Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 9 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 9 - PART 2    


誰のためになるわけでもなく、ただただ自分のためだけにやってること。等身大の自分がそこに表現できていればそれでいいかなと。



     No.678 / Untitled #678 (2008)
Work of Jihiro / No.678-a
いくつかの例外を除けば、大半の作品は心の中に渦巻く模様を描いているような感じです。だから「何の絵」と聞かれても答えられなようないものばかりですが、それは感情の混合物のようなものなので仕方ないですね。ただ、好き勝手に湧き出る模様を描いている時間はけっこう幸せ。

Work of Jihiro / No.678-b
     No.679 / Untitled #679 (2008)
Work of Jihiro / No.679-b
このページにある絵の多くは昨年描き始めたもので、これもそのひとつなのですが、放置した後に浮かぶアイディアとか見えてくるというものは多々あるあるように思います。行き詰ったら暫く放っておくのもひとつの手?

Work of Jihiro / No.679-a
     No.680 / 海草にビックリ (2008)
Work of Jihiro / No.680
これは、夏の日の海にユラユラと浮かんでいた時、何かが足に絡みついて、驚き慌てた思い出をベースに描いたもの。実際は流れてきた海草だったわけですが、一瞬ながらも焦りましたね。でも、こんな思い出をベースに作品を制作するってどうなんだか(笑)。

単に綺麗で上手と言われるような絵を描こうとしていただけだったような小学生時代。本当は今描いているようなものをその時代に描いておきたかったなと思うこともあります。今描いているものは、ある意味稚拙な部分を故意に抽出して描いているようなところもあるのですが、それは幼き時代にやれなかった部分を、今更ながらに埋めようとしていることなのかもしれません。

     No.681 / Untitled #681 (2008)
Work of Jihiro / No.681-c
あれこれ探っていると、ひとつの構図からでも様々なバリエーションができてしまい、最終的にどれに絞るか迷ってしまうことは日常茶飯事です。もっと素早く判断できる目が欲しいと良く思いますね。

Work of Jihiro / No.681-a Work of Jihiro / No.681-b
     No.682 / Untitled #682 -Big Eye- (2008)
Work of Jihiro / No.682-a
何だか分からないようなものからスタートした方が、構図を練っていく過程に於いては、想像の幅が広がるように思います。空想、夢想、妄想の産物。

Work of Jihiro / No.682-b
     No.683 / Untitled #683 -雪ニモマケズ- (2008)
Work of Jihiro / No.683
流れの中で生まれてくるアイディアは楽しいですね。初めから予定したものではないから、どんなものができるのかと自分でもワクワクします。
     No.684 / Untitled #684 (2008)
Work of Jihiro / No.684
煮詰まったりした時の気分転換に新たな絵を描き始めることがあるのですが、これはそんな中で生まれた即興的副産物。
     No.685 / ここにいたはずなのに、彼らはもう居ない (2008)
Work of Jihiro / No.685
体長8メートルを超すジュゴン科の大形哺乳類で、1768年ごろに絶滅したと言われるステラーカイギュウ。絶滅の原因は、油を採るための捕鯨が盛んに行われていた時期に、捕鯨船乗組員らの食料として乱獲されたため。

何でもこのステラーカイギュウは、仲間が網などにかかっていると、助けようとするのか、集まってくる性質があったそうです。その仲間思いの優しい性格が故に群れごと捕獲されてしまっていたという何とも悲しい話を子供の頃に何かの本で読んだことを覚えていて、これはその記憶を足がかりにモノクロームの世界で描き始めたものです。彼らに何の罪があるはずもなく、本来なら命が受け継がれ、今も海中で暮らしていたはずなのにと思うと、何ともやるせないですね。

しかしながら、その罪の全てをを捕鯨船の乗組員だけに押し付けてしまうこともできないんですよね。彼らにも又、養うべき家族があり、生きるための手段として精一杯働いていたのだろうから。我々人間は意図的な悪意がなくとも結果的に過ちを犯し生きている。

     No.686 / Untitled #686 -My Experiment Factory- (2008)
Work of Jihiro / No.686
整列した形の集合体をベースに構図を考えるということは、以前から時々やっていることですが、これはアイディアを模索する手段でもあるようです。

想像力や創造力と言っても、やっていることといえば、結局は、頭の中にあるものから何をチョイスするかを考えているだけのように思うこともあります。「人間の判断は知っていることの範囲を出ない」という言葉があるように。でも、何をチョイスするかが個性であり、センスと言われるものじゃないかと思いますね。

     No.687 / Untitled #687 (2009)
Work of Jihiro / No.687
今年の一作目として、とりあえず何か描いてみようと、何もアイディアを持ち合わせていない状態で描き始めたもので、構図も趣くままにとったものです。と、そんな感じで仕上げていったので、殆んど手直しすることもなかったですね。そういった意味ではけっこう素の部分が出ているかも?
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 9 / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.