Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 8 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5 Part 6

simple abstract art by Jihiro
このページにある多くの絵は、昨年に描き溜めていたラフ画にフィニッシュをかけたものですが、とりあえずは新作もいくつか制作できたし、今年のスタートが切れて何よりといった感じです。又、これまではやってなかったデッサンをベースにした作品の制作をちょこちょことやり始めたことも何かしら良い刺激になっているようで、今は色々と楽しみなところもあります。

     No.607 / Happy New Year 2006 (2006)
Work of Jihiro / No.607
昨年末に新年のスタートを意識して描き始めたもので、今年に入ってやったことと言えばサインを入れたことくらいかも。
     No.609 / Imaginary Character #609 (2006)
Work of Jihiro / No.609
昨年描いていた習作のデッサンをアレンジして仕上げたもので、見て描くことを殆んどしない自分にとってはちょっと異質な部類のものかも。きっかけとしては、具象と向き合うことで何かしら発見や展開が得られないかとの思いがあってのことでした。
     No.610 / Untitled #610 (2006)
Work of Jihiro / No.610
心の趣くままに。
     No.611 / Imaginary Character #611 (2006)
Work of Jihiro / No.611
これも習作のデッサンをアレンジして仕上げたもので、シンプルなイラスト風ではあるものの、自分が描いた中では、かなり具象的な部類に入るものではないかと思います。所々で現れてくる「もうちょっと崩してみようかな」という気持ちを抑えながら描き進めていましたが、そんな中で思ったことはといえば、具象には辛抱が必要だということ(笑)。
     No.612 / Untitled #612 (2006)
Work of Jihiro / No.612
殆んど何も考えずに即興的に感情をぶつけるような感じで描き始めたものですが、今思えば、フォルムを意識しながら人物を描いた後の反動だったかも。
     No.613 / Untitled #613 (2006)
Work of Jihiro / No.613
どんな絵が描きたいかというと、テクニックの部分が感じられない絵ということになりますね。例えば、子供の絵がダイレクトに心に伝わってくるのはテクニックの部分が感じられないからだと思うんですよね。そういった理由もあって、できるだけ邪念を無くして描こうとするのですが、いつの間にか小手先で整えようとしてたりして、中々思うようにはいかないですね。
     No.614 / Untitled #614 (2006)
Work of Jihiro / No.614
自分が描いているものは基本的に自己の感情表現だと思ってはいるものの、どちらかと言えばチープな感覚のものです。でも、時には、その時の気分や、ちょっとした気まぐれから、脇道に逸れてみたりすることもあるのですが、結果的にそれらが続くことはなく、結局は自然といつものチープなスタイルに戻ってきます。横道に逸れた中からでも何かしらを得られればとは思うんですけどね。ただ、戻れる場所があるから気兼ねなく横道に逸れることができるというのはあるのかもしれません。
     No.615 / Untitled #615 (2006)
Work of Jihiro / No.615
時として、描きたいという衝動に駆られるときがありますが、そのような時というのはモチーフなんて何でもいいし、別に無くても構わないんですよね。有名な画家が何でもないような対象物を描いていたりしますが、そういった作品を見ると、もしかしたら何でもいいからとにかく描きたかったのかも?と思ったりもします。
     No.616 / Untitled #616 (2006)
Work of Jihiro / No.616
いつものように意味やテーマは存在せず、線でイメージを探りながら描いたものです。特別難しいことなど何もやっていないという自分が描く絵の典型。
     No.617 / Untitled #617 (2006)
Work of Jihiro / No.617
自分の絵に対しては、自分を写しだす鏡のように、その時々の自分が等身大で表現できればと思っているので、大抵は構えることなく軽いスタンスで描き始めますが、途中からはあれこれ悩んだりすることが多いですね。自分の抽象作品の殆んどは抒情詩みたいなものです。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 8 / Part 1 Navigation Part 2   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.