Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 7 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 7 - PART 4    


このページにある10点の絵は、過去に描いた絵の構図の一部を使ってパターンアート的に仕上げてみたもので、一時は過去に描いた全ての絵をやってみようかとも思っていました。コンピューターを使っているので完璧なパターン化も可能なのですが、それではちょっと面白くないので、概ね目分量で揃えながら制作してみました。



     No.592 / Untitled #592 (2005)
Work of Jihiro / No.592
ここにある一連のパターンアート的な構図の絵を描いている時には、ウォーホル(Andy Warhol)の、「繰り返す程に意味は消え有名になる」という言葉が何となくと頭をよぎったりしていましたね。有名うんぬんは別にして。
     No.593 / Untitled #593 (2005)
Work of Jihiro / No.593
意味が存在しないものを描いている時は、何だか心が開放されたような気分にもなります。
     No.594 / Untitled #594 (2005)
Work of Jihiro / No.594
パーツをパターン化させてアナログ的に並べていたので、歪んでしまったと思い、ズレてる箇所を一個一個探していったのですが見つからず・・・。

結論・・・目の錯覚でした(笑)。

     No.595 / Untitled #595 (2005)
Work of Jihiro / No.595
意味が存在しないものを描いている時は空想の幅も広がって楽しいですね。何やってんだろう? なんてことは決して考えてはいけません。
     No.596 / Untitled #596 (2005)
Work of Jihiro / No.596
ここにあるものは単なる模様の連続であって、それ以外には何も無いのですが、何となくそれが自分らしいような気もします。それにしても、パターン化したものを「拡大」「縮小」と表示を切り替えて作業しているとほんと目や感覚がおかしくなってきますね。
     No.597 / Untitled #597 (2005)
Work of Jihiro / No.597
バランスのこと以外は殆んど何も考えずに描いたように思います。途中で視覚が変になって、頭がこんがらかったりしてましたけど(笑)。
     No.598 / Untitled #598 (2005)
Work of Jihiro / No.598
自分の作品に高度なテクニックなどは存在しません。あるのは形と色だけ。
     No.599 / Untitled #599 (2005)
Work of Jihiro / No.599
繰り返す程に意味は消える。意味のないことを繰り返す。この2つは意味としては違うけど、結果的には同じなのではないだろうか?
     No.600 / Untitled #600 (2005)
Work of Jihiro / No.600
プライベートな作品を制作していて何が楽しいかというと、他人の意見を聞かなくていいこと(笑)。しかも、誰にも迷惑をかけないし。
     No.601 / Untitled #601 (2005)
Work of Jihiro / No.601
「アートとは目に見えるものをそのまま写すのではなく、目に見えないものを描くこと」との誰かの言葉にとても共感したことを覚えているのですが、共感しておきながら、誰の言葉だったかは全く覚えていません(笑)。特にモダンアートにおいてはその傾向も顕著なようですね。私の場合は、単に自分が面白そうだと思うものを描いているだけで、特別そういった事を考えて描いているわけではありませんが、心のどこかには何となくそれに似た思いはあるような気がします。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 7 / Part 4 Navigation Part 5   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.