Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 11
01. PSYCHO CIRCUS 「サイコ・サーカス」 / KISS (1998)
02. PSYCHO CIRCUS 3-D VIDEO / KISS (1998)
03. FAREWELL TOUR 1973 - 2001 TOURBOOK 「ツアーパンフレット」 / KISS (2001)
04. MUMBO JUMBO / AIR SUPPLY (2010)
05. BURLESQUE 「バーレスク」 (SOUNDTRACK) / CHRISTINA AGUILERA & CHER (2010)
06. SWEETHEART OF THE SUN / THE BANGLES (2011)
07. ASSEMBLAGE / JAPAN (1995)
08. THE SINGLES / JAPAN (1996)
09. THE VERY BEST OF [DVD] / JAPAN (2006)
10. GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 「孤独な影」 / JAPAN (1980)
    PSYCHO CIRCUS 「サイコ・サーカス」 / KISS (1998)

Album Cover: Psycho Circus / KISS
ついにというか、来るべき時が来たというか、'96年に再びメイクを施したオリジナルメンバーでファンの前に帰ってきた"KISS"。勿論、"KISS"はデビューから一度も解散することなく、何度かのメンバーチェンジはありながらも、ずっと活動を続けていたわけですが、'83年にリリースされた"Lick It Up"で初めて素顔を公表してからは、メイクを封印して素顔でバンド活動を行っていました。

最大の売りとも言えるメイク無しで活動することについては疑問視するというか、バンドの存続さえ危ぶむ声も一部にはあったようですが、そんな否定的な声をよそに、その後にリリースされたアルバムも常にチャートの上位にランクするといったように、ノーメイク時代も安定した人気を誇っていました。更にはメイク時代と違い、それまで振るわなかったイギリスでのチャートでも上位にランクするようになっていましたから、裏を返せば、最大の特徴であるあのメイクを逆に敬遠していた人々がイギリスには意外と多かったのかもしれません。

そんなことから、メイクを取ったおかげで、純粋にサウンドを評価されるようになったとも言えるのですが、それは"KISS"が音楽的にも魅力のあるバンドであったという証でもあります。まぁ、肝心の音楽がつまらなければ、これだけ長きに渡ってトップクラスのバンドとして君臨し続けることなんて不可能ですからね。

一応、ノーメイクで活動していた時代にリリースされたアルバムのチャート記録を記しておくと、

• Lick It Up (1983) - 米 24位 / 英 7位
• Animalize (1984) - 米 19位 / 英 11位
• Asylum (1985) - 米 20位 / 英 12位
• Crazy Nights (1987) - 米 18位 / 英 4位
• Hot In The Shade (1989) - 米 29位 / 英 35位
• Revenge (1992) - 米 6位 / 英 10位
• Alive III (1993) - 米 9位 / 英 24位

そして、シングルでは、アルバム"Crazy Nights"に収録の"Crazy Crazy Nights"(英 4位)、アルバム"Hot In The Shade"収録の"Forever"(米 8位) 、アルバム"Revenge"に収録の"God Gave Rock And Roll To You II"(英 4位)、といったトップ10に入るヒット曲も生まれています。

ちなみに、この「Psycho Circus / サイコ・サーカス」はといえば(米 3位 / 英 47位)を記録しています。再び'70年代のようにアメリカとイギリスではチャート成績に開きがありますが、それでもイギリスでのライヴは大成功だったようなので、以前とは捉えられ方も多少違ってきた印象がありますね。なお、その他の国々では、オーストラリア(1位)、カナダ(2位)、ドイツ(5位)、ノルウェー(4位) 、スウェーデン(1位)をそれぞれ記録しています。

Paper CD Case (front): Psycho Circus / KISS   CD: Psycho Circus / KISS   Paper CD Case (back): Psycho Circus / KISS

さて、この"Psycho Circus"、相当な意気込みを持って制作されたであろうことは想像に難くないですが、実際良くできたアルバムだと思います。特にジーンが作った"Within"や"Journey of 1,000 Years"といった曲は、'70年代の"Love Gun"や、'80年代の"Animalize"にあった、片手間というか、惰性で作ったような印象のある曲に比べれば格段に素晴らしいですし、ソングライター、ジーン・シモンズとしての面目躍如といった感じでもあります。アルバム全体を通した印象としてはタイトルトラックの"Psycho Circus"や"Raise Your Glasses"といったポールが書いた曲、それに先に述べたジーンの2曲といった具合に核となる楽曲が要所を締めている所為で、'70年代の代表作である"Destroyer"のような大作感があります。実際、ポール自身も'90年代版"Destroyer"と語ってましたしね。

欲を言えば、折角オリジナルメンバーが揃ったのだから、エースとピーターの曲が2曲ずつくらいあってもよかったのではという気もしますが、それでもアルバムには"KISS"の特徴ともいえるメンバー全員のヴォーカル曲が収録されていますし、おまけに4人が交互にヴォーカルとる曲もあったりと、オリジナルラインナップならではの魅力というか魔力みたいなものはありますね。個人的にはエースのトリビュートアルバムに収録されていたエースの曲"Take Me to the City"も再録音で収録されていたら嬉しかったんですけどね。

Album Cover (back): Psycho Circus / KISS   日本盤のカヴァー:サイコ・サーカス / KISS

実は意外と面白いのが収録曲の歌詞で、"KISS"というバンドと自分達自身のことを題材にして作られたものが多くを占めており、けっこう興味深い内容です。失礼ながら"KISS"の曲といえば、以前は歌詞なんてどうでもいいような感じで捉えていましたし、歌詞に興味を持つなんてことも殆んどなかったですからね。

このアルバム"Psycho Circus"がリリースされた当時は久しぶりに"KISS"のアルバムを繰り返し聴くという日々が続いたのですが、残念ながらオリジナルメンバーによる再結成を果たした後にこの4人名義で制作されたアルバムは結局この1枚だけとなってしまいました。

アメリカでは見る角度を変えると図柄が変化するという3D仕様のジャケットでリリースされましたが、日本では観音開きのジャケットを開ければ実際に飛び出たピエロが顔を出すという独自の3D仕様でリリースされました。しかも"KISS"のロゴ部分にはエンボス加工が施され、更にはジャケットの表と裏の全面を覆うカヴァーが帯の代わりに付けられていたりと、けっこう凝った作りです。ただ、コレ、通常のCDプラケースより一回り大きいサイズなので、普通のCDラックでは縦幅が足りず入らないんですよね。それならばとDVDラックに入れようとしたら今度は奥行きが足らずと、収納するのにはちょっと厄介な代物ではあります。

ちなみに、CDには"CD-Extra"として、"KISS"のスクリーン・セイバーが収録されています。

日本盤のカヴァー:サイコ・サーカス / KISS   3Dジャケット+CDケース+ブックレット:Psycho Circus / KISS

▼ こちらはフェアウェルツアーでのお土産に買った缶バッチ

缶バッチ:Psycho Circus / KISS

▼ Kiss - Psycho Circus (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=BWIW6Ti0PbE

▼ Kiss - Within
https://www.youtube.com/watch?v=qwLKcc6PO84

▼ Kiss - Journey Of 1,000 Years
https://www.youtube.com/watch?v=ka3LBrPQX5s

KISS - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Ace Frehley (エース・フレーリー) - Vocals, Lead & Rhytthm Guitar
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Vocals, Lead & Rhytthm Guitar
• Peter Criss (ピーター・クリス) - Vocals, Drums
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Vocals, Bass

TRACK LIST (Japanese Edition)
1. Psycho Circus / 2. Within / 3. I Pledge Allegiance To The State Of Rock & Roll / 4. Into The Void / 5. We Are One / 6. You Wanted The Best / 7. Raise Your Glasses / 8. I Finally Found My Way / 9. Dreamin' / 10. Journey Of 1,000 Years / 11. In Your Face [Japan Only Bonus Track]

1. サイコ・サーカス / 2. ウィズイン / 3. ザ・ステイト・オブ・ロックン・ロール / 4. イントゥ・ザ・ヴォイド / 5. ウィ・アー・ワン / 6. ユー・ウォンテッド・ザ・ベスト / 7. ライズ・ユアー・グラセス / 8. アイ・ファイナリー・ファウンド・マイ・ウェイ / 9. ドリーミン / 10. ジャーニー・オブ・1,000イヤーズ / 11. イン・ユア・フェイス(日本盤のみのエクストラ・トラック)

[Extra]: CD-ROM Data

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初回限定スペシャル・パッケージ) [Japanese First Pressing CD / Limited Edition]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年9月 / 更新:2017年7月)


    WE ARE ONE - PSYCHO CIRCUS 3-D VIDEO / KISS (1998)

We Are One - Psycho Circus 3-D Video Limited Edition (VHS+CD) / KISS

We Are One - Psycho Circus 3-D Video Limited Edition (Mini Poster) / KISS

We Are One - Psycho Circus 3-D Video Limited Edition (3-D Glasses) / KISS

We Are One - Psycho Circus 3-D Video Limited Edition (VHS) / KISS

これは"Psycho Circus"の3-D ビデオクリップ(VHSテープ)と"We Are One"のシングルCDがカップリングされたもので、箱の中にはキッスのロゴ入り3-Dメガネも同封されています。

パッケージに含まれるCDはアルバムと同サイズのマキシシングルで、収録されているのは"We Are One"のシングルエディットとアルバムヴァージョン、それにアルバム"Psycho Circus"の日本盤にのみボーナストラックとして収録されていた"In Your face"と、"Psycho Circus"(アルバムヴァージョン)の4曲です。

なお、CDはピクチャー仕様で、歌詞カード(日本語訳付き)の裏側はミニポスターになっているというサービス精神旺盛な実にキッスらしい商品となっています。

3-Dのビデオクリップに関して言えば、映像ではしきりに煽っているものの、言われてみれば何となく飛び出して見えるといった程度で、オ〜ッと驚くようなものではありませんが、それなりには楽しめます。ちなみにパッケージも3-D メガネで見ると立体的に見えるんですよ。

TRACK LIST
[VHS]: 1. Psycho Circus (Video Clip / 3-D Version) / 2. Psycho Circus (Video Clip / Normal Version)

[CD]: 1. We Are One (Edit) / 2. We Are One (Album Version) / 3. In Your Face / 4. Psycho Circus

CD: We Are One - Psycho Circus 3-D Video Limited Edition / KISS   CD Case (back cover): We Are One - Psycho Circus 3-D Video Limited Edition / KISS

(記:2011年10月 / 更新:2013年7月)


    FAREWELL TOUR 1973-2001 TOURBOOK 「ツアーパンフレット」 / KISS (2001)

Farewell Tour 1973-2001 Tourbook (front) / KISS   Farewell Tour 1973-2001 Tourbook (back) / KISS

オリジナルメンバーによるリユニオンツアーでは、一部にあった冷ややかな反応をよそに、ツアーは大成功を収め、長者番付で有名な経済紙フォーブスの表紙を飾るなど、順風満帆という言葉以上の劇的な再スタートを切った"KISS"でしたが、内部の状態は決して順風満帆とはいってなかったようです。

結果的に、再び起きた亀裂はもはや修復不能となったのか、彼らが選択したのは、絶頂期に惜しまれつつ解散するという道でした。しかし解散を表明した後に行われたさよならコンサートとも言えるフェアウェルツアーでは、ツアー途中でピーターがグループを離脱したりと、最後の花道さえも飾るのが困難なのかともいえる状況に、私自身も、これはもう本当にダメなんだなと悟ったりもしました。

そして迎えたフェアウェルツアーの日本公演。キッスのライヴを生で見るラストチャンスと思った私は、その姿をこの目に焼き付けておこうと何とか前売りチケットを確保してライヴに出かけたのでありましたが、先に記したとおりにオリジナルメンバーのピーター・クリスがツアー半ばでグループを離れてしまった為、日本公演は素顔で活動していた時代の元メンバーであるエリック・シンガーが急遽代役のドラマーとして召集された形で行われました。

Farewell Tour 1973-2001 Ticket / KISS  Farewell Tour 1973-2001 Ashtray / KISS

本当はピーターが歌う"Beth"や"Black Diamond"を最後に生で聴きたかったとの思いも少なからずあったのですが、逆にエリックがいたからこそツアーが続行できたとも言える訳で、当時は多少複雑な心境でしたね。メンバー紹介時に「ピーターじゃなくてゴメンネ」とでも言っているかのように両手を合わせてお辞儀をしていたエリック・シンガーの姿が印象的でした。

Farewell Tour 1973-2001 Tourbook (inside) / KISS いや〜それにしても豪華なツアーパンフだこと。紙も雑誌のようなペラペラしたものではなく、厚みのある紙が使用されているし、フェアウェルツアーということでの豪華仕様だったんでしょうかね? なお、表紙の上部にある"KISS"ロゴ部分はくり抜き加工がされているという凝りようで、又、ページ中央部には急遽ツアーに加わったエリックのメッセージ付きサイン入り写真も一枚挟み込まれています。そして、最後のツアーということで総括の意味もあったのか、パンフ内部には年代ごとの写真に加え、これまでに行った全公演のデータが記載されており、正にフェアウェルツアーならではのツアーパンフとなっています。

結局は、絶頂期に惜しまれつつ解散するというシナリオを破棄して、メンバーの変更はあっても今後も活動を続けることを表明したキッスでしたが、その後も暫くはドタバタ劇は収まらず、再びピーターがグループに復帰するも、今度はエースが離脱、そしてまたもやピーターが去るといった具合に混沌とした状況が続いていました。

現在はポール、ジーン、エリック、トミーの4人という体制で安定しているようですが、それでも現メンバーのエリックとトミーがピーターとエースのメイクをすることに快く思わないファンや、逆にエリックとトミーに対して失礼だと思うファンがいたりと、ファンの間でも様々な感情が入り乱れている部分もあるようですね。

それでもキッスというバンドが活動を続けるということに対しては好意的に捉えるファンが多いようで、2008年に行われたロシアや旧ソ連のラトビアを含む大規模なヨーロッパツアーでは、1枚あたりの平均額が1万円を超えるという高額なチケット代にもかかわらず、30公演で468,700人(1公演平均15,623人)を動員するなど、興行の世界も厳しいと言われる昨今でも、キッスのライヴは依然としてトップクラス人気を誇るものであることを証明するものでもありました。ちなみに、このヨーロッパツアーで一番狭い会場だったのは、6,500人を集めたルクセンブルグ公演の会場だったそうですが、私の住んでいる街には6,500人も収容できるホールはありません。(笑)

そして、翌年の2009年に行われた南米ツアーでは、サンディエゴ / チリ公演(19,000人)、ブエノスアイレス / アルゼンチン公演(54,000人)、サンパウロ / ブラジル公演(30,000人)、リオデジャネイロ / ブラジル公演(25,000人)、ボゴタ / コロンビア公演(50,000人)、リマ / ペルー公演(35,000人)、カラカス / ベネズエラ公演(15,000人)といった観衆の前でプレイするなど、こちらも又、世界的な不況もなんのそのといった感じで大成功のツアーだったようです。逆に言えば、そんな世の中だからこそ、ほんの僅かな時間だけでも現実を忘れて楽しみたいという人達が多かったのかもしれませんね。それでも、どちらかと言えばアメリカに好意的ではない国が多い南米で、アメリカを象徴するようなバンドであるキッスが受け入れられているというのは何とも不思議です。


こちらは"Rock and Roll All Nite"で大量に舞う紙吹雪の中から一枚を記念に拾って持ち帰ったもので、 サイズは縦が1.9cmで横が5.2cmです。

(記:2011年12月 / 更新:2015年2月)

コンサート会場で使用された紙吹雪用の紙 / KISS

    MUMBO JUMBO / AIR SUPPLY (2010)

Album Cover: Mumbo Jumbo / Air Supply
プログレ的展開を見せる異色のトラック、"Setting the Seen"で幕を開けるこの"Mumbo Jumbo"。 とは言っても、アルバム全体の印象としては、オープニングトラックのSetting the Seen"を含め、2、3曲は多少異色な雰囲気があるものの、その他は親しみ易いメロディーラインを持った楽曲が揃っており、ベテラングループならではの安心感があります。

それに、異色なトラックが含まれているとは言っても、過去にリリースされたアルバム"The Earth Is"でもプログレ的アプローチは見られたので、そういった意味では異色のトラックと述べたそれらの楽曲も特段風変わりというわけではないのかもしれません。

ただ、寸分の隙も無くカチッと作ってある印象があったこれまでのエア・サプライ・サウンドと比べると、この"Mumbo Jumbo"ではそうした作り込み感はあまり感じられず、どどちらかと言えばライヴサウンドに近い多少ラフな印象があります。とは言っても、そのようなサウンドアプローチが気に入らないということではなく、そうしたサウンドの変化が感じられるということだけで、実際このアルバムは今でも良く聴いています。

それにしてもけっこう良い曲が揃っていますね。軽快な楽曲が多く収められており、ギターサウンドもこれまでに比べてロック色も増した感じですが、その分バラードタイプの曲が一層引き立っている印象です。おまけにバラードタイプの4曲、"Hold On"、"Why"、"Can I Be Your Lover"、"Until"はそれぞれ楽曲のスタイルが違うのでアルバムにも幅が感じられます。

"Setting the Seen"、"Mumbo Jumbo"、"Lovesex"といった異色の3曲はちょっと苦手であまり聴かないのですが、上記のバラード3曲と、ジャジーな"I Won't Let It Get in the Way"、それにソフトロックタイプの"Dance with Me"、"A Little Bit of Everything"、"Alternate Ending"、"Faith in Love"、といった曲が個人的にはお気に入り。

CD: Mumbo Jumbo / Air Supply   Booklet: Mumbo Jumbo / Air Supply   Digipaks + Booklet: Mumbo Jumbo / Air Supply

残念ながら今のところ日本盤はリリースされていませんが、それでもベテラングループ(現在はデュオ)が現在もこうして活動を続け、アルバムをリリースしてくれるのは嬉しいですね。

▼ Air Supply - Hold On
https://www.youtube.com/watch?v=OzFqDuSD6cI

▼ Air Supply - Hold On (Live at Buenos Aires, 21/10/2010)
https://www.youtube.com/watch?v=c7BzDgljJzw

▼ Air Supply - Until (Live at São Paulo, Brazil)
https://www.youtube.com/watch?v=gcoSbplxVTA

■ おまけ("Goodbye"は、このこのアルバムの収録曲ではありません)
いや〜、以前にもエア・サプライの記事で同じことを書きましたが、それにしても、私も大好きなこの曲、南米ではもの凄く愛されていることを改めて再確認。

▼ Air Supply - Goodbye (Live at Buenos Aires, 21/10/2010)
https://www.youtube.com/watch?v=ZF3B-mc7H2o

TRACK LIST
1. Setting The Seen / 2. Dance With Me / 3. A Little Bit Of Everything / 4. Hold On / 5. A Little Bit More / 6. Alternate Ending / 7. I Won't Let It Get In The Way / 8. Why / 9. Me Like You / 10. Mumbo Jumbo / 11. Faith In Love / 12. Can I Be Your Lover / 13. Lovesex / 14. Until

(記:2011年12月 / 更新:2017年7月)


    BURLESQUE 「バーレスク」 (SOUNDTRACK) / CHRISTINA AGUILERA & CHER (2010)

CDの帯(初回プレス盤):バーレスク (サウンドトラック) / クリスティーナ・アギレラ & シェール

Album Cover: Burlesque (Soundtrack) / Christina Aguilera & Cher
こちらはクリスティーナ・アギレラ初出演映画「Burlesque / バーレスク」のサウンドトラック盤で、アルバムはアギレラとシェールの楽曲で占められています。全10曲と、CDの収録曲数にしてはやや少なめながらも、全曲が新曲ということもあり、特段、物足りなさを感じることはありませんし、埋め合わせ的な曲でお茶を濁されることを考えたら、このように必要な楽曲だけに絞り、凝縮された形でリリースされて良かったと思います。まぁ、そんなこんなで、アギレラのアルバムとしても十分楽しめる内容です。

アルバムはアギレラの楽曲8曲+シェールの楽曲2曲で構成されています。個人的にはアギレラの新曲目的で購入したのですが、どうしてどうしてシェールの楽曲も魅力的。流石にオスカーとグラミーを受賞した実績は伊達じゃないですね。又、そういった点では正に新旧の実力者エンターテイナー二人による夢の競演といった印象ですね。


Booklet: Burlesque (Soundtrack) / Christina Aguilera & Cher アギレラの新曲に関しては、オリジナル4曲+クラシックソングのカヴァー4曲という内訳ですが、イメージとしてはどちらもこれぞアギレラワールドといった感じで、オリジナルとカヴァーの垣根が全く感じられない程に、アルバムでは一体感が感じられます。

サウンドの方向性(アギレラ)としては、前々作"Back to Basics"のエッセンスに前作"Bionic"のフレバーを加えたといった感じで、賛否が分かれた"Bionic"も結果的にはその経験が重要な過程であったことが証明されたという印象。果たして、この先アギレラサウンドは成熟された方向へと進むのだろうか? それとも又々大胆な試みを見せるのであろうか? まぁ、どちらにしても、次作がほんと楽しみです。

▼ Christina Aguilera - Something's Got a Hold On Me
https://www.youtube.com/watch?v=TZFQgqhNoEI

▼ Cher - You Haven't Seen the Last of Me
https://www.youtube.com/watch?v=LD7UtPtyuV8

TRACK LIST
1. Something’s Got A Hold On Me / 2. Welcome To Burlesque / 3. Tough Lover / 4. But I Am A Good Girl / 5. Guy What Takes His Time / 6. Express / 7. You Haven't Seen The Last Of Me / 8. Bound To You / 9. Show Me How You Burlesque / 10. The Beautiful People (from Burlesque)

1. サムシングス・ガット・ア・ホールド・オン・ミー / 2. ウェルカム・トゥ・バーレスク / 3. タフ・ラヴァー / 4. バット・アイ・アム・ア・グッド・ガール / 5. ガイ・ワット・テイクス・ヒズ・タイム / 6. エクスプレス / 7. ユー・ハヴント・シーン・ザ・ラスト・オブ・ミー / 8. バウンド・トゥ・ユー / 9. ショウ・ミー・ハウ・ユー・バーレスク / 10. ザ・ビューティフル・ピープル(from バーレスク)

• Christina Aguilera (1, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10)
• Cher (2, 7)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2010年12月 / 更新:2017年7月)


    SWEETHEART OF THE SUN / THE BANGLES (2011)

Album Cover: Sweetheart of the Sun / The Bangles
この"Sweetheart of the Sun"は、"The Bangles"の復活第二弾となるアルバムなのですが、時が経つのは早いもので、前作の復活アルバム"Doll Revolution"から実に8年振りということになるんですね。

前作と違うのは、ファンも多いマイケル・スティール(Bass & Vocals)が脱退したためにバンドが3人組となったことで、その点ではやはり残念ではあるのですが、アルバムの出来としてはとても良いと思います。

実は、昨年買ったアルバムの中ではこの"Sweetheart of the Sun"が一番のお気に入りでした。前作の"Doll Revolution"も今も良く聴いている位に気に入っているのですが、'80年代の全盛期に比べて、復活後はサウンドにバンド感が増した印象で、そこが又良いんですよね。やっぱり、彼女達自身はバンドでありたかったということが感じさせられる2枚のアルバムです。

残念ながら日本での国内盤はリリースされなかった為、輸入版を購入するしかなかったのですが、アルバムは厚紙のジャケット台紙にプラスティック製のトレーを貼り付けたデジパック仕様となっています。輸入版なので、歌詞カードが無いだろうなとは思っていたものの、せめてブックレットぐらいは付けて欲しかったのですが、それも無し。それでもこうして肝心の音楽を届けてくれたことは、やはり何物にも代え難いことですよね。'60年代っぽい色調のジャケット写真もサウンドにマッチしていてイイ感じ。

私は、折角だからと、限定盤の方を購入したのですが、ボーナストラック2曲が加えられているという以外はジャケット等にも特別違いは無いようですね。ジャケットにクレジットされている収録曲名もオリジナルのままですし。ちなみにボーナストラックはアルバム収録曲である"Through Your Eyes"と"What A Life"のアコースティック・ヴァージョンです。

6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles  6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles  6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles

ボーナストラックを除けば、全12曲と昔のLPレコードと同程度のボリュームですが、個人的にはつまらない楽曲を埋め合わせ的に収録されるよりも、このように凝縮された形でリリースされて良かったと思います。実際、レコード時代のアルバムに物足りなさを感じることはありませんし。

個人的に好きな曲は、オープニングの"Annalee (Sweetheart Of The Sun)"と"Mesmerized"。この2曲は'60年代風のコーラス・ハーモニーが特に気に入ってます。"Annalee (Sweetheart Of The Sun)"はスザンナ・ホフスのリードヴォーカル曲で、"Mesmerized"でのリードヴォーカルはヴィッキーとデビーのピーターソン姉妹です。ただ、クレジットに記載されてはいるから分かるものの、正直ヴィッキーとデビーの声の違いは姉妹ということもあってか聴き分けにくい時がありますよね。そして、スザンナのヴォーカル曲、"Under a Cloud"と、ファーストシングルの"I'll Never Be Through with You"、それに、ヴィッキーのヴォーカル曲、"Circles in the Sky"と"Lay Yourself Down"も同等に気に入ってます。いやいや、ロックバンドらしいアップテンポの"Ball 'N' Chain"や"Sweet and Tender Romance"、トッド・ラングレンのカヴァー"Open My Eyes"(渋い選曲)も中々良いし、牧歌的な"Through Your Eyes"もアルバムの構成を考えると外せない感じだし、ほんと良い曲が多く収められており、アルバムのクオリティーは高いです。

本当はこういったアルバムが売れて欲しいのですが、残念ながら現在の市場ではこれまた前作同様それほど売れることもないんでしょうかね。ただ、その分と言っては何なのですが、ライヴ活動は精力的に行っているようなので、がんばって活動を続けて欲しいところです。個人的には、'80年代よりも明らかにファン度は増しているんですけどね。

6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles   Promo Sticker: Sweetheart of the Sun (Barnes & Noble Exclusive) / The Bangles   6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles

▼ The Bangles - Anna Lee (Sweetheart of the Sun) [Studio]
https://www.youtube.com/watch?v=-k6crebZw3c

▼ The Bangles - Anna Lee (Sweetheart of the Sun) [Acoustic Live]
https://www.youtube.com/watch?v=J8ky-uJnh84

TRACK LIST 「限定盤 2ボーナストラック」 (Barnes & Noble Exclusive Version)
1. Anna Lee (Sweetheart Of The Sun) / 2. Under A Cloud / 3. Ball & Chain / 4. I Will Never Be Through With You / 5. Mesmerized / 6. Circles In The Sky / 7. Sweet and Tender Romance / 8. Lay Yourself Down / 9. One Of Two / 10. What A Life / 11. Through Your Eyes / 12. Open My Eyes
[Bonus Tracks]
13. Through Your Eyes (Acoustic Version) / 14. What A Life (Acoustic Version)

(記:2012年1月)


    ASSEMBLAGE / JAPAN (1995)

CDの帯(初回プレス盤):アセンブラージュ / Japan

Album Cover: Assemblage / Japan
この"Assemblage"は、'81年にイギリスでリリースされた同タイトルの1枚物コンピレーションアルバムを2枚組みにした日本独自の企画盤です。

「Disc 1」はイギリスと同一の選曲によるもので、「Disc 2」がオリジナルアルバム未収録のライヴ音源とリミックスヴァージョンという構成になっています。

特典としてポストカードが5枚が封入されていますが、メンバーが写っているのは1枚だけで、残りの4枚はアート的なイメージ写真 です。それとケースは、通常のケースが2つ合わさったような形のダブルケースが使われているので、厚み(23mm)があり、2枚組みだぞ〜といった存在感があります。昔は2枚組みといえばほぼこの形のケースに入っていたのですが、最近では見かけなくなりましたね。特徴としては左側のヒンジ部分が内側にある構造であることから、表面全体がジャケット部分になっていることで、そのようなこともあって、ジャケットは通常タイプのような正方形ではなく、横幅の方が長い長方形になっています。

収録曲の中からオリジナルアルバム未収録をピックアップすると、Disc 1-1 "Adolescent Sex"はクレジットはされていないものの、収録されているのは"Re-Recorded Version"です。Disc 1-2 "Stateline"はイギリスでのファーストシングル"Dont Rain On My Parade"のB面に収録されていた曲で、初期ならではの妖艶な魅力を秘めています。Disc 1-6 "Life In Tokyo"はサードアルバム"Quiet Life"のリリースに先立ち、シングルでのみリリースされた曲で、言わば後期ジャパンの出発点となった曲でもあります。同じく、Disc 1-7 "European Son"もシングルのみのリリース曲。Disc 1-8 "All Tomorrow's Parties"はイントロ部分がカットされた短縮ヴァージョンで、アルバム収録曲に比べると1分以上短くなっています。そして、「Disc 1」最後の収録曲、"I Second That Emotion"は、こちらもシングルのみのリリースとなった曲です。

「Disc 2」では、1曲目の"Life In Tokyo (Part 2)"がシングル盤"Life In Tokyo"のB面に収録されていた曲。ただ (Part 2)とはいっても、オリジナル曲からヴォーカル部分を多少カットして継ぎはぎしただけといった感じの曲ですね。続いて、Disc 2-2〜5の4曲はヨーロッパの一部の国のみでリリースされた"Live in Japan"の収録曲で、"In Vogue"以外は原曲が分からなくなる位に大胆なアレンジで演奏されているのが興味深いところです。Disc 2-6 "Life In Tokyo (Theme)"は原曲のヴォーカル部分をカットし、回転数を落として編集し直されただけという印象の曲。それから、Disc 2-7 "All Tomorrow's Parties (1983 Remix)"は、'83年にシングルとしてリリースされたヴァージョンで、英38位を記録。同様に、Disc 2-8 "I Second That Emotion (Extended Remix)"も、'82年にシングルとしてリリースされ、英9位を記録したヴァージョン。そして「Disc 2」最後の"Life In Tokyo (Long Version)"は12インチシングルとしてリリースされたヴァージョンとなっています。

と、そんな感じで、どちらかと言えばマニア向けといった印象もあるアルバムですが、それでも'81年にリリースされたイギリス盤はUKチャートで最高26位を記録し、46週もチャートインしていたということを後から知り、ちょっぴり驚かされたりもしました。ちなみに2年後の'83年にはゴールドにも認定されています。

▼ JAPAN - Adolescent Sex (Re Recorded Version)
https://www.youtube.com/watch?v=GmL7ZpveTec

TRACK LIST
Disc 1: 1. Adolescent Sex / 2. Stateline / 3. Communist China / 4. ...Rhodesia / 5. Suburban Berlin / 6. Life In Tokyo / 7. European Son / 8. All Tomorrow's Parties / 9. Quiet Life / 10. I Second That Emotion

1. 果てしなき反抗 / 2. ステイト・ライン / 3. コミュニスト・チャイナ / 4. ローデシア / 5. 郊外ベルリン / 6. ライフ・イン・トウキョウ / 7. ヨーロピアン・サン / 8. オール・トゥモロウズ・パーティズ / 9. クワイエット・ライフ / 10. セカンド・ザット・エモーション

Disc 2: 1. Life In Tokyo (Part 2) / 2. In Vogue (Live Version) / 3. Deviation (Live Version) / 4. Obscure Alternatives (Live Version) / 5. Sometimes I Feel So Low (Live Version) / 6. Life In Tokyo (Theme) / 7. All Tomorrow's Parties (1983 Remix) / 8. I Second That Emotion (Extended Remix) / 9. Life In Tokyo (Long Version)

1. ライフ・イン・トウキョウ(パート2) / 2. イン・ヴォーグ(ライブ・ヴァージョン) / 3. ディーヴィエイション(ライブ・ヴァージョン) / 4. 苦悩の旋律(ライブ・ヴァージョン) / 5. 孤独な安らぎ(ライブ・ヴァージョン) / 6. ライフ・イン・トウキョウ(テーマ) / 7. オール・トゥモローズ・パーティーズ(1983 リミックス) / 8. セカンド・ザット・エモーション(エクステンデッド・リミックス) / 9. ライフ・イン・トウキョウ(ロング・ヴァージョン)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(2枚組み) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

CD: Assemblage / Japan  特典のポストカード:Assemblage / Japan  Assemblage / Japan (Thick Double Jewel Case)

(記:2012年1月 / 更新:2015年7月)


    THE SINGLES / JAPAN (1996)

CDの帯(初回プレス盤):シングルズ / Japan

Album Cover: The Singles / Japan
これは日本独自の企画盤で、アリオラ・ハンザ・レーベル時代にリリースされた7インチ・シングルと、12インチ・シングルのA、B面に収録されていた楽曲で構成されています。

「Disc 1」から「Disc 2」の4曲目までは、イギリスでリリースされた11枚の7インチシングルのA、B面曲(22曲)が発売順に収録。そして「Disc 2」の5曲目以降は、12インチシングルに収録されていたA、B面曲(リミックス等の別ヴァージョン)という構成。

ということで、収録曲は全て初期から中期のハンザ時代のものですが、日本を除いては、それほど注目されなかったハンザ時代の"Japan"も、ヴァージン移籍後には一躍脚光を浴びる存在になったことから、ハンザからは、その後、人気に便乗した形で、自分達が持つ音源を手を変え品を変えといった具合に次々と後追いでシングルを発売しています。と、まぁ、そんな経緯もあって、この時代の楽曲はいくつものヴァージョンで溢れかえっており、特に"Life In Tokyo"にいたっては、この"The Singles"に8曲もが収録される結果になっています。

ただ、こういったハンザのようなやり方は、大抵は失敗しそうなものですが、それでも、'81年リリースの"Quiet Life"(19位)、'82年の"European Son"(31位)、'82年の"I Second That Emotion"(9位)、'82年の"Life In Tokyo"(28位)、'83年の"All Tomorrow's Parties"(38位)と、後追いにもかかわらず、それぞれにチャートインを記録しているのですから、レコード会社のビジネスとしてはそれなりに成功したんでしょうね。勿論、それに引きずられるかたちで旧アルバムも売れたことでしょうし・・・。

さて、この"The Singles"ですが、シングル盤レコードのクレジットがそのまま転載されているのか、曲目のクレジットにはどのようなヴァージョンなのかが表記されていない曲があったり、12インチ・ヴァージョンとは言っても、単に12インチ・シングルに収録されていたというだけで、オリジナルと全く同じなのでは?と思われる曲や、違いが良く分からないような曲もあります。

例えば"Adolescent Sex"は「Disc 1-4: Adolescent Sex」と、「Disc 2-8: Adolescent Sex (Re-Recorded Version)」の2曲が収録されていますが、実際は「Disc 1-4」も"Re-Recorded Version"です。曲の長さは「Disc 2-8」が1秒長い表記になってはいますが、聴いた限りでは単に無音部分が長いだけのような気がします。ちなみに海外のファンサイトには「Disc 2-8」は"exactly the same as on Disc 1"と表記されています。

又、「Disc 1-5: Sometimes I Feel So Low」と、「Disc 2-7: Sometimes I Feel So Low (12" Version)」はどちらも曲の長さの表記は「3:49」と全く同じで、サウンドの違いも全く分かりません。これも多分同じなのでは?

そして、「Disc 1-10: Quiet Life」、「Disc 1-13: Quiet Life」、「Disc 2-15: Quiet Life (Extended Version)」と、3曲が収録された"Quiet Life"について言えば、「Disc 1-10」が早めにフェードアウトして終わるビデオクリップと同一のヴァージョンで、「Disc 1-13」が'81年にリリースされたシングルヴァージョンのようです。ただシングルヴァージョンとはいっても、特別目新しさは無く、オリジナルを短く編集しただけといった印象。そして、「Disc 2-15: Quiet Life (Extended Version)」はといえば、アルバムヴァージョンと同じにしか聴こえず、何処がエクステンデッドなのか良く分かりません。

違いが分からないといえば、「Disc 1-18: Halloween」と、「Disc 2-13: Halloween (12" Version)」もそのひとつ。こちらも、後者は単に12インチシングルに収録されていたというだけのことでないかと思います。

と、ここまで例を挙げて終わろうとしていたのですが、ここまできたら最後まで行ってみようと思います (笑)。これ以外に複数の曲が収録されているのは、"I Second That Emotion"、"European Son"、"Life In Tokyo"です。

まずは"I Second That Emotion"から。この曲は「Disc 1-9: I Second That Emotion」、「Disc 1-17: I Second That Emotion」、「Disc 2-12: I Second That Emotion (Extended Remix)」と、3曲が収録されています。「Disc 2-12」の"Extended Remix"は、オリジナルに比べて1分以上長くなっています。そして「Disc 1-9」と「Disc 1-17」は共に何も表記されていませんが、「Disc 1-17」の方は、 '82年にシングルリリースされた7インチ盤のリミックスヴァージョンです。こちらはイントロ部分から違いがあるので、比較的オリジナルとの違いが分かりやすいですね。

続いては、同じく3曲が収録された"European Son"。こちらは「Disc 1-15: European Son」、「 Disc 2-6: European Son (12" Version)」、「Disc 2-14: European Son (Extended Remix)」と、きちんと表記が分かれており、リミックスの違いも顕著で分かりやすいですね。

最後は、8曲もが収録される結果となった"Life In Tokyo"。まずは「Disc 1-7: Life In Tokyo (Short Version)」と、「Disc 1-8: Life In Tokyo (Part 2)」。こちらは最初にリリースされた7インチ・シングルのA面とB面に収録されていたヴァージョンで、「Disc 1-11: Life In Tokyo」も、恐らくは「Disc 1-7」と同じと思われるヴァージョンです。表記されている曲の長さも全く同じですしね。

そして「Disc 2-1: Life In Tokyo」は、'82年に再発されたシングル盤に収録されていたヴァージョンで、28位を記録した「1982 Special Remix」ですね。続いて収録されている「Disc 2-2: Life In Tokyo (Theme)」は、そのB面に収録されていた曲で、オリジナル曲のテンポを極端に下げて編集されたようなインストゥルメンタルヴァージョン。

「Disc 2-5: Life In Tokyo (12" Extended Version)」は、最初にリリースされたオリジナルの12インチヴァージョンで、こちらは曲の長さが7分ちょっとあり、ショートヴァージョンの2倍程に拡張されています。

「Disc 2-9: Life In Tokyo (Extended Remix)」は、別名「Special Remix 12"」と呼ばれているヴァージョンで、「Disc 2-10: Life In Tokyo (12" Theme)」は、単に12インチに収録されていたというだけで、恐らくは「Disc 2-2: Life In Tokyo (Theme)」と同一ヴァージョン。この2曲も表記されている曲の長さは全く同じです。

そんな感じで、頭が混乱するくらいに、このアルバムには様々なヴァージョンが収録されているのですが、それでも、この時代はシングルのみでリリースされた曲やリミックスヴァージョンというのが比較的多いので、ハンザ時代のシングル盤を完全網羅したとも言える、この"The Singles"を持っていればアレコレ買わずに済みますから、何だかんだ言いながらもファンにとってはありがたいアルバムだと思います。一応、リリースされた当時の記述では世界初CD化された曲が10曲ほど収録されているようです。なお、ブックレットにはイギリス盤7インチシングルと12インチシングルのジャケット写真もそれぞれカラーで掲載されています。

▼ JAPAN - Sometimes I Feel So Low
https://www.youtube.com/watch?v=AGcteC2_H2c

▼ JAPAN - Quiet Life
https://www.youtube.com/watch?v=8JF25k0Rm0k

TRACK LIST
Disc 1: 1. Don't Rain On My Parade / 2. State Line / 3. The Unconventional / 4. Adolescent Sex / 5. Sometimes I Feel So Low / 6. Love Is Infectious / 7. Life In Tokyo (Short Version) / 8. Life In Tokyo (Part 2) / 9. I Second That Emotion / 10. Quiet Life / 11. Life In Tokyo / 12. European Son / 13. Quiet Life / 14. A Foreign Place / 15. European Son / 16. Alien / 17. I Second That Emotion / 18. Halloween

1. パレードに雨を降らせないで / 2. ステイト・ライン / 3. アンコンヴェンショナル / 4. 果てしなき反抗 / 5. 孤独な安らぎ / 6. ラヴ・イズ・インフェクシャス / 7. ライフ・イン・トウキョウ(ショート・ヴァージョン) / 8. ライフ・イン・トウキョウ(パート2) / 9. セカンド・ザット・エモーション / 10. クワイエット・ライフ / 11. ライフ・イン・トウキョウ / 12. ヨーロピアン・サン / 13. クワイエット・ライフ / 14. フォーリン・プレイス / 15. ヨーロピアン・サン / 16. 異邦人 / 17. セカンド・ザット・エモーション / 18. ハロウィーン

Disc 2: 1. Life In Tokyo / 2. Life In Tokyo (Theme) / 3. All Tomorrow's Parties / 4. In Vogue (Live In Tokyo) / 5. Life In Tokyo (12" Extended Version) / 6. European Son (12" Version) / 7. Sometimes I Feel So Low (12" Version) / 8. Adolescent Sex (Re-Recorded Version) / 9. Life In Tokyo (Extended Remix) / 10. Life In Tokyo (12" Theme) / 11. All Tomorrow's Parties (1983 Remix by Steve Nye) / 12. I Second That Emotion (Extended Remix) / 13. Halloween (12" Version) / 14. European Son (Extended Remix) / 15. Quiet Life (Extended Version) / 16. Fall In Love With Me

1. ライフ・イン・トウキョウ / 2. ライフ・イン・トウキョウ(テーマ) / 3. オール・トゥモロウズ・パーティズ / 4. イン・ヴォーグ(ライヴ・イン・トウキョウ) / 5. ライフ・イン・トウキョウ(12”エクステンディッド・ヴァージョン) / 6. ヨーロピアン・サン(12”ヴァージョン) / 7. 孤独な安らぎ(12”ヴァージョン) / 8. 果てしなき反抗(リレコーディッド・ヴァージョン) / 9. ライフ・イン・トウキョウ(エクステンディッド・リミックス) / 10. ライフ・イン・トウキョウ(12”テーマ) / 11. オール・トゥモロウズ・パーティーズ(1983 リミックス・バイ・スティーヴ・ナイ) / 12. セカンド・ザット・エモーション(エクステンディッド・リミックス) / 13. ハロウィーン(12”ヴァージョン) / 14. ヨーロピアン・サン(エクテンディッド・リミックス) / 15. クワイエット・ライフ(エクステンディッド・ヴァージョン) / 16. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(2枚組み) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

CD: The Singles / Japan  Album Cover (back): The Singles / Japan  The Singles / Japan (Thick Double Jewel Case)

(記:2012年1月 / 更新:2015年7月)


    THE VERY BEST OF [DVD] / JAPAN (2006)

DVDの帯:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ / Japan

DVD Cover (front): The Very Best Of / Japan
この「Very Best Of / ザ・ヴェリー・ベスト・オブ」は、7曲のビデオ・クリップと、'82年に行われたハマースミス・オデオン(イギリス)でのライヴ映像12曲が収録された"Japan"のDVDです。なお、ライヴ映像の方は 、バンド解散後に"Oil On Canvas"のタイトルでリリースされたライヴアルバムと同一音源の映像版ですが、数曲はカットされており、曲順も多少違います。

そもそも、"Japan"の映像自体が貴重で、映像作品がリリースされることも滅多に無かったのですが、まさか、こうして日本盤までリリースされようとは思ってもみなかったですね。とは言っても、残念なことに現在は廃盤になっているようです。

7曲が収録されたビデオ・クリップに関して言えば、"Japan"のプロモということで、さぞかし凝った作りなんだろうと期待して見てしまうと、肩透かしを食らってしまうほど、どれもが演奏シーンだけの極めてシンプルな作りです。特にハンザ・レーベル時代のものは安上がりに作られたといった印象があるのですが、ただ、ヴァージン・レーベル移籍後の"Visions Of China"だけは多少演出が加えられたものとなっています。とは言っても、バンドが存在しない今となっては、シンプルに演奏シーンが多く見れるということで、結果論的に言えばコレはコレで良かったようにも思います。案外、凝ったものって飽き易いですからね。

そして後半に収録されている"Oil On Canvas"のライヴ映像はと言えば、これはもう"Japan"のライヴがどんなものであったのかを知ることができる正に貴重な映像です。ライヴと言えども、拍手や歓声は低く抑えられている印象で、淡々と演奏される曲の数々は、やもするとスタジオ盤を聴いているような錯覚に陥るかのようですが、そこもまた"Japan"らしいところでもあり、とってもクール。

又、ステージも派手なライティングやギミック等は無く、極めてシンプルなもので、映像の方もそんなステージの雰囲気に合わせるかのように、全体的に暗く、カラーでありながらも、モノトーンに近い雰囲気があります。画質も意図的に多少荒く編集されているかのような雰囲気。

それにしても、"Japan"が活動していた当時は、2曲が演奏されたNHKの歌番組でしか"Japan"の動く姿を見たことがなかったのが、こうして、当時の映像を繰り返し見ることができるようになったのは嬉しいですね。なにせ当時はビデオデッキも無い時代でしたから、NHKの歌番組に出演したときにはテレビの前で一挙手一投足を見逃すまいと噛り付いて見てましたからね。

ということで、このDVDには特にこれといった不満もありませんし、買って良かったと思っています。ただ、収録されているのは全て中〜後期の曲なので、欲を言えば、"1st"と"2nd"時代の映像も見てみたかったですね。個人的にはこの時代のグラム・ファンク的サウンドもけっこう好きなんですよね。できれば、初期の映像が含まれるDVDもいつかリリースして欲しいところです。

DVD Case (back): The Very Best Of / Japan  Liner Notes: The Very Best Of / Japan  DVD Case (inside): The Very Best Of / Japan

TRACK LIST
1. Life In Tokyo / 2. Quiet Life / 3. I Second That Emotion / 4. Gentlemen Take Polaroids / 5. Swing / 6. Visions Of China / 7. Nightporter / 8. Overture (Burning Bridges) / 9. Sons Of Pioneers / 10. Gentlemen Take Polaroids / 11. Swing / 12. Cantonese Boy / 13. Visions Of China / 14. Canton / 15. Ghosts / 16. Still Life In Mobile Homes / 17. Methods Of Dance / 18. The Art Of Parties / 19. Voices Raised In Welcome, Hands Raised In Prayer

1. ライフ・イン・トウキョウ / 2. クワイエット・ライフ / 3. セカンド・ザット・エモーション / 4. 孤独な影 / 5. スウィング / 6. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ / 7. ナイトポーター / 8. 序章(バーニング・ブリッジズ) / 9. サンズ・オン・パイオニアーズ / 10. 孤独な影 / 11. スウィング / 12. カントニーズ・ボーイ / 13. ヴィジョンズ・オブ・チャイナ / 14. カントン / 15. ゴウスツ / 16. メソッズ・オブ・ダンス / 17. スティル・ライフ・イン・モウビル・ホームズ / 18. ジ・アート・オブ・パーティーズ / 19. 歓迎の叫び、祈りの手

• Tracks 1-7 (Promotional Videos) / Tracks 8-19 (Oil On Canvas - Live At The Hammersmith Odeon 1982)

(記:2012年2月 / 更新:2016年11月)


    GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 「孤独な影」 / JAPAN (1980)

CDの帯:孤独な影 / Japan

Album Cover (front): Gentlemen Take Polaroids / Japan
今でこそ、このアルバムならではのサウンドに魅了されている部分があるものの、実のところ、当時は、あまりにもダークな印象があるこのアルバム「Gentlemen Take Polaroids / 孤独な影」をそれほど気に入ってなかったんですよね。

タイトルトラックの"Gentlemen Take Polaroids"と、"Methods Of Dance"の2曲は比較的とっつき易いこともあり、そこそこ気に入って聴いていた記憶はあるのですが、何せジャケット写真のイメージも相まって、アルバム全体が重苦しく憂鬱な雰囲気があり、少年だった当時はその点がどうも苦手でしたね。

ただ、それは、自分がまだ幼く、彼らの音楽性を十分理解することができなかったということでもあるのですが、今思えば、音楽は楽しいものだけじゃないということを初めて知ったアルバムだったのかもしれません。

サウンドも然ることながら、日本語訳された歌詞を見ても、何のことを歌っているのか、当時はさっぱり分からなかったのですが、改めて読み返してみると、何となく全体を通して表現されているメッセージのようなものが感じられますね。

オリジナルのレコード盤にはA面4曲、B面4曲の計8曲が収録されていましたが、私が購入したこのCDには、当時のシングル盤B面にのみ収録されていた"The Experience Of Swimming"と"The Width Of A Room"の2曲が追加されています。ただ通常と違い、この2曲はボーナストラックとしてアルバムの最後に収録されているのではなく、4曲目と8曲目に(レコード盤で例えるとA面、B面の3曲目と4曲目の間にそれぞれ挟みこむ形で)収録されています。

普通はこんなことをされると、アーティストが意図するアルバムの流れが台無しじゃないかと思ってしまうのですが、これが意外と違和感無く収まっており、アルバムの最後におまけのように収録されているよりも、かえって全体の流れとしては良かったと思えるほど。というのも、この2曲がインストゥルメンタルで、更には、時期的に隔たりのある楽曲ではないということもあり、アルバムの雰囲気を壊さず、いいフックになっているんですよね。まぁ、この辺りは個人的な思いや好みもあるのでしょうが。

Album Cover (back): Gentlemen Take Polaroids / Japan もしかしたら、このひたすら暗く重苦しいサウンドも、アーティスティックな要素が感じられない商業音楽に満ち溢れた昨今でこそ、その魅力が際立つのかもしれません。鉛色の空にも美を見つけることができるんですよね。

▼ JAPAN - Gentlemen Take Polaroids
https://www.youtube.com/watch?v=FdEx0WXWBeM

▼ JAPAN - Swing / My New Career
https://www.youtube.com/watch?v=K6G_hugwG0E

TRACK LIST
1. Gentlemen Take Polaroids / 2. Swing / 3. Burning Bridges / 4. The Experience Of Swimming [Bonus Track] / 5. My New Career / 6. Methods Of Dance / 7. Ain't That Peculiar / 8. Nightporter / 9. The Width Of A Room [Bonus Track] / 10. Taking Islands In Africa

1. 孤独な影 / 2. スウィング / 3. バーニング・ブリッジズ / 4. ジ・エクスペリエンス・オブ・スイミング(ボーナス・トラック) / 5. マイ・ニュー・カリアー / 6. メソッズ・オブ・ダンス / 7. エイント・ザット・ペキュリアー / 8. ナイトポーター / 9. ザ・ウィドゥス・オブ・ア・ルーム(ボーナス・トラック) / 10. テイキング・アイランズ・イン・アフリカ

• 解説・歌詞・対訳付

(記:2012年2月 / 更新:2015年4月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 11 Navigation Part 12   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.