Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 13
01. ONE LIVE KISS / PAUL STANLEY (2008)
02. SOMEDAY / SUSANNA HOFFS (2012)
03. ANTHOLOGIA / ASIA (2002)
04. BOSTON / BOSTON (1976)
05. KAORI KOBAYASHI LIVE - LIVE AT STB139, 2006.6.28 /
KAORI KOBAYASHI (2006)
06. DESTROYER - RESURRECTED / KISS (2012)
07. AT THE BBC / QUEEN (1995)
08. SOME SUMMER DAYS / SUSANNA HOFFS (2012)
09. XANADU / MOVIE BOOKLET 「映画パンフレット」 (1981)
10. VIDEO GOLD I & II / OLIVIA NEWTON-JOHN (2005)
    ONE LIVE KISS / PAUL STANLEY (2008)

DVD Cover: One Live KISS / Paul Stanley   Booklet (back): One Live KISS / Paul Stanley   Booklet: One Live KISS / Paul Stanley

こちらは「One Live KISS」とのタイトルが付けられたポール・スタンレー(KISS)のソロライヴを収録したDVDですが、残念ながら日本盤は発売されず。それでも、アメリカで販売されているものはリージョンコードが「0 (ALL)」なので、日本国内のプレーヤーでも問題なく再生できます。ただし、パソコンでの再生は制限されているようで、自分の環境ではパソコンだと再生できませんでした。

購入したきっかけはズバリ収録曲を見てのことだったのですが、ファンならばこのセットリストを見ただけで涎が出て当然ですよね。なんたって思い入れも深い個人的名盤のひとつであるポールのファーストソロアルバムに収録されていた"Tonight You Belong to Me"、"Move On"、"Wouldn't You Like to Know Me?"、"Good Bye"といった楽曲がライヴで見れて聴けるのですから。

更には"A Million to One"、"Magic Touch"と個人的に好きな楽曲でありながらも、これまでキッスのライヴでは演奏されることがなかった(多分)楽曲も含まれており、ほんとたまりません。 欲を言えばファーストソロアルバムからの選曲を増やしてもらって、できることなら大好きな"Ttake Me Away"も聴いてみたかったところですが、個人的な欲を言い出したらキリが無いですし、これだけでも十分に満足。

収録されているのは2006年11月6日にシカゴのハウス・オブ・ブルースで行われたライヴです。それにしても音がクリアーで音質がとても良いですね。ライヴ自体もポール+ギタリスト二人にキーボードプレイヤーということで、サウンドにも厚みがあり聴き応えがあります。

▼ Paul Stanley - Tonight You Belong To Me (One Live Kiss)
https://www.youtube.com/watch?v=UFUMoJhDjUg

▼ Paul Stanley - A Million To One (One Live Kiss)
https://www.youtube.com/watch?v=rgZY-LQ4y_A

▼ Paul Stanley - Magic Touch (One Live Kiss)
https://www.youtube.com/watch?v=7w9PMGTQm1U

DVD: One Live KISS / Paul Stanley

TRACK LIST
1. Prologue / 2. Live To Win / 3. Hide Your Heart / 4. A Million To One / 5. Got To Choose / 6. Move On / 7. Bulletproof / 8. Tonight You Belong To Me / 9. Lick It Up / 10. Wouldn't You Like To Know Me? / 11. Magic Touch / 12. I Still Love You / 13. Strutter / 14. Everytime I See You Around / 15. Do You Love Me / 16. I Want You / 17. Love Gun / 18. Lift / 19. Detroit Rock City / 20. Good Bye / 21. End Credits Montage - Where Angels Dare/Live To Win

NOTES
• Label: New Door Records
• Filmed at House of Blues Chicago on November 6, 2006
• Running Time: Approx 109 Mins
• Region Code: 0 (All)
• Audio Formats: 5.1 Surround Sound, Stereo

(記:2012年5月 / 更新:2017年7月)


    SOMEDAY / SUSANNA HOFFS (2012)

CDの帯:サムデイ / スザンナ・ホフス

Album Cover: Someday / Susanna Hoffs
バングルスのメインヴォーカリストであるスザンナ・ホフスのソロアルバムがリリースされたことを突然知ってちょっと驚いたものの、残念ながら国内盤はリリースされないようなので、早速輸入盤を購入。

それでも、私が購入したものは"EMI Music Japan"でもリリース告知がされていることからも分かるように、通常の並行輸入とは多少違い"EMI Music Japan"が間に絡んで販売されている輸入盤のようで、輸入盤にもかかわらず日本語の帯が付いています。ただ帯といっても保護用のビニールカヴァーに貼ってあるシールなんですけどね。とは言っても実際はそんなことなど何も知らずに買ったものだから、届いたときには日本語の帯を見てちょっとビックリもしました。ちなみにアルバムは紙ジャケット仕様です。

実際のところ、ちょっと失礼な言い方かもしれませんが、スザンナ・ホフスの声を聴けさえすればもうそれだけで十分幸せなので、アルバムにはそれほど大きな期待をすることも無く購入したのですが、今ではへヴィーローテーションで聴いているくらいに気に入っています。これぞシングル向けといった突出して目立つ曲が無い分、アルバム全体を通して聴ける印象。正直言うと、最初聴いたときはそれほど印象に残らなかったのですが、全体を通して感じられるリラックスした雰囲気がとても心地良く、何回か聴いているうちにハマってきたといった感じですね。

全10曲とLPレコード時代と同程度のヴォリュームですが、そこがまた良いんですよね。つまらない曲やリミックスや何やかんやと無駄に曲数を増やされるよりも、アルバムの雰囲気がより伝わってくる印象。スザンナ自身は大好きな'60年代のサウンドを意識してこのアルバムを創り上げたそうですが、もしかしたら全10曲という仕様も'60年代のレコード盤を意識した意図的な仕様なのかもしれないですね。アルバムでは木管楽器や金管楽器も使用されているのですが、オーケストレーションもどことなく一時期のビートルズを彷彿させるような雰囲気。なお今回は共作ながらも全曲にソングライターとしてスザンナの名前がクレジットされています。

それと、この"Someday"には昨年にリリースされたバングルスのアルバム"Sweetheart of the Sun"に収録されても全く違和感の無いような楽曲が数多く含まれている印象があるのですが、例えば4曲目の"One Day"では"Sweetheart of the Sun"の1曲目に収録されている"Anna Lee (Sweetheart of the Sun)"でもみられた印象的な'60年代風ハーモニーが聴けます。又、5曲目の"Holding My Breath"はバングルスの代表曲である"Eternal Flame"や、ソロ名義でリリースされたシンディー・ローパーのカヴァー曲"Unconditional Love"を思い出させるようなメロディーが顔を出すのが印象的。確信犯かな?

CD: Someday / Susanna Hoffs Someday / Susanna Hoffs Someday / Susanna Hoffs

Album Jacket + Obi: Someday / Susanna Hoffs とにかく刺激的でない分、繰り返し全体を通して聴けるアルバムといった印象。アルバムにブックレットや歌詞カードが含まれていないのはちょっと残念ですが、こうしてアルバムを届けてくれたことに感謝。

TRACK LIST
1. November Sun / 2. Always Enough / 3. Picture Me / 4. One Day / 5. Holding My Breath / 6. All I Need / 7. Raining / 8. Regret / 9. This Is The Place / 10. True

(記:2012年8月)


    ANTHOLOGIA / ASIA (2002)

CDの帯:アンソロジア〜20th アニヴァーサリー・コレクション / エイジア

Album Cover (front): Anthologia / Asia
個人的にはジョン・ウェットンがグループを去ってからはエイジアに対する興味を失くしてしまったのですが、この"Anthologia"は20周年アニヴァーサリーとして2002年にリリースされたもので、ジョン・ウェットン在籍時の初期3枚からセレクト・・・ではなく、何と3枚のアルバム全曲と、この当時のシングルB面に収められていたアルバム未収録曲全てに、'90年の企画盤"Then & Now"に収録されていた新曲及び未発表曲が4曲といった具合に、ウェットン時代を完全網羅した、正にウェットンが居てこそエイジアと言わんばかりの企画盤。

とは言っても、実際には"Anthologia"に付けられたサブタイトルの"The 20Th Anniversary / Geffen Years Collection (1982-1990)"を見ても分かるとおり、ゲフィンからリリースされるアルバムということで、ゲフィン時代にリリースされた初期のアルバムに絞った形で企画されたんでしょうね。それでも、このような形でリリースされるということに関しては、私のようにこの時代のエイジアが好きというファンには嬉しいアルバムですね。それにリマスターで音質の向上も図られているので、2枚組みでこの内容は割とお買い得。

Album Cover (back): Anthologia / Asia ただひとつ残念なのはDisc1-9曲目"Here Comes The Feeling"の3分10秒〜12秒辺りで音が乱れるということ。オリジナルにはこういった音の乱れは無かったし、他にも同様の部分を指摘されている方もいらっしゃることから、自分が購入したものだけの問題ということではなさそうで、恐らくはリマスタリング時のトラブルと思われるのですが、こういった部分はきちんとリリース前に確認して欲しいところですね。

で、通して聴いてみると、やはり"Alpha"と"Astra"は過小評価されていると感じるのですが、個人的には何故この2枚がファーストアルバムと比較して売れなかったのか今でも不思議に思います。21世紀となった今、そのウェットンを含むオリジナルメンバーによる復活を果たし、活動を続けているエイジアですが、当時に比べるとサウンドは幾分シンプルになった印象。個人的には'80年代のスケール感溢れるサウンドが好きなのですが、それでもこうして活動を続けているその姿にはエールを送りたいですね。

ちなみにファーストアルバムのタイトルは"Asia"、そしてセカンドアルバムが"Alpha"、更にはサードアルバムも"Astra"といった具合に、この時代のエイジアといえば、アルバムタイトルが「A」で始まり「A」で終わるというのがファンの間では知られるところでしたが、そんな3枚を収録したこの20周年記念アルバムのタイトルもその伝統を引き継ぐように"Anthologia"のタイトルが付けられてるのはファンには嬉しいところですね。ただ現在では残念ながらこの"Anthologia"は廃盤になっているようで、取って代わる形でそっけないジャケットの同内容のアルバム"Asia Gold"がリリースされています。ちなみに"Asia Gold"ではDisc1-9曲目の音の乱れも改善されているようです。

Booklet: Anthologia / Asia

なお、各アルバムのチャート成績は以下のとおり。

● ASIA [1982] - 米(1位 / 4 Platinum)、英(11位 / Gold)、日(15位)
シングル - Heat of the Moment : 米(4位)、英(46位) / Only Time Will Tell:米(17位)、英(54位)
● ALPHA [1983] - 米(6位 / Platinum)、英(5位 / Silver)、日(4位)
シングル - Don't Cry:米(10位)、英(33位) / The Smile Has Left Your Eyes:米(34位)、英(81位)
● ASTRA [1985] - 米(67位)、英(68位)、日(15位)
シングル - Go:米(46位)
● THEN & NOW [1990] - 米(114位 / Gold)、日(24位) • 英国ではチャートインせず
シングル - Days Like These:米(64位)

どちらかと言えば本国のイギリスよりもアメリカでの人気が高かったグループと言えると思うのですが、チャート成績を見ても分かるように、日本での人気も高く、ジョン・ウェットン脱退後の1994年にリリースされたアルバム"Aqua"はなんと1位を記録しています。

Anthologia / Asia  Anthologia / Asia

TRACK LIST

[Disc 1]: 1. Heat Of The Moment / 2. Only Time Will Tell / 3. Sole Survivor / 4. One Step Closer / 5. Time Again / 6. Wildest Dreams / 7. Without You / 8. Cutting It Fine / 9. Here Comes The Feeling / 10. Ride Easy / 11. Don't Cry / 12. The Smile Has Left Your Eyes / 13. Never In A Million Years / 14. My Own Time (I'll Do What I Want) / 15. The Heat Goes On / 16. Eye To Eye / 17. The Last To Know / 18. True Colors

• (1-9: 1stアルバム 「Asia (詠時感〜時へのロマン)」より / 10: シングル 「Heat Of The Moment」 B面 / 11-18: 2ndアルバム 「Alpha」より)

[Disc 2]: 1. Midnight Sun / 2. Open Your Eyes / 3. Daylight / 4. Lyin' To Yourself / 5. Go / 6. Voice Of America / 7. Hard On Me / 8. Wishing / 9. Rock And Roll Dream / 10. Countdown To Zero / 11. Love Now Till Eternity / 12. Too Late / 13. Suspicion / 14. After The War / 15. Am I In Love? / 16. Summer (Can't Last Too Long) / 17. Prayin' 4 A Miracle / 18. Days Like These

• (1, 2: 2ndアルバム 「Alpha」より / 3: 「Alpha」のカセット版に収録 / 4: シングル 「The Smile Has Left Your Eyes」 B面 / 5-14: 3rdアルバム 「Astra」より / 15-18: 企画盤 「Then & Now」より

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年8月)


    BOSTON / BOSTON (1976)

Album Cover (front): Boston (1st) / Boston CD Case (back cover): Boston (1st) / Boston Promotional Sticker: Boston (1st) / Boston CD: Boston (1st) / Boston

私が初めて買った"Boston"のアルバムは1978年にリリースされたセカンドアルバムの"Don't Look Back"だったのですが、このファーストアルバムからのシングルカット曲"More Than a Feeling"(邦題は「宇宙の彼方へ」)は日本のラジオでも頻繁にかかっていたことから"Boston"というバンドの存在自体は一応知っていました。ただ、当時は"More Than a Feeling"にそれほど惹かれることはなかったので個人的にはスルーしていたんですよね。ということで、このアルバムを手にしたのは"Don't Look Back"で"Boston"のファンになってから暫く経ってのことでした。

そんな経緯もあり、後追いで購入したこのファーストアルバム(邦題は「幻想飛行」)ですが、正直言うと当時はそれほど好きになれませんでした。というのも"Don't Look Back"でファンになった自分の耳には、このファーストアルバムでのカントリーフレヴァーなサウンドは嫌いとは言わないまでも、多少苦手な印象があったんですよね。ただ、"Smokin'"と"Rock & Roll Band"の2曲はけっこう好きだったので、当時は"Don't Look Back"のアルバム+"Smokin'"と"Rock & Roll Band"といった感じで良く聴いていたことを覚えています。

そういったことから、時代がレコード盤からCDに代わった後も、このファーストアルバムは長いことCDで再購入することもありませんでした。それに当時のお気に入りだった"Smokin'"と"Rock & Roll Band"、そしてその後は個人的に最も好きな曲である"Don't Look Back"、"A Man I'll Never Be"と肩を並べる位に好きになったシングルカット曲の"More Than a Feeling"は1997年にリリースされた"Greatest Hits"にも収録されていましたから尚更このアルバムを購入しようという思いは無かったんですよね。

ということで、このアルバムを購入したのはつい最近のことです。どうせもう日本盤は無いだろうとの勝手な思い込みから、ろくに調べもせず、トム・ショルツ自身がリマスタリングしたこの輸入盤(2006年リリース)を購入したのですが、実は今も日本盤はあったんですね。

で、久しぶりにこのアルバムを聴いたところ、いいじゃないですかコレ(笑)。特に当時スルーしていた後半の3曲"Hitch a Ride "、"Something About You"、"Let Me Take You Home Tonight"を今は良く聴いています。

ちなみに、このボストンのファーストアルバムは、全米3位を記録。又、2003年には"RIAA"より1,700万枚のセールスが正式に認定されており、2012年8月現在、このアルバムはアメリカの歴代セールスでも12位にランクしています。なお、アルバムからは"More Than A Feeling"(米6位)、"Foreplay/Long Time"(米22位)、"Peace Of A Mind"(米38位)の3曲がシングルカットされています。

▼ Boston - More Than a Feeling
https://www.youtube.com/watch?v=J_kokTee01k

▼ Boston - More Than A Feeling - 6/17/1979 - Giants Stadium (Official)
https://www.youtube.com/watch?v=4N7qdcBJzJs

TRACK LIST
1. More Than A Feeling / 2. Peace Of Mind / 3. Foreplay/Long Time / 4. Rock & Roll Band / 5. Smokin' / 6. Hitch A Ride / 7. Something About You / 8. Let Me Take You Home Tonight

(記:2012年8月 / 更新:2016年5月)


    KAORI KOBAYASHI LIVE - LIVE AT STB139, 2006.6.28 / KAORI KOBAYASHI (2006)

DVD Cover (front): Kaori Kobayashi Live / Kaori Kobayashi 「小林香織」
DVD Cover (back): Kaori Kobayashi Live / Kaori Kobayashi 「小林香織」
DVD Cover (inside): Kaori Kobayashi Live / Kaori Kobayashi 「小林香織」

これは2006年6月28日に東京六本木STB139で行われた小林香織さんのライヴを収録したDVD。値段は少々高めながらも、値段に見合うだけのライヴ映像とサウンドを堪能できます。小林香織さんの演奏は勿論のことながら各楽器のアンサンブルがとても良いのでサウンドだけでも十分楽しめるんですよね。

そもそもは下にあるYouTubeの動画をたまたま見たのがこのDVDを購入したきっかけだったわけですが、実のところそれまでは彼女の存在さえ知りませんでした。これはサックス奏者の小林香織さんにとって初の"Live DVD"だそうですが、個人的にはスタジオ録音よりもライヴでの演奏の方がより魅力を発揮する人といった印象。普段はあまりこの手のジャンルの音楽をそれほど聴いているわけではありませんが、それでもそんな自分がこのDVDを買ってからは繰り返し見て聴いているのですから、それだけ自分の心に響いているのだと思います。実際のところ、普段はDVDから抽出したサウンドを聴いて楽しんでいるのですが、ただこのDVDだけは直ぐにセットして見れるようにとラックには入れずに、DVDプレイヤーの上に置いています。

DVD: Kaori Kobayashi Live / Kaori Kobayashi 「小林香織」   Promotional Sticker: Kaori Kobayashi Live / Kaori Kobayashi 「小林香織」

ハイライトはやはり10曲目の"Nothing's Gonna Change My Love For You"になるかと思いますが、それでも1曲目からラストの13曲目まで全体を通して十分に楽しめるライヴサウンドです。私も当初は"Nothing's Gonna Change My Love For You"ばかりを見て聴いていましたが、最近は気分によって全体から満遍なく選んで聴いている感じですね。

▼ Nothing's Gonna Change My Love For You
TK小林香織 Kaori Kobayashi Saxophone-Nothing gonna change my love for you

TRACK LIST
1. Solar 「ソーラー」 / 2. Bird Island 「バード・アイランド」 / 3. Lovely Blossom 「ラヴリー・ブラッサム」 / 4. Smoky 「スモーキー」 / 5. Grace 「グレース」 / 6. Sunset Ocean 「サンセット・オーシャン」 / 7. Kira-Kira 「キラキラ」 / 8. Free 「フリー」 / 9. Moment Of Loneliness 「モーメント・オブ・ロンリネス」 / 10. Nothing's Gonna Change My Love For You 「変わらぬ想い」 / 11. Energy 「エナジー」 / 12. Sunshine 「サンシャイン」 / 13. Solar [Minor Version] 「ソーラー(マイナーバージョン)」

(記:2012年8月 / 更新:2014年3月)


    DESTROYER - RESURRECTED / KISS (2012)

Album Cover: Destroyer - Resurrected / KISS Promotional Sticker: Destroyer - Resurrected / KISS CD Case (front): Destroyer - Resurrected / KISS

Destroyer - Resurrected & Destroyer - Original / KISS 1976年にリリースされた"KISS"5枚目のアルバム"Destroyer"を当時のプロデューサーだった"Bob Ezrin"がオリジナル・マスターテープからあらためてリミックスを行った"Destroyer - Resurrected"がついにリリースされました。ジャケットのアートワークは以前のコスチュームで描かれていた未発表のオリジナルのものが使われています。

それにしてもサウンドが随分とゴージャスになってますね。各楽器のバランスも細かく再調整されている印象で、今まで見過ごしていた効果音や楽器の音を再発見できたりと、当初から随分と凝ったレコーディングがされていたアルバムであったことを再認識させられました。

ただ、ファイナルミックスの段階でカットされていたヴォーカルが復元され再編集されているということで期待していた"Beth"では、「えっ、ヴォーカルってこれ?」と肩透かしを食らったりもしましたが、それでも、これまで殆んど聴こえなかったアコースティックギターの音がより際立っている所為でかなり新鮮に感じます。又、バックのオーケストラも低音部がオリジナルに比べてよりダイナミックになったようで、よりサウンドに深みが増した印象があり、けっこう気に入ってます。実際、"Beth"はこちのヴァージョンを聴いた後にオリジナルのヴァージョンを聴くと、違いは明らかで、オリジナルのサウンドがやけに貧相に聴こえます。

他にも、"God Of Thunder"は子供の声が増幅されて、より不気味さを増していますし、"Sweet Pain"は新たに見つかったギター・ソロが入ったヴァージョンになっているなど、オリジナルとの違いを楽しめます。なお、オリジナルの"Destroyer"に収録されているギター・ソロのヴァージョンの方はボーナストラックとしてリミックスが施された形で収録されています(大きな違いは曲後半のリードギターがカットされてる点)。

Booklet: Destroyer - Resurrected / KISS  Booklet (back): Destroyer - Resurrected / KISS  Booklet: Destroyer - Resurrected / KISS

思った以上に質感と鮮やかさが増した印象のあるこの"Destroyer - Resurrected"ですが、ただ、マスターテープに問題があったのか、"Flaming Youth"のイントロ部分で音が飛んでいるのはいただけないなぁ。それと、間奏とギターソロの部分にヴォーカルが加わり"Double Platinum"でのヴァージョンのようになった"Detroit Rock City"もちょっと残念な気がします。

米アマゾンのカスタマーレヴューには既に200件を超えるコメントが投稿されており、このアルバムに対する関心の高さがうかがえます。しかも熱心なファンが多いのか、ひとつひとつコメントがやけに長い (笑)。皆さん1曲1曲を細かくチェックされているようですが、評価は概ね良好のようですね。

CD Case (inside): Destroyer - Resurrected / KISS CD (front): Destroyer - Resurrected / KISS CD (back): Destroyer - Resurrected / KISS

CD (front): Destroyer - Resurrected / KISS CDはジュエルケースタイプで、ジャケットは20ページのブックレットになっています。ただ、ジャケット部分の表紙と裏表紙の紙は薄くてペラペラしているのでプラケースから取り出しにくいし、無理に取り出そうとすると直ぐにしわが寄ってしまう感じです。一方、ディスクの方はレコード盤を模した仕様になっており、レコード盤にある細かい溝も付いています。ちなみに裏面も全面ブラックです。

なお、ジャケット裏面に表記されている曲目の部分は、オリジナルの"Destroyer"では"Do You Love Me"となっていましたが、この"Destroyer - Resurrected"では"Do You Love Me?"とクエスチョンマークが加えられた表記になっています。

TRACK LIST
1. Detroit Rock City / 2. King Of The Night Time World / 3. God Of Thunder / 4. Great Expectations / 5. Flaming Youth / 6. Sweet Pain / 7. Shout It Out Loud / 8. Beth / 9. Do You Love Me? / 10. Sweet Pain (Original Guitar Solo) [Bonus Track]

(記:2011年9月 / 更新:2015年5月)


    AT THE BBC / QUEEN (1995)

Album Cover: At The BBC / Queen

1995年にアメリカでリリースされたこの"At The BBC"は、1989年に"At The Beeb"というタイトルが付けられてイギリスでリリース(日本では1990年に女王凱旋!〜戦慄のライヴ・クイーン〜という邦題でリリース)されていたアルバムと同一内容のアルバムになります。

アメリカでのリリースに際して、タイトルが"At The BBC"に変更された理由は、"BBC"のイギリスでの俗称である"Beeb"がアメリカでは一般的に浸透しておらず、馴染みが薄いと判断されたからだそうです。

ということで、この"At The BBC"は、タイトルの変更に伴い、ジャケットの写真も変更されているのですが、レコーディングされた時期が前半の4曲がファーストアルバムのレコーディング中で、後半の4曲がファーストアルバムのリリース直後ということで、"At The Beeb"で使用されているモノクロ写真よりも、こちらのファースト・フォトセッションで撮られたケバい写真のイメージの方が時期的に似合っているようにも思います。

なお、レコーディングされた日付については、1曲目から4曲目までが"5th February 1973"、5曲目から8曲目までが"3rd December 1973"と、アルバムジャケットにクレジットされています。ちなみにレコーディング場所はどちらもロンドンにある「Langham 1 Studio」だとのこと。

収録曲についていえば、翌年の1974年にリリースされるセカンドアルバム"Queen II"に収録されることになる"Ogre Battle"を除いて、全てがファーストアルバム収録曲となっています。'73年2月に収録された前半の4曲では、間奏の後のパートをロジャーがヴォーカルをとっている"Doin' Alright"が興味深いところでもあります。そして、全体的にオーヴァーダブも少なく比較的ライヴ・テイクに近いサウンドになっている'73年12月に収録された後半の4曲の中では、"サードアルバムの"Sheer Heart Attack"に収録される"Brighton Rock"に於ける"Brian May"のギターソロ・パートの原形ともいえるフレーズが入っている"Son And Daughter"が興味深いところですね。

実のところ、私は長い間このアルバムを買わずにいました。というのも、収録曲数が8曲と少なく、日本盤のタイトルが「女王凱旋!〜戦慄のライブ・クイーン〜」だったこともあり、初期のライヴを収録したミニ・アルバムという印象があって、どうも買う気にならなかったんですよね。それに、いつもと違うレーベルから唐突にリリースされたこともあってか、何となくオフィシャルにしては中途半端な印象がありました。ちなみにブックレットにクレジットされているリリース元は"BBC Enterprises Ltd"です。

で、結果的に私は長いこと日本盤のタイトルにある「ライヴ」という言葉にある意味騙されていたわけです (笑)。というのも、このアルバムの収録曲は全て"BBC"での放送用にスタジオでレコーディングされたものであり、観客の前で演奏されているわけではないので、当然のことながら歓声なども入っていませんから「ライヴ」とは言えないんですよね。それにアルバムの何処を探しても「Live」という文字は入っていませんからね。おまけに当時は「Beeb」が「BBC」の俗称であるなてことも知らずにいましたしね。

一般的に、放送用にレコーディングされたこれらの音源は「BBC Session」と呼ばれているのですが、会場ではなくスタジオを使ってレコーディングされたこともあり、ある意味ではスタジオアルバムとも言えると思います。何しろスタジオ盤同様に多重録音もされていますからね。ただ、ファーストアルバムとレコーディング時期が重なっているということもあり、もしかしたら一部にはファーストアルバムでの音源も使われているのかもしれませんね。聴いた限りでは、同一の音のように思える楽器のパートもあったりもします。

結局はこのアルバムを買おうとしたときには既に日本盤は廃盤になっていた為、このアメリカ盤の"At The BBC"を購入したわけですが、それにしても、デビュー直後の音源をこうして比較的良い音で聴けるのはありがたいですよね。日本盤のタイトルが「BBCスタジオセッション」とかだったらもっと早く買ってたのに (笑)。

CD: At The BBC / Queen   Booklet: At The BBC / Queen

TRACK LIST
1. My Fairy King / 2. Keep Yourself Alive / 3. Doin' Alright / 4. Liar / 5. Ogre Battle / 6. Great King Rat / 7. Modern Times Rock 'N' Rock / 8. Son And Daughter

• Tracks 1-4: Recorded 5th February 1973 (Langham 1 Studio)
• Tracks 5-8: Recorded 3rd December 1973 (Langham 1 Studio)

(記:2012年9月)


    SOME SUMMER DAYS / SUSANNA HOFFS (2012)

Some Summer Days / Susanna Hoffs
全5曲のEP盤とも言える形態で配信されているこの"Some Summer Days"は、先頃リリースされた新作"Someday"に収録されている3曲の別ヴァージョンと、"Someday"未収録の2曲で構成されており、"Susanna Hoffs"のオフィシャルサイトから無料でダウンロードできます。

それにしても、"Someday"に収録されている3曲の別ヴァージョンはもとより、このミニ・アルバムでしか聴けない2曲も"Someday"に収録されている楽曲同様に独特の空気感があって良いですね。当初は、無料でダウンロードできるということで、さほど期待していなかったのですが、全5曲共に"Someday"に収録されていないのがもったいないくらいで、中でも"Petite Chanson"で感じられる雰囲気が心地良くて気に入っています。又、"Someday"に収録されている3曲の別バージョンも、リミックスとかいったものではなく、アルバムヴァージョンとは別にレコーディングされているトラックのようで、こちらで聴けるこれらのトラックも"Someday"収録のヴァージョンと甲乙付けがたい程に魅力的。なお、配信は"192kbps"の"MP3"形式でされています。

TRACK LIST
1. Petite Chanson / 2. Raining (Ragtag Version) / 3. One Day (Ragtag Version) / 4. Always Enough (Ragtag Version) / 5. Summer Daze

▼ 「Susanna Hoffs」 オフィシャルサイト
http://www.susannahoffs.com/

ダウンロードはオフィシャルサイトの右側にある「Free Sampler」内の「email」と「postal code」の欄に自分の「Eメール」と「郵便番号」を入力して「next」をクリックすればOKで、後は入力したアドレス宛にこれらの楽曲を配信している「noisetrade.com」からダウンロードのコードとアドレスが記されたメールが届きます。なお、その後には「noreply@noisetrade.com」から楽曲配信のニュースレターが届くようになりますが、必要なければ送られてきたニュースレターの下にある「opt out using TrueRemove®.」の「opt out」をクリックすればその後の配信を解除できます。

※ 追記 (2013年)
現在はオフィシャルサイトからの無料配信は終了していますが、"iTunes"や"Amazon"等で購入(ダウンロード限定)することができます。

(記:2012年9月 / 更新:2013年10月)


    XANADU / MOVIE BOOKLET 「映画パンフレット」 (1981)

Xanadu / 映画パンフレット(表)

Xanadu / 映画パンフレット(裏)


日本では1981年2月21日に劇場公開されたこの映画(アメリカでの公開日は1980年8月8日)を、当時少年だった私はバスに乗って一人で観に行った記憶があります。でも、その当時はお小遣いの中から映画館への入場料を払うだけで精一杯だったので、残念ながらパンフレットまでは買えませんでした。

それから時は流れて、今ではネットで探せば、入手困難なものでも以前よりは比較的簡単に見つけて買うことができるようになりました。とは言うものの、こういったパンフレットもソコソコの値段になるだろうし、オークション等で入札してまで手に入れたいとは思っていなかったので、探そうともしなかったのですが、ところがある日、アカウントを作成しているオンラインショップでたまたま見つけたんですよね。それも1,000円を切る価格で・・・。かつては泣く泣く諦めたこのパンフがこの価格で販売されているのですから当然心が揺らぎますよね。しかも商品は一点のみ・・・。結果的には心の声に従って購入ボタンをクリックしていました。

中古品だし、価格が価格なだけに、それほど商品の状態には期待していなくて、当時買えなかったこのパンフがどんなものだったのかを見れるだけでも幸せだと思っていたのですが、届いた商品を見てビックリ。これが、よくもまぁここまで綺麗な状態で保管してあったものだと感心するくらいに状態が良く、キズや汚れ、それに折れや色褪せといったものが全く無いものでした。恐らくは買い取られて販売されていた商品だったのでしょうが、ここまで綺麗に保管されていた元の持ち主の方にほんと感謝したいですね。仮に自分が当時このパンフを買っていたとしてもここまで綺麗に保管できていないと思います。なお、このパンフは、ひとつのページだけが三つ折のかたちでポスターのようになっています(勿論オリビアの)。

その後、ネットでこのパンフを取り扱っているところを幾つか見つけたのですが、自分が買ったものは比較的安い方だったものの、ただ、どこも価格にそう大きな開きはない様子。自分としてはもっと高い印象があったので、掘り出し物を見つけたと思ったのですが、相場としてはこの程度のようです。

ちなみに、映画のパンフレットが発行されるというのは日本独自の文化だそうですね。

XANADU (アメリカ映画 96分)
• アメリカでの公開日 / 1980年8月8日
• 日本での公開日 / 1981年2月21日
• 監督 / ロバート・グリーンウォルド
• 脚本 / リチャード・クリスチャン・ダナス、マーク・リード・ルベル
• 主な出演者 / オリビア・ニュートン・ジョン:ミューズの女神 (キラ)
• ジーン・ケリー:初老の男性 (ダニー・マクガイア)
• マイケル・ベック:画家志望の青年 (ソニー・マローン)


Xanadu / 映画パンフレット Xanadu / 映画パンフレット Xanadu / 映画パンフレット

▼ 関連記事
[Music Part 5] - XANADU (SOUNDTRACK) / E.L.O. & OLIVIA NEWTON-JOHN (1980)

(記:2012年10月 / 更新:2017年7月)


     VIDEO GOLD I & II / OLIVIA NEWTON-JOHN (2005)

DVDの帯:ビデオ・ゴールド I & II / オリビア・ニュートン・ジョン

DVD Cover: Video Gold I & II / Olivia Newton-John
これは、'70年代〜'80年代を代表する女性シンガーの一人、オリビア・ニュートン・ジョンのミュージック・ビデオを中心とした2枚組DVDです。

このDVDには過去に発売されたビデオ作品、「フィジカル('81年)」、「運命のいたずら('83年)」、「ソウル・キッス('85年)」に収録されていたミュージック・ビデオが全て収録されているばかりか、それぞれのディスクの後半にはライヴ・ビデオ作品、「オリビア・イン・コンサート('82年)」からピックアップされたライヴ映像が収録されており、正にこれまでの集大成ともいえる映像作品となっています。

個人的には、イメージチェンジを推し進めた「運命のいたずら('83年)」と、「ソウル・キッス('85年)」の時代はあまり好きではないので、それらの時代のミュージック・ビデオが収録されている「Disc 2」は、「Disc 1」に比べて観る機会も少ないのですが、それでも、後半に収録されている"Sam"のライヴは大好きで何度も観ましたね。

なお、付属品としては10ページのオールカラーブックレットと全曲の解説文が付いています。又、"Physical"や"Make A Move On Me"等は、オリジナルのミュージックビデオにあった効果音が全て省かれた音声トラックで収録されています。

Booklet (front): Video Gold I & II / Olivia Newton-John  Booklet (back): Video Gold I & II / Olivia Newton-John  Booklet: Video Gold I & II / Olivia Newton-John

▼ Olivia Newton-John - Hopelessly Devoted to You
https://www.youtube.com/watch?v=DJpyG3PXoKw

▼ Olivia Newton-John - Sam (live)
https://www.youtube.com/watch?v=EiGwXt82wqU

TRACK LIST

Disc 1:
1. Deeper Than The Night / 2. A Little More Love [Version I] / 3. Totally Hot / 4. Landslide / 5. Magic / 6. Physical / 7. Carried Away / 8. A Little More Love [Version II] / 9. Recovery / 10. The Promise (The Dolphin Song) / 11. Love Make Me Strong / 12. Stranger's Touch / 13. Make A Move On Me / 14. Falling / 15. Silvery Rain / 16. Hopelessly Devoted To You / 17. Let Me Be There [Live] / 18. Please Mr. Please [Live] / 19. If You Love Me (Let Me Know) [Live]

1. 愛の炎 / 2. 愛は魔術師(ヴァージョン1) / 3. さよならは一度だけ / 4. ランドスライド / 5. マジック / 6. フィジカル / 7. キャリード・アウェイ / 8. 愛は魔術師(ヴァージョン2) / 9. 絆はふたたび / 10. 愛のプロミス / 11. 愛あればこそ / 12. ストレンジャーズ・タッチ / 13. ムーヴ・オン・ミー / 14. 貴方にフォーリング / 15. シルヴァリー・レイン / 16. 愛すれど悲し / 17. レット・ミー・ビー・ゼア(ライヴ) / 18. プリーズ・ミスター・プリーズ(ライヴ) / 19. 愛しい貴方(ライヴ)

Disc 2:
1. Twist Of Fate / 2. Take A Chance / 3. Livin' In Desperate Times / 4. Shaking You / 5. Heart Attack / 6 Tied Up / 7. Soul Kiss / 8. Culture Shock / 9. Emotional Tangle / 10. Toughen Up / 11. The Right Moment / 12. The Rumour / 13. Can't We Talk It Over In Bed / 14. Reach Out For Me / 15. I Need Love / 16. I Honestly Love You / 17. Sam [Live] / 18. Suddenly [Live] / 19. You're The One That I Want [Live] / 20. Xanadu [Live]

1. 運命のいたずら / 2. テイク・ア・チャンス / 3. デスパレート・タイムス / 4. シェイキング・ユー / 5. ハート・アタック / 6. タイド・アップ / 7. ソウル・キッス / 8. 哀しき愛の運命 / 9. 永遠の絆 / 10. 恋愛専科 / 11. ライト・モーメント / 12. 噂 / 13. 愛を抱きしめて / 14. リーチ・アウト・フォー・ミー / 15. アイ・ニード・ラヴ / 16. 愛の告白 / 17. サム(ライヴ) / 18. 恋の予感(ライヴ) / 19. 愛のデュエット(ライヴ) / 20. ザナドゥ(ライヴ)

(記:2012年10月 / 更新:2015年4月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 13 Navigation Part 14   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.