Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 7 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 7 - PART 5    


自分のスタイルなんてものは無いほうがいいんじゃないかと思うときがあります。自分に枠をはめているみたいだし、何よりも、自由に描くことができなくなりそうで・・・。 できる限りは、面白いと思ったことは気兼ねなくやれる状態に身を置いていたいですね。それは、自分にとって自由であることが興味を持ち続ける上で大事な要素だと思っているからでもあります。



     No.602 / Untitled #602 (2005)
Work of Jihiro / No.602
一時はカラフルな絵だったのですが、あまり色の必要性を感じなかったので、大半を白と黒に変えて仕上げてみました。
     No.603 / Girl (2005)
Work of Jihiro / No.603
mackieさんの初個展「GIRL×GIRL×GIRL」開催を自分なりに祝した形で、何か一枚描いてみようと思ったのがこの絵が生まれたきっかけで、普段は全く無視している陰影を意識しながら、多少リアル路線で仕上げました。いつもはフォルムもあまり意識せず、無計画にフィーリングで描くことが多いのですが、これは、「祝して一枚」と言った以上、とりあえずは誰が見ても女性と分かる絵にしようということで(笑)。
     No.604 / Honyalala-hoo (2005)
Work of Jihiro / No.604
描いている時の気分が何となくホニャララ・フーといった感じだったので。
     No.605 / Untitled #605 (2005)
Work of Jihiro / No.605
もっと良くなるんじゃないかと手を加えたり、幾つものパターンを描いてみたりしても、気が付けば単に整えようとしているだけという場合があります。あまり整えることを意識し過ぎると何だか小じんまりとなってしまうんですよね。多少無骨でもそれが勢いであったりする場合もあるし、その辺で時折悩んだりします。画面の外にもイメージを広げられるようなものであればとか、画面をはみ出す位の勢いが欲しいとはよく思いますね。
     No.606 / Untitled #606 (2005)
Work of Jihiro / No.606
通常の作品とは別に、知り合いの二人をアルバムジャケット風に描いたものですが、ここに展示する作品が少なかった為、無理やり作品ナンバーを付けて持ち出してきました。アルバムで言えばボーナストラックのような感じ?

でも、身近な人をモデルにして描くのはやっぱり難しいですね。特に女性の場合は好き勝手にデフォルメしにくい面も多少ありますし、それなりに気を使ったりもします(笑)。天才画家と言われた人でも、恋人に「私と判るように描いて」と言われたエピソードがあったりしますしね。

多少は普通に描けるという見本(笑)。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 7 / Part 5 Navigation Gallery 8   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.