Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 12
01. QUEEN DANCE TRAXX I / VARIOUS ARTISTS (1996)
02. BOHEMIAN SYMPHONY (1992) /
ORCHESTRA ON THE ROCK QUEEN (1993)
03. SPACEWALK - A TRIBUTE TO ACE FREHLEY /
VARIOUS ARTISTS (1996)
04. KISS - THE MEDLEY 〜 A DANCE ORGASM /
ROCK'N RHYTHM (1998)
05. ROCKOLOGY / ERIC CARR (1999)
06. AFTERGLOW / E.L.O. (1990)
07. THE VERY BEST LIVE / ALAN PARSONS (1995)
08. JAPAN & SELF EXISTENCE - ミック・カーン自伝 [日本語版] /
MICK KARN (2011)
09. GREATEST HITS / QUEEN (1981)
10. GREATEST HITS II / QUEEN (1991)
    QUEEN DANCE TRAXX I / VARIOUS ARTISTS (1996)

CDの帯:クイーン・ダンス・トラックス I / Various Artists

Album Cover: Queen Dance Traxx I / Various Artists
「Queen Dance Traxx I / クイーン・ダンス・トラックス I」のタイトルからも分かるように、このアルバムに収録されているものは全てダンスチューンにアレンジされたクイーンのカヴァー曲で、参加しているミュージシャンはヨーロッパを中心に活動するダンス系ミュージックのユニットやプロデューサー、DJ等といったところです。

ただ、個人的には、この手の音楽には疎く、唯一スキャットマン・ジョン('99年他界)だけは名前を知っているといった程度で、その他は参加ミュージシャンのクレジットを見てもどういった人達なのかはよく分からないのですが、このジャンルの音楽に精通している人にとっては、もしかしたらお馴染みの存在なのかもしれません。

腐っても鯛というわけではありませんが、オリジナルは全て大好きなクイーンの楽曲なので、それなりに楽しめればいいかなと、さほど期待もせずに買ったものですが、実は意外な驚きがありました。

それは、いくつかの楽曲ではクイーンのオリジナル音源が大胆に使われているということで、もしかしたらアルバム製作にあたってはクイーン・サイドの協力があったのかも知れません。

CD: QueenDance Traxx I / Various Artists ということで、クイーンの音源が使用されている楽曲をピックアップしてみると(もしかしたらこれ以外にもあるのかもしれませんが、自分が気付いた部分ということで)。

まずはけっこう気に入っている"Bicycle Race"から。この曲は"Bicycle Bicycle Bicycle"と繰り返す印象的なコーラスを含め、バッキングヴォーカルは全てクイーンのオリジナル音源が使われており、女性ヴォーカリストとの掛け合いがオリジナルの持つ奇天烈感をより強調した雰囲気で面白いですね。ファンとしては、コーラスとバッキングヴォーカルでお馴染みの声が聞こえてくるおかげで、違和感無く楽しめます。

続いては"Flash's Theme"。この曲はオリジナルに比べてヴォーカル部分は少なくなっているのですが、使われているヴォーカルとコーラス・ハーモニーの部分は全てクイーンのオリジナル音源です。

そして、"Radio Ga Ga"。この曲はオリジナル・ヴァージョンのイントロと間奏の部分に短いラップを加えただけと言ってもいいくらいなのですが、この曲ではまるまるフレディのヴォーカルが使われています。なお、加えられたラップの部分の歌詞は、この曲とクイーンについて書かれたものです。

さらに続いては"We Will Rock You"。これも"We will We will rock you"のバッキングヴォーカル部分はクイーンのオリジナル音源なのですが、更にはドン・ドン・チャッの演奏部分もオリジナルの音源が使われているようです。

その他にも、"I Want To Break Free"では"God knows"の歌詞部分でフレディの声が聴けますし、間奏部分も恐らくはオリジナルの音源が使われていると思います。又、ほぼインストゥメンタルと言ってもいい"Bohemian Rhapsody"は、"Is this the real life"の部分だけが唯一のヴォーカルパートになっているのですが、この部分もフレディの声がサンプリングで使われています。この"Bohemian Rhapsody"については、こんな曲を選んで大丈夫なのかと危惧するところもあったのですが、"Bohemian Rhapsody"と分かるのは曲の前半部分とフレディの声が聴ける"Is this the real life"のところだけで、大半のパートは全く別の曲といった印象。ちなみにオリジナルのような組曲にはなっていません。

と、所々でオリジナル音源が使われていることもあり、思ったよりも楽しめるアルバムでした。個人的には、やはり"Bicycle Race"が一番面白いと感じましたが、クイーンのオリジナル音源が使われていない"Another One Bites the Dust"や"I Want it All"もけっこう気に入っています。ただ、ラストのオールキャストで歌われる"We Are The Champions"はちょっとベタすぎて面白みがないですね。単なるカヴァーといった感じ。

シンセサイザーを使用するようになってからのクイーンは、ダンサブルな要素を含む楽曲も割と多く制作していたこともあってか、収録曲は後期のアルバムからの選曲が多くなっています。ただ、どの曲もオリジナル以上にダンスビートに仕上げられてはいるものの、比較的オリジナルのメロディーラインは崩さないアレンジがされている印象です。

そして、この「Queen Dance Traxx I」は見てのとおり、タイトルの最後にはローマ数字で「I」と付けられています。恐らくは続編も企画されていたと思われるのですが、残念ながら続編がリリースされることは無かったようですね。

▼ Blossom - Bicycle race
https://www.youtube.com/watch?v=1wpWl2vy8mY

▼ Ex-It - I Want It All
https://www.youtube.com/watch?v=01-LoSvRXB8

TRACK LIST
1. Another One Bites The Dust (Captain Jack) / 2. The Invisible Man (Scatman John) / 3. A Kind Of Magic (Mr. President) / 4. I Want It All (Ex-It) / 5. Under Pressure (Culture Beat) / 6. I Was Born To Love You (Worlds Apart) / 7. I Want To Break Free (Masterboy) / 8. Bicycle Race (Blossom) / 9. Bohemian Rhapsody (Magic Affair) / 10. Who Wants To Live Forever (E-Rotic) / 11. Flash's Theme (U96) / 12. Radio Ga Ga (DJ Bobo) / 13. Scandal (Voice) / 14. We Will Rock You (Interactive) / 15. Friends Will Be Friends (Music Instructor) / 16. We Are The Champions (Acts United)

1. 地獄へ道づれ(キャプテン・ジャック) / 2. インヴィジブル・マン(スキャットマン・ジョン) / 3. カインド・オブ・マジック(ミスター・プレジデント) / 4. アイ・ウォント・イット・オール(EX-IT) / 5. アンダー・プレッシャー(カルチャー・ビート) / 6. アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(ワールズ・アパート) / 7. ブレイク・フリー(マスターボーイ) / 8. バイシクル・レース(ブロッサム) / 9. ボヘミアン・ラプソディ(マジック・アフェアー) / 10. リヴ・フォーエヴァー(E-ROTIC) / 11. フラッシュのテーマ(U96) / 12. Radio Ga Ga(DJ BOBO) / 13. スキャンダル(ヴォイス) / 14. ウィ・ウィル・ロック・ユー(インタラクティヴ) / 15. フレンズ・ウィル・ビー・フレンズ(ミュージック・インストラクター) / 16. 伝説のチャンピオン(アクツ・ユナイテッド)

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年2月)


    BOHEMIAN SYMPHONY (1992) / ORCHESTRA ON THE ROCK QUEEN (1993)

CDの帯:ボヘミアン・シンフォニー / ボヘミアン・シンフォニック・プロジェクト

Album Cover: Bohemian Symphony / Bohemian Symphonic Project
フレディが亡くなった翌年にリリースされたこの「Bohemian Symphony / ボヘミアン・シンフォニー」は、日本で企画されたフレディ・マーキュリーへのトリビュートアルバムで、タイトルからも分かるように、収録されているのはどれもシンフォニックなアレンジがされたクイーンのカヴァー曲(インストゥルメンタル)です。

この種のアルバムを買っていつも思うのは、シンフォニーとは言っても、ドラムやエレキギターが使用されていることが意外と多く、その所為で、インストゥルメンタル曲が中途半端なカラオケのように感じてしまうということで、このアルバムもその点がちょっと残念ではありますね。

1曲目の"Radio Ga Ga"と、2曲目の"Bicycle Race"はドラムもエレキも使用されておらず、けっこう大胆にクラシック風にアレンジされていて好感が持てるのですが、3曲目以降はドラムとエレキが頻繁に登場します。

"Love of My Life"と"You're My Best Friend"は、アレンジも良くて、けっこう良い感じなのですが、ギターソロのパートでは、残念ながらエレキが登場してしまうんですよね。又、"We Are the Champions"も同様に良いアレンジだと思うのですが、サビ部分の歌メロに多少のっぺり感があります。ドラムとエレキが使用されていない点では良いと思うんですけどね。

その他にも"Bohemian Rhapsody"、"Save Me"など、部分的におっ!っと思う部分はあるのですが、"Bohemian Rhapsody"はドラムとエレキが使われていないところは評価できるものの、オペラパートがちょっと安っぽいかなといった印象。ロックパートの部分は割りと好きなんですけどね。そして、曲の出だしではいい感じがした"Save Me"も、ドラムのリズムが聴こえてくると、やはり安っぽいカラオケのような印象になってしまいます。これもギターソロのパートはエレキですし。

アレンジも悪くはないし、もっと徹底的にシンフォニックにやってくれていたら、印象も大分違っていたと思うので、そこがちょっと残念ではありますが、この手のアルバムの中では比較的良くできた部類に入るものではないかと思います。

TRACK LIST
1. Radio Ga Ga / 2. Bicycle Race / 3. Love Of My Life / 4. You Take My Breath Away / 5. You're My Best Friend / 6. Play The Game / 7. Killer Queen / 8. Somebody to Love / 9. We Are The Champions / 10. Bohemian Rhapsody / 11. Save Me


CDの帯:オーケストラ・オン・ザ・ロック - クイーン編 / ロンドン・シンフォニー・オーケストラ & ロンドン・ポップ・クワイアー

Album Cover: Orchestra On The Rock Queen / London Symphony Orchestra & London Pop Choir
そして、再び手を出したクイーンのオーケストラものがこの「オーケストラ・オン・ザ・ロック - クイーン編」。ただ、残念ながらこちらもドラムとエレキギターが"Love Of My Life"を除く全曲で使用されています。やっぱりこの種のアルバムだとシンフォニックなサウンドに期待して買うわけですから、どうしてもドラムやエレキの音が邪魔に感じてしまうんですよね。

収録曲を見たら"Crazy Little Thing Called Love"や"I Want To Break Free"が含まれていたので、多少嫌な予感はあったのですが・・・。更には上記のアルバム"Bohemian Symphony"には入ってなかったコーラスも加えられているので、オーケストラというよりも、イージーリスニングといった印象。あくまでも個人的な嗜好なのですが、クイーンの楽曲がカヴァーされる場合、コーラス・ハーモニーが入っていると、どうしても慣れ親しんだクイーンの重厚なコーラス・ハーモニーと比較してしまう所為で、イメージの違いに落胆してしまうんですよね。

それでもここに収録されている"Love of My Life"はこれまでに聴いたこの手の音楽の中では一番のお気に入りです。編曲とアレンジがとても良くて、オリジナルが持つ優雅な雰囲気が損なわれることなく、見事に表現されています。

その他では、ドラムとエレキギターが使われているものの"We Are The Champions"と"Killer Queen"は今も時折聴いたりしていますし、それほど悪い印象はありません。ただ、この2曲と"Love of My Life"以外はほとんど聴くことはないですね。

「オーケストラ・オン・ザ・ロック」と題されたこのアルバム、ロック・ミュージックの「ロック」とウィスキーの「ロック」をかけてネーミングされた企画盤のようですが、ブックレットの裏にはウィスキーメーカーの広告も記載されていることから、タイアップ商品でもあったようです。かといってCDの値段が特別安くなっているわけでもなかったのですが・・・。

TRACK LIST
1. Somebody To Love / 2. Crazy Little Thing Called Love / 3. We Are The Champions / 4. Who Wants To Live Forever / 5. I Want To Break Free / 6. Radio Ga Ga / 7. Bohemian Rhapsody / 8. Love Of My Life / 9. Friends Will Be Friends / 10. Save Me / 11. Killer Queen / 12. Under Pressure / 13. The Show Must Go On / 14. God Save The Queen

(記:2012年2月)


    SPACEWALK - A TRIBUTE TO ACE FREHLEY / VARIOUS ARTISTS (1996)

CDの帯:スペースウォーク / Various Artists

Album Cover: Spacewalk - A Tribute To Ace Frehley / Various Artists
こちらはキッスのオリジナルギタリスト、エース・フレーリーへ捧げられたトリビュートアルバムです。トリビュートアルバムでありながらもエース自らも参加し、新曲を披露している点が面白いところであり、そういった意味ではエース公認のトリビュートアルバムとも言えるのではないかと思います。

又、この手の企画アルバムにしてはアートワークも凝っており、参加メンバーもロックファンにとってはお馴染みのメンツが揃っているという点では比較的力の入ったアルバムといった印象。

エースのトリビュートアルバムなのに、ジーン作の"Deuce"と、ポール作の"Hard Luck Woman"が収録されているのは多少疑問に思うところではありますが、その他はエース関連の作品で占められているので、そういった点ではキッス関連の企画アルバムとは趣の異なったマニアックな雰囲気があります。個人的にはエース初のシングル曲となった"Rocket Ride"でスタートしてくれていたら嬉しかったんですけど、アルバムにこの曲は収録されておらず、その点だけがちょっと残念ですね。

収録曲はどの曲も比較的オリジナルに沿ったカヴァーなので、聴いていて安心感はあるのですが、反面、やや面白みには欠けるといった印象も無きにしも非ずといったところです。聴き所はやはりエースの"Take Me To The City"。エースらしいフレーズ満載のこの曲、けっこう好きで、個人的にはキッス時代の"Rocket Ride"と"Talk to Me"に肩を並べる出来だと思っています。何せ、キッスのリユニオン・アルバム"Psycho Circus"がリリースされると知ったときも、この曲が再録音で収録されてないかと密かに期待してたほどでしたからね。

なお、日本盤には、"Sebastian Bach (Skid Row)"による"Save Your Love"がボーナス・トラックとして収録されています。

CD: Spacewalk - A Tribute To Ace Frehley / Various Artists TRACK LIST (Japan Edition)
1. Deuce [Marty Friedman (Megadeth)] / 2. Shock Me [Gilby Clarke (Guns 'N Roses)] / 3. Rip It Out [Scott Ian (Anthrax)] / 4. Hard Luck Woman [Ron Young & Jeff Watson (Night Ranger)] / 5. Snowblind [Snake Sabo (Skid Row)] / 6. Rock Bottom [Sebastian Bach (Skid Row)] / 7. Parasite [Tracii Guns (L.A.Guns)] / 8. Cold Gin [John Norum (Europe)] / 9. New York Groove [Bruce Bouillet (Racer X)] / 10. Fractured Mirror [Dimebag Darrell (Pantera)] / 11. Take Me To The City [Ace Frehley] / 12. Save Your Love [Sebastian Bach (Skid Row)]

• Tracks 12: Bonus Track on Japanese Version Only.
• 解説・歌詞・対訳付

 

以下の動画はアルバムとは無関係ですが、このトリビュートアルバムにも参加しているギルビー・クラーク(元ガンズ・アンド・ローゼズ)とスコット・イアン(アンスラックス)の2人を含む一夜限りのスーパーグループによるキッストリビュート・ライヴ。

メンバーはヴォーカルにロブ・ゾンビ、ギターがスラッシュとギルビー・クラークの元ガンズ・アンド・ローゼズの2人、ベースはジーン・シモンズ愛用の斧型ベースで演奏するアンスラックスのスコット・イアン(本来はギタリスト)、ドラムがトミー・リー(モトリー・クルー)、そしてサプライズゲストとしてエース・フレーリーも参加という豪華な顔ぶれ。

▼ God of Thunder - VH1 Rock Honors 2006
https://www.youtube.com/watch?v=JM4_QcUE-IA

(記:2012年2月)


    KISS - THE MEDLEY 〜 A DANCE ORGASM / ROCK'N RHYTHM (1998)

CDの帯:キッス・ザ・メドレー〜ア・ダンス・オルガズム / ロックン・リズム

Album Cover: KISS - The Medley 〜 A Dance Orgasm / Rock'N Rhythm
ダンスミュージックにアレンジされたキッスの楽曲がノンストップで繰り広げられるというこのアルバム、選曲がけっこうマニアックで面白いですね。実際に購入したきっかけもその収録曲に惹かれてのことでした。

何せ、"Then She Kissed Me"までもが収録されていますから、それだけを見てもマニアック度が分かりそうなものですが、他にもポールのソロアルバムに収録されている"Tonight You Belong To Me"が採り上げられていることや、セカンドアルバム"Hotter Than Hell"から最多の5曲が選曲されているという点からもそのマニアック度は計り知れるところでもあります。ちなみにこのアルバムはキッス側の承諾を得て一部にオリジナル音源がサンプリングで使用されています。

ということで、制作発案者であり、プロデュースと演奏者にクレジットされている"Dr.Pico esquire"なる人物の好みが色濃く反映されているとも言えるこのアルバムですが、言い方を変えれば、それだけ彼がキッスのファンであるという証なのかもしれません。

ただ、ダンスミュージックとはいっても、基本的にはギターサウンドがメインで、所々加えれているシンセの使い方もやや古臭い印象があり、ダンスミュージックと呼ぶにはやや中途半端なサウンド。

なお、シークレット・トラックとして"I Was Made For Lovin' You [House Mix Version]"がアルバムの最後に収録されています。

CD: KISS - The Medley 〜 A Dance Orgasm / Rock'N Rhythm TRACK LIST
1. Shout It Out Loud / 2. Lick It Up / 3. Heaven's On Fire / 4. Shock Me / 5. Love Gun / 6. Christine Sixteen / 7. God Of Thunder / 8. Strutter / 9. Coming Home / 10. Rock Bottom / 11. Love Her All I Can / 12. Then She Kissed Me / 13. Let Me Go Rock 'N Roll / 14. Parasite / 15. Deuce / 16. Black Diamond / 17. New York Groove / 18. She / 19. Watchin' You / 20. Got To Choose / 21. Nothin' To Lose / 22. Tomorrow / 23. 2,000 Man / 24. Tonight You Belong To Me / 25. I Was Made For Lovin' You / 26. Rock And Roll All Nite
• 27. (Secret Track) I Was Made For Lovin' You [House Mix Version]

• 解説付 / 歌詞・対訳無し

(記:2012年2月)


    ROCKOLOGY / ERIC CARR (1999)

CDの帯:ロックオロジー / エリック・カー

Album Cover (front): Rockology / Eric Carr   Album Cover (back): Rockology / Eric Carr

この"Rockology"は'91年に41歳という若さで他界したキッスの二代目ドラマー、エリック・カーの未発表音源を含む遺作集です。リリースされた当時は、まさかこんなものが(ましてや日本盤まで)リリースされようとは思ってもみなかったので、彼のファンとしてはとても嬉しかったことを覚えています。リリース日は1999年のエリックの命日である11月24日でしたが、日本では先行発売ということで一足早くリリースされました。

当然のことながら、アルバムとは言っても寄せ集め的なもので、収録されている曲の中にはデモ段階のものや、歌詞が未完成でスキャット風に歌われているものなども含まれていますが、逆にそういった部分が生々しくもあります。

キッス加入後しばらくはエリックのリードヴォーカル曲がアルバムに収録される機会が無かったのですが、'88年にリリースされたベスト盤"Smashes, Thrashes and Hits"に収録の"Beth"(ピーターのヴォーカルパートがエリックのヴォーカルに差し替えられたヴァージョン)で初めて披露された後は、'89年リリースの"Hot in the Shade"でもリードヴォーカルを担当する"Little Caesar"が収録されるなど、いよいよエリックのヴォーカルが聴けるようになってきたかと思っていた矢先の不幸・・・。

結局はキッスのオリジナルアルバムでエリックのヴォーカル曲が収録されたのは"Hot in the Shade"が初めてで、しかも唯一となってしまったこともあり、ファンにとってはある種のフラストレーションのようなものがあったのですが、このアルバムではエリックのヴォーカルが思う存分堪能できます。

しかも嬉しいのは、このアルバムをプロデュースしているのが盟友であるブルース・キューリックだということで、ブックレットにはブルースによる全曲のコメントも添えられています(日本盤には和訳付き)。

収録曲の中では"Can You Feel It"、"Somebody's Waiting"、"Just Can't Wait"の3曲が特に気に入っています。"Can You Feel It"はパワフルなドラムサウンド(エリックのプログラミング)が映える曲で、願わくばこの曲をライヴで聴いてみたかったですね。"Somebody's Waiting"は"Hot in the Shade"の収録候補曲だったとされる曲ですが、アルバムには同じバラードタイプの曲である"Forever"が収録予定だったこともあり、バランスを考えて外されたと言われています。バラードながらもパワフルなこの曲は、同じバラードとは言っても"Forever"とはタイプが違うし、個人的には"Hot in the Shade"に含まれるつまらない曲を1曲外してもいいから収録して欲しかったところです。そして、"Just Can't Wait"。この曲はブルースのコメントを引用すると、「アレンジの細部まで作り込まれながら、結局ヴォーカル入りでは完成することの無かった曲」ということで、アルバムにはインストゥルメンタル曲として収録されているのですが、完成度が高い上に、メロディーラインがとてもキャッチーなので、ヴォーカル無しでも十分に魅力があります。

CD Case (inside): Rockology / Eric Carr CD: Rockology / Eric Carr

▼ Eric Carr (KISS) - Can You feel It
https://www.youtube.com/watch?v=MJdczXXWo9c

▼ Eric Carr (KISS) - Somebody's Wating
https://www.youtube.com/watch?v=Q3lldR4Lmdw

▼ Eric Carr (KISS) - Just Can't Wait
https://www.youtube.com/watch?v=7KDRL6tqBQQ

TRACK LIST
1. Eyes Of Love / 2. Somebody's Waiting / 3. Heavy Metal Baby / 4. Just Can't Wait / 5. Mad Dog / 6. You Make Me Crazy / 7. Nightmare / 8. Nightmare [Live Demo] / 9. Too Cool For School / 10. Tiara / 11. Can You Feel It / 12. Nasty Boys

• 解説・歌詞付 / 対訳無し


Album Cover (front): Unfinished Business / Eric Carr

Album Cover (back): Unfinished Business / Eric Carr


UNFINISHED BUSINESS (2011)

そしてこちらは、昨年の2011年にリリースされた"Unfinished Business"。これも同じくエリックの遺作を集めたアルバムですが、残念ながらこちらのアルバムはちょっと期待はずれでした。というのも、誰だか知らない人物のヴォーカルが後から加えられた曲が多く含まれていて、エリックのヴォーカルが聴けるのは正味4曲だけというシロモノですからね・・・。

例えば、"Rockology"に収録されていたインストゥルメンタルの"Just Can't Wait"にも歌詞が付けられて歌われてはいるものの、馴染みの無いヴォーカリストの声にはやはり違和感がありますし、"All Hell's Breakin' Loose"にいたっては単なる他人によるカヴァーで、エリックのヴォーカルもドラムも含まれないというものです。全体的に音質もあまり良くないし、正直、"Rockology"に比べてエリック色が薄い印象。実際、私は買って直ぐに数回聴いただけで、その後は殆んど聴いていませんし・・・。

ただ、そうは言っても、所々に収められているエリックの素の語りも聴けるし、別に買って損したという思いはありません。聴き所は5曲目の"No One's Messin With You"で、この曲は"Little Caesar"の最終形に近いデモトラックなのですが、そつ無くまとめられた完成形に比べてエリックのヴォーカルが生き生きとしている印象があります。ギターはブルース・キューリックながらも、ドラムとベースはエリックがプレイしており、バッキングヴォーカルもエリックだということから、恐らくはポールとジーンの関与がまだ無い状態でのトラックだと思われます。

Album Cover (inside): Unfinished Business / Eric Carr

TRACK LIST
1. Eric Speaks To The Fans / 2. Just Can't Wait / 3. Troubles Inside You / 4. Eric Talks About His Music / 5. No One's Messin With You / 6. Carr Jam 1981 / 7. Eric Talks About His Kiss Audition / 8. Shandi / 9. All Hell's Breakin' Loose / 10. Dial L For Love / 11. Elephant Man / 12. Eric Talks About Mark St. John / 13. Midnite Stranger / 14. Eyes Of Love / 15. Bill Aucoin Talks About Eric / 16. Through The Years / 17. I Cry At Night [Bonus Track, Recorded 1967] / 18. Eric Joking At Rehearsals

(記:2012年3月 / 更新:2014年5月)


    AFTERGLOW / E.L.O. (1990)

CDの帯(初回プレス盤):アフターグロウ〜ELOアンソロジー / E.L.O.

Album Cover: Afterglow / E.L.O.   Afterglow / E.L.O.

これは"Afterglow"(残光、残照、余韻といった意味)と題された"E.L.O."の集大成とも言える3枚組みボックスセットで、収録曲は1971年のファーストアルバム"No Answer"(イギリスでのタイトルは"The Electric Light Orchestra")から1986年にリリースされた事実上のラストアルバムと言える"Balance of Power"の中から(つまりはこれまでにリリースされた全スタジオ・アルバムから)セレクトされています。

ファンにとって嬉しいのは、この期間にレコーディングされていたものの、アルバムには収録されなかったトラック(シングルのB面曲を含む)が未発表曲として収録されていることで、実際私もこれらの曲を目当てで買ったようなところがあります。ただ、現在ではこれらの未発表曲のいくつかは再発されたオリジナルアルバムにボーナストラックとして収録されています。なお、未発表曲(オリジナルアルバム未収録曲)は9曲が収録されています。

特徴的なのは、オリジナルアルバムに無音部分が無く繋がった形で収録されている曲の場合だと、この"Afterglow"にも同じようにアルバムに準じた形で収録されているということで、例えば、"Twilight"はオリジナルアルバムと同じく"Prologue"とメドレーになっていますし、同様に"So Fine"と"Livin' Thing"も曲に切れ目が無い形で収録されています。

その他にも、ベストアルバム等ではイントロ部分がカットされたシングルヴァージョンで収録されることも多い"Shine A Little Love"はアルバムヴァージョンで収録されているものの、"Mr. Blue Sky"はエンディングのパートがそっくりカットされたシングルヴァージョンで収録されていたり、オリジナルアルバムではエンディングの部分が"Epilogue"と繋がっている"Hold On Tight"と、エンディングの部分にアルバムのエピローグのようなパートが入っている"Rock 'N' Roll Is King"はどちらもシングルヴァージョンで収録されているといった特徴もあります。

又、"Roll Over Beethoven"はアルバムヴァージョンよりも更に1分程度長い8分を超えるヴァージョンが収録されているのも特筆すべき点のひとつではないかと思います。

なみに"Face the Music"に収録の"Waterfall"と"Strange Magic"はLP時代のオリジナルヴァージョン同様にイントロ部分もきちんと収録されています。何せ、この"Face the Music"がCD化された際は"Fire on High"をはじめ、この2曲の序曲的なイントロ部分はカットされていましたから当時はこのことだけで随分と嬉しかったですね。ただし、"Evil Woman"だけは、その序曲的なイントロ部分がカットされたヴァージョンが収録されています。

なお、このボックスセットは、ジャケットと同じデザインのスリップ・ケース(CDケース・カヴァー)に入っており、108ページの豪華ブックレットが特典として付いています。そして、この日本盤には、"Confusion"、"Last Train to London"、"Calling America"の3曲が追加されているので、全50曲(トータルタイムは3時間44分)というけっこうなヴォリュームになっています。ただ、権利関係の問題なのか、サウンドトラックの"Xanadu"からは1曲も選曲されていません。

Afterglow / E.L.O.  Afterglow / E.L.O.

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. 10538 Overture / 2. Mr. Radio / 3. Kuiama / 4. In Old England Town (Boogie #2) / 5. Mama / 6. Roll Over Beethoven / 7. Bluebird Is Dead / 8. Ma-Ma-Ma Belle / 9. Showdown / 10. Can't Get It Out My Head / 11. Boy Blue / 12. One Summer Dream / 13. Evil Woman

[Disc 2]: 1. Tightrope / 2. Strange Magic / 3. Do Ya / 4. Nightrider / 5. Waterfall / 6. Rockaria! / 7. Telephone Line / 8. So Fine / 9. Livin' Thing / 10. Mr. Blue Sky / 11. Sweet Is The Night / 12. Turn To Stone / 13. Sweet Talkin' Woman / 14. Steppin' Out / 15. Midnight Blue / 16. Don't Bring Me Down / 17. Confusion [Japan Only Bonus Track] / 18. Last Train to London [Japan Only Bonus Track]

[Disc 3]: 1. Prologue / 2. Twilight / 3. Julie Don't Live Here / 4. Shine A Little Love / 5. When Time Stood Still / 6. Rain Is Falling / 7. Bouncer / 8. Hello My Old Friend / 9. Hold On Tight / 10. Four Little Diamonds / 11. Mandalay / 12. Buildings Have Eyes / 13. So Serious / 14. A Matter Of Fact / 15. No Way Out / 16. Getting To The Point / 17. Calling America [Japan Only Bonus Track] / 18. Destination Unknown / 19. Rock 'N' Roll Is King

• Disc 3 (Tracks 3, 5, 7 ,8 ,11 ,12 ,14 ,15 ,18): Previously Unreleased in Japan.

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年3月 / 更新:2015年11月)


    THE VERY BEST LIVE / ALAN PARSONS (1995)

CDの帯(初回プレス盤):ザ・ベリー・ベスト・ライブ / アラン・パーソンズ

Album Cover (front): The Very Best Live / Alan Parsons
アラン・パーソンズ初のライヴアルバムがこの「The Very Best Live / ザ・ベリー・ベスト・ライブ」。残念ながらアラン・パーソンズ・プロジェクトとしてのライヴではありませんが、収録曲は全てがアラン・パーソンズ・プロジェクト時代の代表曲を中心とした楽曲で占められており、ファンにとっては嬉しいところです。何たってオープニングは"Sirius 〜 Eye in the Sky"ですからね。

とは言っても、スタジオワーク・オンリーのユニットとも言えるアラン・パーソンズ・プロジェクト時代からライヴを殆んどやらないことで有名なアラン・パーソンズでしたから、実際のところ、まさかライヴアルバムがリリースされようとは思ってもみなかったので、当時、CDショップでたまたまこのアルバムを見つけた時には驚くというよりも意表を突かれた感じでしたね。収録されているのは1994年の5月に行われたヨーロッパツアーだとブックレットに記載されていますが、流石プロデューサーとしても名を馳せるアラン・パーソンズだけあって、音質がとても良くて、スタジオ盤並みにしっかりとプロデュースされている印象です。

正直なところ、アラン・パーソンズのライヴと言われてもイメージ的にピンとこない部分もありましたが、実際に聴いてみると、これが又、実に良い感じなんですよね。ハードロックバンドの熱く熱狂的なライヴも良いのですが、このように安定感のある落ち着いたライヴもクールで良いですよね。

残念ながら、エリック・ウルフソン亡き今となっては、アラン・パーソンズ・プロジェクトの再始動も夢物語に終わってしまいましたが、それでも、こうしてエリック・ウルフソンとのコンビで生み出された作品(楽曲)を聴いていると、あたかも、そこにエリック・ウルフソンの姿があるかのようにも思えますし、ファンにとってはアラン・パーソンズ・プロジェクトのアルバムでお馴染みのイアン・ベアンソン(ギター)とスチュワート・エリオット(ドラムス)が参加しているライヴアルバムというのも嬉しいところ。

Album Cover (back): The Very Best Live / Alan Parsons CD Case (back cover): The Very Best Live / Alan Parsons Booklet: The Very Best Live / Alan Parsons

それにしても、まさか、"Eye In The Sky"や"Old And Wise"、"Prime Time"、"Limelight"、"Don't Answer Me"といった個人的に好きなこれらの楽曲のライヴ・ヴァージョンをこうして聴ける時がこようとはアラン・パーソンズ・プロジェクトのレコード盤を買ってた頃には想像だにしなかったですね。

曲ごとにヴォーカリストを選んでいたアラン・パーソンズ・プロジェクトなので、当然のことながらスタジオ盤とはヴォーカリストが違うという点があるものの、思いのほか違和感は感じませんでした。でも、これだけ素晴らしいサウンドを聴かされると、できることなら2枚組みにしてもらって、もっと色んな曲を聴いてみたかったと更なる欲が出てきたりもします。なお、アルバムの最後にはスタジオ録音による新曲が3曲収録されており、個人的には"Take The Money And Run"がけっこう気に入っています。

▼ こちらは1995年のライヴ(アルバムとは別音源)

Alan Parsons - Sirius / Eye in the Sky (Live 1995)
https://www.youtube.com/watch?v=4R0NWL0Ff_k

TRACK LIST
1. Sirius / 2. Eye In The Sky / 3. Psychobabble / 4. The Raven / 5. Time / 6. Luciferama / 7. Old And Wise / 8. You're Gonna Get Your Fingers Burned / 9. Prime Time / 10. Limelight / 11. Don't Answer Me / 12. Standing On Higher Ground / 13. When (Previously Unreleased) / 14. Take The Money And Run (Previously Unreleased) / 15. You're The Voice (Previously Unreleased)

1. 狼星(シリウス) / 2. アイ・イン・ザ・スカイ / 3. サイコバブル / 4. 大鴉 / 5. 時は川の流れに / 6. ルシフェラマー(ルシファー〜ママガンマ) / 7. オールド・アンド・ワイズ / 8. 火傷 / 9. プライム・タイム / 10. ライムライト / 11. ドント・アンサー・ミー / 12. 真実をみつめて / 13. ホエン(新曲) / 14. テイク・ザ・マネー・アンド・ラン(新曲) / 15. ユーアー・ザ・ヴォイス(新曲)

• Tracks 1-12: Recorded on Tour in Europe May 1994
• Tracks 13-15: Previously Unreleased Studio Recordings

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年4月 / 更新:2016年11月)


    JAPAN & SELF EXISTENCE - ミック・カーン自伝 [日本語版] / MICK KARN (2011)

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn


先日購入したのがこのミック・カーン本人の手による自伝。これがなんと500ページを超えるヴォリュームで、今はまだ100ページほどしか読んでいないのですが、出だしからけっこう赤裸々に語られており、この先が楽しみな反面、衝撃的なことが書かれているのではないかとちょっぴり不安でもあります。ということで、一気に読んでしまうことを多少ためらいながら、今はチビチビと恐る恐る読んでいます。

実はこの本を買って読み始めるまで誤解していたことがありました。それは、ミック・カーンが亡くなったのが2011年1月4日で、この自伝の日本語版が出版されたのが同年の7月ということから、てっきり彼の死が日本語版が出版された最大の理由なんだろうと勘繰っていたことです。でも、実際はこの本の翻訳者であり、中学生でジャパンの洗礼を受けたと語る中山美樹さんがミックの病気を知り、治療費を援助するために何かをしたいと始められたのが、2009年に英語版で出版されたこの自伝の日本語版を出版することだったとのこと。ということで、この日本語版は彼が亡くなる前から企画され進められていたものだったのです。ただ、原著で、387ページもあるこの自伝の翻訳は1年がかりの作業であったらしく、残念ながらその間にミックは亡くなってしまったというのが本当のところだったんですね。

それにしても、思い立って直ぐに、出版社へ企画を持ち込み、こうして実際に出版まで漕ぎ着けられたのだから、この方のその行動力には頭が下がりますし、そのおかげでこの本が読めることになったのですから、ほんと感謝したいですね。

この本には翻訳者のあとがきの他にも、特別に編集担当者のあとがきも加えられており、そこにはこの本が出版されることになった内情と経緯が紹介されています。これがけっこう興味深い内容で、例えば翻訳者の中山さんが最初にこの企画を持ち込まれたときは、同社の他部署で一度断られていたそうで、実際、この手の本はそれほど売れるものではないとのこと。

ただ、無事に出版されたこの本の編集担当者の方はジャパンとミックのファンだと文章内で自ら語られていることから、そういった経緯で再度この方のところへ中山さんから話が来たのかとも思ったのですが、経緯については語られていないので実際のところは分かりません。それでも、昨今は何事も数字優先の感情のないロボットのような企業ばかりといった印象ですから、こういったところから物事が始まったのであれば、まだまだ日本の企業も捨てたもんじゃないなと思えるのですが、実はこの話にはまだ続きがあります。

編集担当者の文を引用すると、「彼のためにもファンのためにもこの企画はぜひ実現したいと思いましたが、やはり制作費や利益を考えると、通常の方法では会社が許可しないのは目に見えています」。ということで、この方が出向いた先は、いきなり社長のところだったそうで、結果はその場で応援を約束してくれたそうです。実は、この編集担当者はそれまで知らなかったらしいですが、なんと社長も青春時代ジャパンに染まった一人だったとのこと。そして次の根回しに向かった先が取締役のところだったそうで、この取締役は社内の年末ライヴでメイクしてジャパンの曲を編集担当者と一緒に演奏した間柄とのことで、もちろん企画には賛成してくれたそうです。しかもミック役がこの取締役だったとなれば尚更でしょうね。ということで、採算性を考えると通常ではありえないこの企画が会議を通って出版。おまけに予算の中から可能な限りの金額が版権使用料として支払われたこと(多分遺族の方へ)も異例のことだったそうです。

といった日本語版が出版されるまでの経緯を踏まえつつも、冒頭でも述べたように、本文はまだ5分の1程度しか読んでいないのですが、翻訳者の「この本の中にミックはしっかりと生きています」という言葉が何となく実感できるような気がします。"Japan"のメンバーの中では一番陽気に見えたミック・カーンですが、実はとても繊細な心の持ち主だったのですね。

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn  Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn

CONTENTS
● はじめに ● 幼年期 ● 邂逅 ● 始動 ● 契約 ● クリスチャンの隣人たち ● トゥースマザーツアー ● 銀行の支店長 ● 『トゥース・マザー』 ● 謎のパイ ● 二〇〇五年九月の日記 ● セッション ● 幸運 ● ベース ● 一九七八年 ● 一九七九年 ● ライフ・イン・トウキョウ ● 厄介なオランダ人 ● ニューヨークの休日 ● アートについて 1 ● 不思議な一致 ● ブレインストーム ● 一九八〇年 ● 『孤独な影』 ● ミセスT ● 『ベスチャル・クラスター』 ● ロッシーナ ● ゲームプレイ ● デヴィッド・トーン ● 二〇〇五年十二月の日記 ● カシミール ● CMP対ミディアム ● ベスチャルクラスターツアー ● ガラパフォーマンス ● さらばイギリス ● 音楽仲間 ● サンフランシスコ ● 『心のスケッチ』 ● アートについて 2 ● 『ウェイキング・アワー』&『ドリームス・オブ・リーズン』 ● 五番目の男 ● フィナーレ ● 『イーチ・アイ・ア・パス』 ● 『レイン・トゥリー・クロウ』 ● 僕たちは今どこにいる?

NOTES
• 単行本(544ページ)
• 出版社:リットーミュージック
• 発売日:2011年7月25日(日本語版)
• 寸法:18 x 18 x 2.8cm (B5変形判)
• 価格:¥2,800+税(税込み¥3,024)

(記:2012年4月)


    GREATEST HITS / QUEEN (1981)

Album Cover (front): Greatest Hits / Queen

Album Cover (back): Greatest Hits / Queen


1981年にクイーン初のベスト・アルバムとしてリリースされたこの"Greatest Hits"は現在のところイギリス国内で最も売れたアルバムとされており、2012年3月末時点で586万枚のセールスを記録しています。又、UKチャートにおいてはトータルで400週間以上チャートインしていたという、とてつもないロングセラー記録をも残しています。イギリスの人口が約6千万人ということを考えると、この売り上げ枚数が如何に凄いものであるかが分かりますよね。ちなみに、アメリカ国内でも2006年に"RIAA"より正式に"8 platinum awards"の認定を受けています。

1981年にアナログ・レコードとして発売された当時は、"Greatest Hits"のリリースに先立って発売された先行シングル"Under Pressure (with David Bowie)"がA面のラスト(Save Meの後)に収録されており、実際は私も"Under Pressure"目的でこのレコードを買った記憶があるのですが、イギリス盤にはこの"Under Pressure"が含まれていなかったことを知るのはずっと後のことでした。ただ、この"Under Pressure"は次作の"Hot Space"にも収録されることとなり、CD化の際には日本でもこの"Greatest Hits"からは外されて、"Greatest Hits II"の方に収録されるようになっています。又、"Greatest Hits II"がリリースされて以降は、こちらのアルバムの方を"Greatest Hits I"と呼ばれることも多くなりました。

ということで、現行の"Greatest Hits"に収録されているのは、前年の1980年にリリースされたサウンドトラック盤の"Flash Gordon"までの期間にリリースされたアルバムからの曲となっています。ただ、ファースト・アルバムからは1曲も選曲されていません。なお、"Fat Bottomed Girls"のみシングル・ヴァージョンが収録されています。

ちなみに、私が持っているこのCDは、CD化された初期に買ったものなので、現在日本でリリースされているアルバムにボーナス・トラックとして収録されている"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"は収録されておらず、全17曲という構成です。そしてCDの裏には3,200円という当時の発売価格も表示されています。当時は新譜、旧譜を問わず、CDの価格は概ねコレくらいが普通でしたが、今は随分と安くなりましたね。

なお、この"Greatest Hits"は、英(1位)、米(14位)を記録していますが、アメリカではフレディが亡くなった翌年の1992年にリリースされた再発盤(11位)が、大きく売り上げを伸ばしたようで、その再発盤だけで150週以上もの間チャートインしていたとのこと。

TRACK LIST
1. Bohemian Rhapsody / 2. Another One Bites The Dust / 3. Killer Queen / 4. Fat Bottomed Girls / 5. Bicycle Race / 6. You're My Best Friend / 7. Don't Stop Me Now / 8. Save Me / 9. Crazy Little Thing Called Love / 10. Somebody To Love / 11. Now I'm Here / 12. Good Old-Fashioned Lover Boy / 13. Play The Game / 14. Flash / 15. Seven Seas Of Rhye / 16. We Will Rock You / 17. We Are The Champions

1. ボヘミアン・ラプソディ / 2. 地獄へ道づれ / 3. キラー・クイーン / 4. ファット・ボトムド・ガールズ / 5. バイシクル・レース / 6. マイ・ベスト・フレンド / 7. ドント・ストップ・ミー・ナウ / 8. セイヴ・ミー / 9. 愛という名の欲望 / 10. 愛にすべてを / 11. 誘惑のロックン・ロール / 12. 懐かしのラヴァー・ボーイ / 13. プレイ・ザ・ゲーム / 14. フラッシュのテーマ / 15. 輝ける7つの海 / 16. ウィ・ウィル・ロック・ユー / 17. 伝説のチャンピオン

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年4月)


    GREATEST HITS II / QUEEN (1991)

CDの帯(初回プレス盤):グレイテスト・ヒッツ VOL.2 / クイーン

Album Cover: Greatest Hits II / Queen   CD: Greatest Hits II / Queens

1991年に発売されたこの"Greatest Hits II"(アメリカ未発売)はフレディが亡くなる1ヶ月前にリリースされたものでした。ということで私がリリース当時に購入したこのCDの帯や解説にもフレディの死については当然のことながら記されていません。今となってはそこがまたひとつの思い出にもなっている感じですが、当時はまさか翌月にあんなことが起きるとは勿論、想像だにしなかったですよね。

先の"Greatest Hits"はイギリスで最も売れたアルバムとされていますが、実は"Greatest Hits II"もイギリスのベストセラーランキングのトップ10に記録されています(2012年3月末時点で388万枚の売り上げを記録して第10位)。ちなみにこの"Greatest Hits II"はヨーロッパや南米を中心とした多くの国々でもベストセラーを記録しており、スイス、オランダ、フィンランド、スペインで、それぞれ"5 platinum awards"。ドイツ、オーストリアで、それぞれ"4 platinum awards"。スウェーデンで、"Platinum award"。ブラジルで、"2 platinum awards"。更には、フランスとアルゼンチンでは共に"Diamond award"と、こちらも又、物凄い数字を残しています。これらの国々の数字を見れば、サッカーの競技場でクイーンの楽曲が好んで使われるのも頷けます。

当時は収録されている曲は全てオリジナルアルバムで持っていたので、特別コレを買う必要性も無かったのですが、実際は"I Want it All"、"I Want to Break Free"、"Hammer to Fall"、"One Vision"といった曲はシングルヴァージョンで収録されていた為、嬉しかったことを覚えています。ただ曲順に関しては、"Friends Will Be Friends"、"The Show Must Go On"と、同タイプの2曲が続いていることに多少違和感がありましたし、何かしらの意図があるにしても、"One Vision"がラストというのはどうも締まりが悪いなと思ったりもしましたね。

なお、付属の20ページのオールカラーブックレットには、収録曲それぞれのシングル盤ジャケット写真と併せて楽曲の解説が記載されています。

TRACK LIST
1. A Kind Of Magic / 2. Under Pressure / 3. Radio Ga Ga / 4. I Want It All / 5. I Want To Break Free / 6. Innuendo / 7. It's A Hard Life / 8. Breakthru / 9. Who Wants To Live Forever / 10. Headlong / 11. The Miracle / 12. I'm Going Slightly Mad / 13. The Invisible Man / 14. Hammer To Fall / 15. Friends Will Be Friends / 16. The Show Must Go On / 17. One Vision

1. カインド・オブ・マジック / 2. アンダー・プレッシャー / 3. RADIO GA GA (ラジオ) / 4. アイ・ウォント・イット・オール / 5. ブレイク・フリー (自由への旅立ち) / 6. イニュエンドウ / 7. 永遠の誓い / 8. ブレイクスルー / 9. リヴ・フォーエヴァー / 10. ヘッドロング / 11. ザ・ミラクル / 12. 狂気への序曲 / 13. インヴィジブル・マン / 14. ハマー・トゥ・フォール / 15. 心の絆 / 16. ショウ・マスト・ゴー・オン / 17. ONE VISION -ひとつだけの世界-

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

(記:2012年4月 / 更新:2015年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 12 Navigation Part 13   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.