン / 13. 寂しい時には / 14. サンクフル・フォー・ユー / 15. 待ちわびて / 16. フェイス・ザ・ミュージック / 17. ベスト・イン・ミー / 18. スカイ・ハイ(オールマイティ・ミックス 2) / 19. スカイ・ハイ(テクノ・ミックス) / 20. スカイ・ハイ(メガ・ミックス) / 21. スカイ・ハイ(PWL ロング・ヴァージョン)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• Released in Japan Only / 解説・歌詞付 / 対訳無し

(記:2013年1月 / 更新:2016年7月)


    QUEEN ON FIRE - LIVE AT THE BOWL / QUEEN (2004)

Album Cover: Queen On Fire - Live At The Bowl / Queen

Queen On Fire - Live At The Bowl - Disc-1 / Queen

Queen On Fire - Live At The Bowl - Disc-2 / Queen

Booklet: Queen On Fire - Live At The Bowl / Queen

この"Queen On Fire - Live At The Bowl"は、1982年6月5日にイギリスのミルトン・キーンズにあるザ・ナショナル・ボウルにて行われた「ザ・ホット・スペース・ツアー」の最終日を飾るライヴを収録した2枚組ライヴアルバムです。

私は、日本でも国内盤がリリースされれば、大抵はそちらを購入するのですが、ところが事もあろうに、日本盤は"CCCD"(コピーコントロールCD)でリリースされたんですよね。ちなみに"CCCD"とはデジタルコピーを抑止する目的で導入された"CD"で、コピー防止のため、パソコンへは楽曲データをファイルとして取り込むことができない仕様になっているというもの。しかもパソコンでは"CD"に含まれた専用のプレーヤーでしか再生できないため、"CD"再生時には専用のソフトがパソコンへ自動的にインストールされます。

ということで、暫くは購入を我慢して通常盤として再発売されることを待っていたのですが、いくら経っても一向に再発売されなかったので、結局は通常の"CD"としてリリースされている輸入盤(US盤)の方を何年も後に購入したのでした。

クイーンのライヴアルバムといえば、他にも"Live Killers" (1979)、"Live Magic" (1986)、"Live at Wembley '86" (1992)、"Queen Rock Montreal" (2007)、"Hungarian Rhapsody: Queen Live in Budapest '86" (2012)、といったものがリリースされているのですが、この"Queen On Fire - live At The Bowl"は「ザ・ホット・スペース・ツアー」が収録されたライヴアルバムということもあり、それらのライヴアルバムとは一味違った、このライヴならではの魅力があります。

それはこのツアーでしか演奏されることがなかった楽曲がセットリストに含まれているため、他のライヴアルバムでは聴くことができないいくつかの楽曲が聴けるということです。しかもフレディも喉の調子が良いようで、声が高域まで良く出ているというのもファンには嬉しいところ。

特に、"Hot Space"からの3曲("Action This Day"、"Staying Power"、"Back Chat")は、スタジオヴァージョンと比べてスピーディーで、ライヴならではのグルーヴ感があり、私自身、「えっ、こんなにカッコ良かったっけ?」と、これらの楽曲の魅力を再認識させられました。というかライヴヴァージョンの方が好きかも。

又、会場に流れる"Flash"に続いて、"The Hero"でメンバーが登場し、演奏が始まるオープニングも、このライヴならではの構成でカッコ良いんですよね、これが。ただ、「Disc 2」について言えば、"Fat Bottomed Girls"以外は他のライヴ盤で散々聴いた楽曲ばかりで多少食傷気味なところもあります。

全英チャートでは20位 (Gold)を記録。又、同時にリリースされた"DVD"の方は1位 (3x Platinum)を記録。ちなみに、発売枚数も"DVD"の方が"CD"を上回っています。たしかUK盤も当初は"CCCD"でリリースされたようでしたから、もしかしたらそれが影響しているかもしれないですね。なお、付属のブックレット(14ページ)にはライヴの写真が多数掲載されています。

▼ Queen - Staying Power (Live at Milton Keynes Bowl, 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=XrGhMeqR1lI

▼ Queen - Fat Bottomed Girls (Live at Milton Keynes Bowl, 1982)
https://www.youtube.com/watch?v=HfMk6kvUSYE

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. Flash / 2. The Hero / 3. We Will Rock You (Fast) / 4. Action This Day / 5. Play The Game / 6. Staying Power / 7. Somebody To Love / 8. Now I'm Here / 9. Dragon Attack / 10. Now I'm Here (Reprise) / 11. Love Of My Life / 12. Save Me / 13. Back Chat

[Disc 2]: 1. Get Down Make Love / 2. Guitar Solo / 3. Under Pressure / 4. Fat Bottomed Girls / 5. Crazy Little Thing Called Love / 6. Bohemian Rhapsody / 7. Tie Your Mother Down / 8. Another One Bites The Dust 9. Sheer Heart Attack / 10. We Will Rock You / 11. We Are The Champions / 12. God Save The Queen

(記:2013年1月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 14 Navigation Part 15   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.