Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Music ► 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

     Music Library
Music Library のインデックス ► Music / Part 1 / Index of Music Library   
    Music   Part 10
01. GREATEST HITS / BOSTON (1997)
02. A CELEBRATION IN SONG / OLIVIA NEWTON-JOHN & FRIENDS (2008)
03. HOT SPACE 「ホット・スペース」 / QUEEN (1982)
04. MOMENT OF TRUTH / E.L.O. PART II (1994)
05. 1978 / NEW ENGLAND (1998)
06. KISS ALIVE II / KISS (1977)
07. OUT OF THE BLUE TOUR - LIVE AT WEMBLEY / E.L.O. (2002)
08. ONE WOMAN'S LIVE JOURNEY / OLIVIA NEWTON-JOHN (2000)
09. AMMONIA AVENUE / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984)
10. GREATEST HITS LIVE / NEW ENGLAND (2003)
    GREATEST HITS / BOSTON (1997)

CDの帯(初回プレス盤):グレイテスト・ヒッツ / ボストン

Album Cover (front): Greatest Hits / Boston
"Boston"にとって初のベストアルバムになるのが1997年にリリースされたこの「Greatest Hits / グレイテスト・ヒッツ」です。ただし、2009年にアメリカで再発されたものは収録曲が多少変更されているようですね。1997年のオリジナル盤には"Tell Me"、"Higher Power"、"The Star Spangled Banner/4th Of July Reprise"、そして、"Higher Power (Kalodner Edit)"と、4曲の新曲が収録されていましたが、その再発盤は、"Tell Me"、"Higher Power (Kalodner Edit)"の新曲2曲と"Walk On"収録の"Livin' for You"が外され、代わりに、次作の"Corporate America"収録の"I Had A Good Time"と、前作"Walk On"に収録されていた"I Need Your Love"が加えられているようです。

2009年の再発盤は、オリジナル盤がリリースされた年には発表されていない次作の収録曲が加えられているということで、多少、時系列が狂ってしまう結果になっているのですが、それでも、スローな"Tell Me"でスタートするオリジナル盤よりも、"I Had A Good Time"で威勢よくスタートし、"Walk On"からのシングルカット曲である"I Need Your Love"も加えられた再発盤の方が、アルバムの構成としてはもとより、"Boston"のアルバムを初めて手にするという人にとっては良いのではないかと思います(名曲のひとつである"Livin' for You"が外されている点は残念ですが)。しかしながら、既に"Boston"のアルバムを持っているというファンにとっては、その他のアルバムでは聴けない"Tell Me"と"Higher Power (Kalodner Edit)"が新曲として収録されているという点で、オリジナル盤の方に価値が持てるのではないかと。

CD Case (back cover): Greatest Hits / Boston  Album Cover (front & back): Greatest Hits / Boston

ただ、折角の新曲も、残念ながら個人的にはそれほど興味をそそるものではありませんでした。とは言っても、1976年のファーストアルバムから2011年現在までの35年間にリリースされたアルバムの数はこの"Greatest Hits"を除いて5枚、曲数にして50曲程度と、キャリアに反して発表曲の絶対数が極端に少ないバンドですから、何だかんだ言っても貴重ですよね。実際、これらの新曲が含まれているということで飛びついた訳ですからね。


1997年のオリジナル盤曲目リスト
01. Tell Me [新曲]
02. Higher Power [新曲]
03. More Than A Feeling
04. Peace Of Mind
05. Don't Look Back
06. Cool The Engines
07. Livin' For You
08. Feelin' Satisfied
09. Party
10. Foreplay/Long Time
11. Amanda
12. Rock & Roll Band
13. Smokin'
14. A Man I'll Never Be
15. The Star Spangled Banner/4th Of July Reprise [新曲]
16. Higher Power (Kalodner Edit) [新曲]
2009年の再発盤曲目リスト
01. I Had A Good Time
02. Higher Power [新曲]
03. More Than A Feeling
04. Peace Of Mind
05. Don't Look Back
06. I Need Your Love
07. Cool The Engines
08. Party
09. Feelin' Satisfied
10. Foreplay/Long Time
11. Amanda
12. Rock & Roll Band
13. Smokin'
14. A Man I'll Never Be
15. The Star Spangled Banner/4th of July Reprise [新曲]

CD Case (inside): Greatest Hits / Boston CD: Greatest Hits / Boston

残念ながら、2007年にオリジナル・ヴォーカリストのブラッド・デルプが亡くなり、8年後のお約束とも言える昨年は、期待していたものの、ニューアルバムがリリースされることも無かったですね。本音としては、新曲よりも、ブラッドの声が聴ける形での"Boston"初のライヴ・アルバムを望むところですが・・・。

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年3月 / 更新:2015年7月)


    A CELEBRATION IN SONG / OLIVIA NEWTON-JOHN & FRIENDS (2008)

CDの帯(初回プレス盤):セレブレイション・イン・ソング / オリビア・ニュートン・ジョン & フレンズ

Album Cover: A Celebration in Song / Olivia Newton-John & Friends
このアルバムが"Olivia Newton-John & Friends"という名義でリリースされたことからも分かるように、これはオリヴィアと親交のある人達とのデュエット曲で構成されたアルバムです。ミディアム・スローな楽曲が多く収録されていることもあってか、全体を通して穏やかな雰囲気があり、オリヴィアの愛に包まれたようなアルバムですね。そして、「オリヴィアが世界中の人々の健康と幸せを願って創りあげた夢のデュエットアルバム」という帯に書かれたキャッチコピーもこのアルバムを聴き終えた後にはリアルに伝わってきます。なお、このアルバムの収益はオリヴィアが設立に携わった癌センターの運営と研究費に充てられるそうです。

この"A Celebration in Song"、オーストラリアでは国民的シンガーということで、ジャケットにオリヴィアの写真が無くても問題無いのか、シンプルなジャケットでリリースされていますが、他の国では流石にオリヴィアの写真を使ったジャケットに変更されています。そしてアメリカでは2011年に新装されたジャケットで再リリースされているようです。

仮に、プライベートなオリヴィアのベストアルバムを作るとしたら、このアルバムからは"Right Here with You (with Delta Goodrem)"、"Find a Little Faith (with Cliff Richard)"、"Courageous (with Melinda Schneider)"、"Everything Love Is (with Jimmy Barnes)"、"Isn't it Amazing (with Sun)"の5曲は必ず選曲するでしょうね。5曲という数は過去にリリースされたオリヴィアのアルバムの中でも比較的多い選曲数になるのではないかと思うのですが、このことは、それだけ私がこのアルバムを気に入っているという証でもあります。

実は、これらの曲と同等に好きな曲がもう1曲あって、それはアルバムのラストに収録されている"Beautiful Thing"。何故にこの曲を上記のプライベート・ベストに含めず、別に記述するのかと言えば、それはこの曲にオリヴィアの歌声は含まれていないから・・・。

このアルバムが"Olivia Newton-John & Friends"という名義でリリースされていることを考えれば、オリヴィア以外の人物がソロで歌っていている曲が収録されていても別におかしいことではないのですが、このオリヴィアのヴォーカルが含まれない他人のソロ曲がアルバムの最後に収録されているのには、もうひとつ大きな理由があります。それはこの"Beautiful Thing"が、この曲のコンポーザーの一人であると同時に、この曲のシンガーであるオーストラリアの女優で歌手の"Belinda Emmett"に捧げられているからで、そう、彼女はもうこの世にはいらっしゃらないのです。

幸いにも乳ガンの病を克服したオリヴィアに対し、8年間の闘病生活の末、32才という若さで乳ガンによりこの世を去った"Belinda Emmett"。乳ガンを克服したのを機に、ガン撲滅を目的とした研究と医療のセンターを立ち上げ、積極的にガンの撲滅に取り組んでいるオリヴィアにしてみれば、同じ病で亡くなった"Belinda Emmett"の死というのは、決して他人事ではなく、大きな悲しみでもあったと思います。追悼の意味を込めてこの曲をアルバムのラストに収録したそうですが、このアルバムが無ければ私自身、"Belinda Emmett"の存在と、この"Beautiful Thing"という素晴らしい楽曲の存在を知らず仕舞いでしたから、この曲を"Olivia Newton-John & Friends"という名義の下で取り上げてくれたオリヴィアに感謝したいですね。

躍動感溢れるメロディーと共に、生きていることへの喜びがきらめくように表現されたこの"Beautiful Thing"。しかしながら、この曲を含んだ"Belinda Emmett"のアルバム"So I Am"が発表されたのは彼女の死後だったそうです。最後にこの曲の歌詞を一節。

太陽を顔に感じるようになってから随分と経ったように思えるの
なぜこの場所を見つけるのにこんなにも長い時間がかかったのかしら
もしこれがなかったらこんなに素晴らしいものを
知ることも感じることもなかったでしょう

これまで欲しいと思っていたものが今はすべて浅はかなものに思える
そして今私の目の前ですべて合点がいったの
その一瞬、時間は止まる

人生の楽しみはのめりこむほど刺激は強くはなれど感動も薄れていく

太陽を顔に感じるようになってから随分と経ったように思えるの
なぜこの場所を見つけるのにこんなにも長い時間がかかったのかしら
もしこれがなかったらこんなに素晴らしいものを
知ることはかったでしょう、知らずに終わったでしょう
知ることも感じることもなかったでしょう
こんなに素晴らしいものを、こんなに美しいものを

CD: A Celebration in Song / Olivia Newton-John & Friends TRACK LIST
1. Right Here with You (with Delta Goodrem) / 2. Find a Little Faith (with Sir Cliff Richard) / 3. Courageous (with Melinda Schneider) / 4. The Heart Knows (with Barry Gibb) / 5. Everything Love Is (with Jimmy Barnes) / 6. Isn't It Amazing (with Sun) / 7. Never Far Away (with Richard Marx) / 8. Sunburned Country (with Keith Urban) / 9. Reckless (with John Farrar) / 10. Angel in the Wings (with Jann Arden) / 11. The Water is Wide (with Amy Sky & RyanDan) / 12. Beautiful Thing (Belinda Emmett)

1. あなたのそばで(with デルタ・グッドレム) / 2. ファインド・ア・リトル・フェイス(with クリフ・リチャード) / 3. 勇気を持って(with メリンダ・シュナイダー) / 4. ハート・ノウズ(with バリー・ギブ) / 5. エヴリシング・ラヴ・イズ(with ジミー・バーンズ) / 6. イズント・イット・アメイジング(with サン) / 7. ネヴァー・ファー・アウェイ(with リチャード・マークス) / 8. サンバーンド・カントリー(with キース・アーバン) / 9. レックレス(with ジョン・ファーラー) / 10. エンジェル・イン・ザ・ウイングス(with ジャン・アーデン) / 11. ウォーター・イズ・ワイド(with エイミー・スカイ & ライアンダン) / 12. ビューティフル・シング(ベリンダ・エメット)

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年4月 / 更新:2015年7月)


    HOT SPACE 「ホット・スペース」 / QUEEN (1982)

CDの帯(初CD化盤):ホット・スペース / クイーン

Album Cover (front): Hot Space / Queen
クイーンのアルバムで最も物議を醸し出したものといえば、恐らくはブラックミュージックを大胆に取り入れたこの「Hot Space / ホット・スペース」なのではないかと思います。当時はシンセベースが鳴り響くダンサブルなサウンドに賛否両論あったものの、どちらかといえば否定的な意見が多かったように覚えています。

クイーンサウンドといえば、イギリスのバンドということもあってか、鉛色の空から小雨が降り粉雪が舞うという冬の街の情景が個人的なイメージとしてあるのですが、このアルバムで感じられる季節といえば夏ですね。それも街の情景ではなく、澄み渡る青空と南国の島といったイメージ。

当時は、雑誌のインタビュー記事などから、このアルバムがジョンとフレディの音楽的趣味、嗜好が反映されたもので、これまでハードロック寄りの楽曲を多く作ってきたブライアンとロジャーは必ずしも納得していない様子がうかがわれたりもしていたのですが、その当時は、自分も「分かる分かる」とブライアンとロジャーの肩を持つ感じでいました。ただ、これまでにも様々なジャンルの音楽を取り入れた幅広い音楽性を提示してきたのがクイーンだったので、受け入れ難しという印象ではなかったですね。それに"Dancer"や"Cool Cat"はけっこう好きでしたし。

結果的にクイーンはここでの路線を継承することはしなかったのですが、それでも、ここでの試みが、後のサウンドへと確実に消化され融合されていったことは間違いないと思います。これまでのクイーンサウンドのイメージからはちょっと離れた印象はあるものの、こういった一面もあるんだと思って聴けばけっこう楽しめます。考えてみれば、クリエーターとして新境地を追求する姿勢はあって当然だと思いますし、幅広い音楽性がクイーンの魅力でもあるわけですからね。

Album Cover (back): Hot Space / Queen 実は、そんなことよりも、当時の私にとってもっと大きな問題だったのは、ブライアンとロジャーがヴォーカルをとる曲が無い(曲の一部でフレディと共にロジャーがヴォーカルをとる曲はあるが)ということでした。セカンドアルバムからはアルバム内にはブライアンとロジャーがヴォーカルをとる曲がそれぞれ1、2曲は収録されているというパターンがずっと続いてきたので、何だか楽しみの一つが消えた感じで寂しかったですし、どうしてなんだろう? という思いがありましたね。

そういえば、ジャケットに描かれているメンバーの色ついて、「フレディの赤は分かるとしても、ブライアンは黄色じゃないよな、黄色はロジャーで、ブライアンは青、そしてジョンが緑」なんてことを当時は思ったりもしてましたね。

このアルバムからシングルとしてリリースされた曲のチャート成績は、先にシングルとしてリリースされ、日本盤の"Greatest Hits"にも収められていた(現在は"Greatest Hits II"に収録)"Under Pressure"が(英1位、米29位)、以下、"Body Language"(英25位、米11位)、"Las Palabras De Amor (The Words of Love)"(英17位)、"Back Chat"(英40位)、"Calling All Girls"(米60位)といったところです。なお、アルバムは(英4位、米22位、日6位)を記録しています。

TRACK LIST
1. Staying Power 「ステイング・パワー」 • Writer: F. Mercury
2. Dancer 「ダンサー」 • Writer: B. May
3. Back Chat 「バック・チャット」 • Writer: J. Deacon
4. Body Language 「ボディー・ランゲージ」 • Writer: F. Mercury
5. Action This Day 「アクション・ジス・デイ」 • Writer: R. Taylor
6. Put Out The Fire 「プット・アウト・ザ・ファイア」 • Writer: B. May
7. Life Is Real (Song for Lennon) 「ライフ・イズ・リアル (レノンに捧ぐ)」 • Writer: F. Mercury
8. Calling All Girls 「コーリング・オール・ガールズ」 • Writer: R. Taylor
9. Las Palabras De Amor 「ラス・パラブラス・デ・アモール (愛の言葉)」 • Writer: B. May
10. Cool Cat 「クール・キャット」 • Writers: J. Deacon & F. Mercury
11. Under Pressure 「アンダー・プレッシャー」 • Writers: Queen & David Bowie

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年4月 / 更新:2015年7月)


    MOMENT OF TRUTH / E.L.O. PART II (1994)

CDの帯(初回プレス盤):モーメント・オブ・トゥルース / E.L.O. Part II

Album Cover: Moment of Truth / E.L.O. Part II
もしかしたらアルバム1枚だけで終わったのかも?と思っていた"E.L.O. Part II"のセカンドアルバムであるこの「Moment of Truth / モーメント・オブ・トゥルース」がリリースされたのは、ファーストアルバムがリリースされてから3年後(日本では4年後)のことでした。その間にはメンバーの変更もあり、このアルバムでは"Kelly Groucutt"、"Eric Troyer"、"Phil Bettes"の3人が曲ごとにヴォーカルを担当するという形になっています。しかしながら、前作でも"Pete Haycock"、"Eric Troyer"、"Neil Rockwood"の3人が曲ごとにリードヴォーカルを務めていたので、大きな印象の変化というのは無いですね。

ただ、このアルバムからはファーストアルバムでも関与があった"Louis Clark"が正式にメンバーとしてクレジットされるようになったことからも推察されるように、例えばストリングスによる小曲が曲間の所々に収められていたりと、前作よりもストリングスの比重が増したアルバム構成になっており、その点では、より"Electric Light Orchestra"というバンド名に相応しくなった印象があります。

リードヴォーカリスト3人体制ということで、やもするとバンドの印象がぼやけてしまうという懸念もあるかと思うのですが、曲のいたる所で3人のコーラス・ハーモニーが聴こえてくる所為か、前作同様、そういった印象は無く、逆に曲ごとに変化があって楽しめます。サウンドについて言えば、コンポーザーが違うということもあって、"E.L.O."のポップ感覚とは多少違う印象で、ファーストアルバム同様に、幾分ハードロック寄りといった感じを受けます。

個人的には"Kelly Groucutt"のヴォーカルが聴ける"The Fox"、"Blue Violin"、"Twist of the Knife"の3曲が好きで、このアルバムがリリースされたときも彼のヴォーカルが聴けるようになって嬉しかったのですが、残念ながらこの"Moment of Truth"が"E.L.O. Part II"としては最後のスタジオアルバムとなってしまいました。そして2009年にはその"Kelly Groucutt"も帰らぬ人となってしまい、全盛期のメンバーによる"E.L.O."復活という微かな希望と共に持ち続けていた私の夢も絶たれることになってしまいました。

ちなみに、"Moment of Truth"の日本盤は、ジャケットが日本だけのオリジナルデザイン仕様となっており、イギリスでリリースされた翌年の1995年にリリースされています。

それと、一応、念のため記しておくと、ファーストアルバムがリリースされた翌年の1992年には"E.L.O."時代の楽曲を中心に収録されたライヴアルバム"Performing ELO's Greatest Hits Live"(日本未発売)がリリースされているので、そのライヴアルバムを含めれば、この"Moment of Truth"は通算では3作目となります。

▼ Electric Light Orchestra Part II - Power Of A Million Lights
https://www.youtube.com/watch?v=haI3-kjyXSM

▼ Electric Light Orchestra Part II - Breaking Down the Walls
https://www.youtube.com/watch?v=8hk6MJiYGmM

▼ Electric Light Orchestra Part II - Twist Of The Knife
https://www.youtube.com/watch?v=jy2tI_zijW4

CD: Moment of Truth / E.L.O. Part II TRACK LIST
1. Moment Of Truth (Overture) / 2. Breakin' Down The Walls / 3. Power Of A Million Lights / 4. Interlude 3 / 5. One More Tomorrow / 6. Don't Wanna / 7. Voices / 8. Interlude 2 / 9. Vixen / 10. The Fox / 11. Love Or Money / 12. Blue Violin / 13. Whiskey Girls / 14. Interlude 1 / 15. Twist Of The Knife / 16. So Glad You Said Goodbye / 17. Underture / 18. The Leaving

1. モーメント・オブ・トゥルース / 2. ブレイキン・ダウン・ザ・ウォールズ / 3. パワー・オブ・ア・ミリオン・ライツ / 4. インタールード 3 / 5. ワン・モア・トゥモロウ / 6. ドント・ウォナ / 7. ヴォイセズ / 8. インタールード 2 / 9. ヴィクセン / 10. フォックス / 11. ラヴ・オア・マネー / 12. ブルー・ヴァイオリン / 13. ウィスキー・ガールズ / 14. インタールード 1 / 15. トゥイスト・オブ・ザ・ナイフ / 16. ソー・グラッド・ユー・セッド・グッドバイ / 17. アンダーチュア / 18. リーヴィング

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA PART II - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Bev Bevan - Drums
• Mik Kaminski - Violin
• Louis Clark - Orchestral Keyboards and Arrangements
• Kelly Groucutt - Bass and Vocals (Lead vocals - Tracks 10, 12, 15)
• Eric Troyer - Keyboards and Vocals (Lead vocals - Tracks 3, 6, 11, 16)
• Phil Bates - Guitar and Vocals (Lead vocals - Tracks 2, 5, 7, 13)

(記:2011年5月 / 更新:2016年7月)


    1978 / NEW ENGLAND (1998)

CDの帯(世界初CD化盤):1978 / ニュー・イングランド

Album Cover (front): 1978 / New England
まさか、こんなアルバムがリリースされようとは思ってもみなかったのですが、念のために言っておくと、これは"New England"のオリジナルアルバムではなく、未発表のデモ音源を集めた企画盤で、そういった意味では、どちらかといえばマニア向けのアルバムといった印象ですね。ただ、デモ音源集とは言っても侮れないんですよねコレが。

収録されているのは、ファーストアルバム収録曲のデモ・ヴァージョン6曲と、セカンドアルバム収録曲のデモ・ヴァージョンが1曲、そして、未発表曲が3曲の全10曲で、全てがデビュー前に録音されていた音源とのことです。ただし、デビュー前のデモとは言っても、きちんとしたスタジオで収録されているようで、録音状態は良好ですし、未発表曲の3曲に於いては、どうしてその後のアルバムに収録されなかったのかと不思議に思うほど曲としての完成度も高いものです。

ただ、私が最も好きなファーストアルバム収録曲のデモは、さすがにファーストアルバムで披露されたヴァージョンに比べると、まだ野暮ったく、泥臭い印象があります。しかしながら、裏を返せば、ファーストアルバムでのサウンドが如何に素晴らしいものであったかが再確認できるということにもなりますし、又、これらの楽曲がどのように進化を遂げ、昇華されていったのかを知ることができるという点では貴重だと思います。特にスケール感のある"Nothing to Fear"は、元々はこんな曲だったのかと驚かされましたしね。

Album Cover (back): 1978 / New England それにしても、こんな音源が存在していたとは驚きですね。しかも、デモ音源とは言っても、デモとしては完成形のようですし、未発表曲の3曲もクオリティーが高く、ほんとファンにとっては価値のあるアルバムだと思います。

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

TRACK LIST
1. Alone Tonight / 2. Nothing To Fear / 3. Candy / 4. I Will Be There / 5. Shoot / 6. Don't Ever Wanna Lose Ya / 7. Hello Hello Hello / 8. Even When I'm Away / 9. Searchin' / 10. Turn Out The Light

1. アローン・トゥナイト / 2. ナッシング・トゥ・フィアー / 3. キャンディ / 4. アイル・ビー・ゼア / 5. シュート / 6. ドント・エヴァー・ウォナ・ルーズ・ヤ / 7. ハロー・ハロー・ハロー / 8. イーヴン・ウェン・アイム・アウェイ / 9. サーチン / 10. ターン・アウト・ザ・ライト

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年5月 / 更新:2015年7月)


    KISS ALIVE II / KISS (1977)

レコードの帯:キッス・アライヴ II / KISS

Album Cover (front): Alive II / KISS   Album Cover (back): Alive II / KISS   Booklet: Alive II / KISS

私が生まれて初めて買ったライヴアルバムがこの"Alive II"でした。そしてこのアルバムをきっかけにその後しばらくはライヴアルバムという名のレコードにハマってしまう程、この"Alive II"は少年だった私に強烈なインパクトをもたらしたのでした。

最近のライヴ盤に付いている歌詞カードといえば、ライヴ用にアレンジされた曲でも、スタジオ盤の歌詞をそのまま転用しているだけということが多いのですが、この"Alive II"はスタジオヴァージョンとは多少変更されている部分もきちんとライヴでの歌詞が記載されていましたし、オープニングの"MC"から曲間での"MC"、更には観客との掛け合いにいたるまでもが、しっかりと歌詞カードに記載され、日本語訳されていました。おかげで英語が分からない少年の私でも容易にライヴの雰囲気を楽しむことができて良かったですし、そういった意味では良い時代でしたね。

この"Alive II"を買ったときの状況というのは今でもよく覚えていて、実は、心待ちにしていたクイーンの「News of the World / 世界に捧ぐ」のリリース日に、一刻も早くレコードを買おうとウキウキしながらレコード店に行ったら、もうちょっと先のリリースと思っていたこの"Alive II"がレコード店の棚に並んでいたんですよね。後から知ったのですが、どうやらリリース日が同じだったようです。しかしながら、私の財布の中身はといえば4千円とバス代の小銭が少々。クイーンの「世界に捧ぐ」は2,500円なので、これに録音用のカセットテープを買っても十分に足りる計算。一方、"Alive II"は2枚組みなので4,000円、でも、ぎりぎり買えなくもない。と、しばらくは両方のレコードを交互に手にとって悩んでましたが、結果としては"Detroit Rock City"、"Love Gun"、"I Stole Your Love"、"I Want You"、といった馴染みのある大好きな曲がズラリと並んだこの"Alive II"を買って帰りました。

そして、初めて手にするライヴアルバムであるこの"Alive II"を聴くにあたって最も関心があったことといえば、スタジオ盤ではフェードアウトで終わる楽曲が、ライヴでは果たしてどのように演奏されて終わるのかということでしたが、結果は・・・・「何てカッコいいんだ!」というのが当時の印象でしたね。どの曲も終わり方にライヴならではの雰囲気があって良いのですが、中でも"King of the Night Time World"、"Love Gun"、"I Stole Your Love"、"Shout It out Loud"に於けるエンディングのカッコ良さはフェードアウトして終わるスタジオヴァージョンを物足りない印象にするほどのものでした。

その後はレコードと同額のカセットテープにも手を出し、日本での発売元がビクターからポリスターへと変わった際に再発されたレコードにも再び手を出してしまったという位にこのアルバムが好きだったのですが、現在、手元に残っているのはポリスターから再発されたこのレコードだけです。今から思えばジャケットの写真や付属のブックレットなどはレコード時代の方がサイズが大きくて良かったですよね。

見開きジャケット内側:Alive II / KISS

実はこの"Alive II"がリリースされる前には、日本でのライヴを収録したライヴアルバムが発売される予告が音楽雑誌などでされていて、日本の発売元であるビクターからは「ロックンロール・パーティー・イン・トウキョウ」というタイトルまで公表されていたのですが、急遽発売中止になったという経緯がありました。実際に日本公演にはプロデューサーが同行して録音がされていたそうですが、様々な事情があってリリースには至らなかったようです。ただ、ロサンゼルスのフォーラムで収録が行われたとされるこの"Alive II"には、その日本公演での音源なのではと言われている曲が含まれており、更には初来日時の音源であると思われる"Beth"が含まれています。黄色い歓声や手拍子などは"DVD"の"Kissology"に収められていた武道館のライヴと殆んど同じなので、恐らくは間違いないと思いますが、ただ、それらについてはアルバムには何もクレジットがされていません。

アルバムは"Alive"以降にリリースされた3枚のスタジオアルバム"Destroyer"、"Rock And Roll Over"、"Love Gun"からそれぞれ均等に5曲ずつが選曲され、"Alive"とは曲のダブりが無い構成になっています。ライヴの定番曲である、"Rock and Roll All Nite"や"Black Diamond"等が収録されていないものの、絶頂期とも言える時期のスタジオアルバムからの選曲ということで、物足りなさを感じることは全く無いですね。実際、この3枚のスタジオアルバムからはその後のライヴでの定番となった曲を含め、数多くの名曲が誕生していますからね。

又、"Alive"と曲のダブりが無いことで、"Alive"の存在意義を保ちつつも、"Alive II"ならではの価値を持たせたことが結果的にキッス史に於いても両立するライヴアルバムとして君臨し続けているのだと思います。

Booklet: Alive II / KISS  Booklet: Alive II / KISS

それともうひとつこの"Alive II"を語る上で忘れてはならないのは、レコード盤のD面(CDでは16〜20曲目)に収録された5曲の新曲。当時はこういった変則的な構成は珍しかったのですが、個人的にはこれらの新曲にも当時は興奮し、けっこうハマって聴いてました。例えば、シングルカットもされた"Rocket Ride"はエースがヴォーカルをとる曲の中では1番といっていい位に好きな曲ですし、いかにもポールといった雰囲気のあるカッコイイ曲"All American Man"は、その後のライヴではこの曲がオープニングに使われるのでは? と思っていた程。又、ジーンのキャラクターに似合った久々のへヴィーな曲"Larger than Life"にも当時は夢中になっていました。そしてこれらの曲は自分で作ったお気に入りのベストアルバム(カセット・テープ)にも必ず入れていましたからね。そういえば当時は"Love Gun"の延長線上で作られたようなこれらの新曲が、"Love Gun"に収められてたいくつかのつまらない曲の代わりに入っていれば"Love Gun"はもっと素晴らしいアルバムになっただろうに、なんてことを思ったりもしていましたね。ちなみに5曲の新曲はフェードアウトで終わる曲は無く、全てがライヴのようなエンディングになっています。多分この辺りも計算されての演出なんでしょうね。

LPレコードのラベル:Alive II / KISS  LPレコードのラベル:Alive II / KISS

アルバムはビルボードチャートで7位(2x Platinum / RIAA-1996)を記録。又、シングルカットされた"Shout It Out Loud (Live)"が米54位、"Rocket Ride"が米34位をそれぞれ記録しています。

▼ KISS Alive II television commercial
https://www.youtube.com/watch?v=UekcscEMAk0

▼ KISS - Alive II Extended TV Promo
https://www.youtube.com/watch?v=vlAcxcSkuBI

MEMBERS
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Guitar, Vocals
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Bass, Vocals
• Ace Frehley (エース・フレーリー) - Guitar, Vocals
• Peter Criss (ピーター・クリス) - Drums, Vocals

TRACK LIST (2枚組LPレコード)
[Disc 1]
Side A: 1. Detroit Rock City / 2. King Of The Night Time World / 3. Ladie's Room / 4. Makin' Love / 5. Love Gun
Side B: 6. Calling Dr. Love / 7. Christine Sixteen / 8. Shock Me / 9. Hard Luck Woman / 10. Tomorrow And Tonight
[Disc 2]
Side C: 1. I Stole Your Love / 2. Beth / 3. God Of Thunder / 4. I Want You / 5. Shout It Out Loud
Side D: 6. All American Man / 7. Rockin' In The U.S.A. / 8. Larger Than Life / 9. Rocket Ride / 10. Any Way You Want It

(記:2011年5月 / 更新:2015年4月)


    OUT OF THE BLUE TOUR - LIVE AT WEMBLEY / E.L.O. (2002)

DVD Cover (front): Out of the Blue Tour - Live at Wembley / E.L.O.

Inner Sleeve: Out of the Blue Tour - Live at Wembley / E.L.O.


"E.L.O."の映像作品は極めて少ないのですが、これは"E.L.O."史上最も大掛かりなステージセットでライヴを行っていた"Out of the Blue Tour"のもので、収録されているのは、1978年のロンドンのウェンブリースタジアムでのライヴです。"Out of the Blue Tour"といえば、巨大な宇宙船を模したステージセットが当時は話題にもなっていたのですが、残念ながらこの映像からはその全体像が分かりにくい印象です。

映像には時代を感じさせられるようなエフェクトが施されていて、若干うっとうしい部分もあるのですが、それでも、チェロ奏者の2人が大きなチェロを頭上に持ち上げたり、回転させたり、はたまた引きずりながらステージ上を動く様が見れたりと、"E.L.O."ならではのライヴの様子が楽しめます。

"Out of the Blue Tour"でのライヴということで、個人的に最も好きなアルバムである"Out of the Blue"からの曲を楽しみにしていたのですが、残念ながら、ライヴで再現するのは難しかったのか、それとも編集によって手が加えられているのかは定かではありませんが、"Out of the Blue"からの曲の大半はレコードの音源を使ったテープが使用されているようです。ちなみに、"Out of the Blue"からの曲で収録されているのは、"Turn to Stone"、"Sweet Talkin' Woman"、"Night in the City"、"Standin' in the Rain"、"Mr. Blue Sky"、"Wild West Hero"の6曲です。

と、多少不満な点はあるのですが、とはいっても、"E.L.O."のライヴが映像として見れること自体が貴重でもあるので、買って損したという思いは全くありません。おまけに、この"DVD"には、"Discovery"に収録されている全曲のビデオクリップも併せて収録されていますからね。

ただ残念なことに、このツアーを収録した"DVD"は今のところ日本でのリリースはされていないようで、私が買ったこの"DVD"も輸入盤になるのですが、「リージョン 0」ということで、国内のプレイヤーやパソコンでも問題なく見れました。

TRACK LIST
(Live At Wembley)
1. Introduction / 2. Standing In The Rain / 3. Night In The City / 4. Turn To Stone / 5. Tightrope / 6. Telephone Line / 7. Rockaria! / 8. Wild West Hero / 9. Showdown / 10. Sweet Talkin' Woman / 11. Mr. Blue Sky / 12. Do Ya / 13. Living Thing / 14. Roll Over Beethoven
(Discovery - Video Clip)
1. Shine A Little Love / 2. Confusion / 3. Need Her Love / 4. The Diary Of Horace Wimp / 5. Last Train To London / 6. Midnight Blue / 7. On The Run / 8. Wishing / 9. Don't Bring Me Down

(記:2011年6月 / 更新:2013年7月)


    ONE WOMAN'S LIVE JOURNEY / OLIVIA NEWTON-JOHN (2000)

Album Cover (front): One Woman's Live Journey / Olivia Newton-John   CD Case (Back Cover): One Woman's Live Journey / Olivia Newton-John   CD: One Woman's Live Journey / Olivia Newton-John

'99年の8月26日と27日にニュージャージー州アトランティック・シティで行われたライヴを収録したこのライヴアルバム、残念ながら日本ではリリースされなかったようで、私が買ったのはオーストラリア盤です。しかも買ったときは知らなかったのですが、限定生産だったらしく、現在はリリースされてないようですね。

"Xanadu"で始まるこのライヴアルバムは、新旧のヒット曲を織り交ぜたグレイテスト・ヒッツ・ライヴとも呼べる豪華なもので、実際、収録曲を見ただけで欲しくなって購入しました。しかも嬉しいことに、全21曲と収録曲が多いにもかかわらず、メドレー等で短縮して歌われる曲は無く、全曲フルで聴けるんですよね。

主だった収録曲を挙げてみますと、先に挙げたオープニングの"Xanadu"を筆頭に、"Magic"、"Don't Stop Believin'"、"Jolene"、"Sam"、"Have You Never Been Mellow"、"Suddenly"、"You're the One That I Want"、"Hopelessly Devoted to You"、"Physical"、"I Honestly Love You"といった代表曲は勿論のこと、"Precious Love"や"Don't Cut Me Down"といった比較的新しい曲、それに"Let Me Be There"や"If You Love Me (Let Me Know)"といった初期のカントリーミュージック・フレバーなヒット曲などファンにはたまらない構成です。

かつては国連の環境親善大使も務め、現在では自らガンの研究と治療を行うセンターを設立したりと、様々な慈善活動を精力的に行っているオリヴィアですが、見せかけではない内面から放たれる知性と気品はそんな彼女の魅力でもあります。

そして、このアルバムは、アルバムリリース前に亡くなられたオリヴィアの母アイリーンに捧げる旨のクレジットがされています。祖父がノーベル賞受賞者で、父は有名大学の教授と、学識高い家庭環境だった所為か、当初はその母親にも歌手への道を強く反対されていたそうですが、その後は良き理解者として応援してくれていたそうです。

Booklet: One Woman's Live Journey / Olivia Newton-John TRACK LIST
1. Xanadu / 2. Magic / 3. Don't Stop Believin' / 4. Please, Mister, Please / 5. Jolene / 6. Let Me Be There / 7. Sam / 8. Have You Never Been Mellow? / 9. Precious Love / 10. Not Gonna Give Into It / 11. Flower / 12. Back With A Heart / 13. Suddenly / 14. You're The One That I Want / 15. Hopelessly Devoted To You / 16. Summer Nights / 17. Don't Cut Me Down / 18. Somewhere Over The Rainbow / 19. If You Love Me / 20. Let's Get Physical / 21. I Honestly Love You

NOTES
• レーベル:Festival Mushroom Records
• 発売国:Australia (輸入盤)

(記:2011年7月 / 更新:2015年7月)


    AMMONIA AVENUE / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984)

CDの帯:アンモニア・アヴェニュー / アラン・パーソンズ・プロジェクト

Album Cover (front): Ammonia Avenue / The Alan Parsons Project
私が初めて買った"The Alan Parsons Project"のアルバムが、この「Ammonia Avenue / アンモニア・アヴェニュー」でした。アルバムを購入した当時はレコード盤でしたが、後にCD化された際も、直ぐに買った記憶があるので、恐らくはこの手持ちのCDも初CD化された際に購入したものではないかと思います。

レコード店で色々と物色していたときに、たまたまこのアルバムを見つけ、何も知らないまま、「アンモニア・ヴェニュー」という摩訶不思議なタイトルと、これまた不思議なジャケットに惹かれて買ったというのが、初めて"The Alan Parsons Project"のレコードを手にしたときの経緯なのですが、ただ、何となく好きになれそうな予感みたいなものがあったので、買うか買わないかで迷うこともさほどなかったように覚えています。それに、タイトルやジャケットのイメージに反し、レコードの帯にはポップという文字があったので、ある程度は聴きやすいサウンドなんだろうという思いはありましたし、未知なる物に対する好奇心もありましたからね。

そして、そんな賭けのような行為で買ったレコードも、1曲目の"Prime Time"を聴いて、自分の直感がハズレではないことを確信したことは今も覚えています。ただ、2曲目と3曲目があまり好きになれそうな感じの曲ではなかったので、もしかしたら1曲目だけかも? なんて不安も感じながら聴き進めていたんですよね。ところがどっこい、4曲目の"Since The Last Goodbye"以降は魅力的な曲のオンパレードで、そのときはホントこのアルバムを買ってよかったと思いましたね。しかもラストを締め括るタイトルトラックでもある"Ammonia Avenue"のスケール感ときたら・・・。

アルバムの印象としては、どことなく安心感のようなものがありますね。その安心感が心地良さでもあるのですが、流行り廃りとは無縁に、こういったサウンドはこの先もずっと人々の心に残っていくのではないかと思います。又、そういった点では、エンジニアとしてビートルズやピンク・フロイドのアルバム製作にも携わったのは伊達じゃないと感じさせられるところでもあります。さすがアラン・パーソンズ。

このアルバムをきっかけに、その後は"The Alan Parsons Project"のアルバムを買い集めていったのですが、やっぱり初めて買った"The Alan Parsons Project"のアルバムということで思い入れもあるのか、やっぱりこのアルバムが今でもよく聴きますし、一番好きですね。

▼ こちらはLPレコード盤。

Japanese 12-inch Vinyl Record: Ammonia Avenue / The Alan Parsons Project   Japanese 12-inch Vinyl Record: Ammonia Avenue / The Alan Parsons Project

アルバムは、米15位、英24位を記録。又、シングルの方は、先にシングルとしてリリースされ、前作のベストにも収録されていた"You Don't Believe"が米54位、アルバムからのファーストシングル"Don't Answer Me"が米15位、セカンドシングルの"Prime Time"が米34位をそれぞれれ記録しています。

そして、チャート成績をウェブ上で確認しているときに知ったのですが、残念ながらエリック・ウルフソンが亡くなられていたんですね・・・。何も知らず、アラン・パーソンズとエリック・ウルフソンのコンビ復活、即ち"The Alan Parsons Project"の再始動を悠長に待っていたとは・・・。そうかぁ、もう新たにアランとエリックによって生み出される楽曲を聴くことはできないのか・・・。ご冥福をお祈りしますとしか言えないのが残念です。

Album Cover (back): Ammonia Avenue / The Alan Parsons Project TRACK LIST
1. Prime Time / 2. Let Me Go Home / 3. One Good Reason / 4. Since The Last Goodbye / 5. Don't Answer Me / 6. Dancing On A Highwire / 7. You Don't Believe / 8. Pipeline / 9. Ammonia Avenue

1. プライム・タイム / 2. レット・ミー・ゴー・ホーム / 3. ワン・グッド・リーズン / 4. ラスト・グッバイ / 5. ドント・アンサー・ミー / 6. ダンス・オン・ア・ハイ・ワイヤー / 7. ユー・ドント・ビリーヴ / 8. パイプライン / 9. アンモニア・アヴェニュー

NOTES
• CD発売年:1988年
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年8月 / 更新:2015年7月)


    GREATEST HITS LIVE / NEW ENGLAND (2003)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ・ライヴ / ニュー・イングランド

Album Cover: Greatest Hits Live / New England
解散から20年を経てリリースされた"New England"初のライヴアルバムがこの「Greatest Hits Live / グレイテスト・ヒッツ・ライヴ」です。ただ、"New England"唯一のライヴアルバムということで、貴重であることは確かなのですが、正直言うとやや期待ハズレといった感じでしたね。とは言っても、これはあくまでもリリースする側の問題なのですが。

とり上げておいて、のっけから愚痴を言うのも何なのですが、これまで"New England"のライヴ音源は聴いたことがなかったので、結構期待していたものの、いかんせん音質がよろしくないんですよね。

ほとんど編集がされていない生のサウンドと言えば聞こえはいいのですが、裏を返せば、編集にお金と手間をかけていないということで、例えば"Shall I Run Away"のようなバラードだと静かな部分では耳障りなヒスノイズがけっこう目立ちますし、他の曲でも所々で定位が乱れたり、音が波打つところがあったりします。特に5曲目の"Encore"以降は音のうねりが酷く、オフィシャルでリリースするにはクオリティーに難有りといった印象。マスターテープ自体の状態があまり良くないにしても、手間をかけてマスタリングすれば、ある程度は改善できるはずだと思うのですが、結局はどちらかといえばマニア向け商品である所為か、コストカットで手っ取り早くリリースされてしまったというのが実情のように感じます。

ということで、音質という点では有名どころのバンドがリリースするライヴアルバムに比べるとクオリティーの差は否めない感じ。ファンとしては、やはり商品としてリリースするからにはできる限り最良の状態でリリースして欲しいところです。

残念ながら、音質も然ることながら、ブートレッグ並みのジャケットデザインといい、リリースする側にバンドへの愛情といったものがあまり感じられないというのが正直な感想ですね。ただ、そうは言っても、一応はラインで録音されているし、マスターテープの劣化という部分を除けばそこそこの音質なので、ブートレッグと思って聴けば、それなりに楽しめなくもないです。

結局はオフィシャルでリリースされるということで、相応のクオリティーを期待したが為に、落胆する部分があったのですが、考えようによっては、これ以上の音質のブートレッグも滅多に無いだろうし、"New England"のライヴサウンドを体感できたというだけでも買って良かったのかなとも思います。ただ、やっぱり"New England"はスタジオ盤の方が楽しめるというのが正直な感想ですね。

なお、10曲目からラストの13曲目までは音の雰囲気がガラリと変わるので、恐らくは本編とは別の会場で録音されたものではないかと思います。

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

CD Case (back): Greatest Hits Live / New England TRACK LIST
1. Alone Tonight / 2. Shoot / 3. Hello Hello Hello / 4. The Last Show / 5. Encore / 6. Hey You're On the Run / 7. Shall I Run Away / 8. Nothing To Fear / 9. Don't Ever Wanna Lose Ya / 10. Explorer Suite / 11. P.U.N.K. / 12. You'll Be Born Again

1. アローン・トゥナイト / 2. シュート / 3. ハロー・ハロー・ハロー / 4. ザ・ラスト・ショウ / 5. アンコール / 6. ヘイ・ユアー・オン・ザ・ラン / 7. シャル・アイ・ラン・アウェイ / 8. ナッシング・トゥ・フィアー / 9. ドント・エヴァー・ウォナ・ルーズ・ヤ / 10. エクスプローラー・スイート / 11. P.U.N.K. / 12. ユール・ビー・ボーン・アゲイン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

(記:2011年8月 / 更新:2015年7月)



■ 掲載しているアルバムジャケット等の写真については、私個人が所有しているCD、レコード等を、購入した商品のコレクションとして紹介しているのものであり、ジャケットデザインに関する著作権及び知的財産権は、それぞれのレコード会社、プロダクション、アーティスト、アートワーク制作者等にあります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Music / Part 10 Navigation Part 11   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.