Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 7 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 7 - PART 3    


各作品にはそれぞれコメントを添えていますが、大抵は作品に対するコメントというよりも、その時の思いといったものを綴っている感じです。なるべくなら絵のイメージを固定したくないという思いも多少ありますが、実際は、自分でもよく分からないからというのが正直なところかもしれません。ただ、言葉を添えることで解釈の自由度が狭まることがないようにとは思っています。



     No.585 / Untitled #585 (2005)
Work of Jihiro / No.585
実在する対象物を描写することをあまりしないのは、具体的に何と分からないものを描いている方が自分でも色々と空想できて楽しいから。自分の場合は、具体的にそれと分かる対象物を描いていると、どうしても形に拘ってしまい、そこに自分を投影することが難しくなるように思うんですよね。
     No.586 / Untitled #586 (2005)
Work of Jihiro / No.586
自分が描いているものの大半は、具体的な意味を持たない、自分でも説明のしようがない絵ですが、そこに意図するものは無く、メッセージを発するものでもありません。自分では、心の中に渦巻く様々な感情が交じり合って生まれたものと認識しているようなところがあります。
     No.587 / Untitled #587 (2005)
Work of Jihiro / No.587
構図を考える場合、一番に考えているのは、バランスと如何に自分の琴線に触れるものにしていくかといったことで、基準としてはそんなところを考えて描き進めていますが、後は足したり引いたりといったことを繰り返しているようなところもあります。
     No.588 / Untitled #588 (2005)
Work of Jihiro / No.588-b
理想通りに仕上げるというのは中々難しいことで、これも結果的には当初思い描いていたものとはかなり違ったものになりましたね。途中からは、理想よりも、その段階でのイメージに合わせて描き進めていった感じですが、ある意味、それは子育てと似ているのかも?

Work of Jihiro / No.588-a
     No.589 / Untitled #589 (2005)
Work of Jihiro / No.589
これはボツにした構図の中から拾ってきたパーツをベースに発展させていったものです。でも、時にはそんなプロセスを経て描いたものの方が、懸命に考えた構図よりも面白いものができたりすることもあり、ちょっと複雑な心境になることも・・・。でも、そういったことがあるから面白かったりもするんですよね。
     No.590 / Untitled #590 (2005)
Work of Jihiro / No.590
意味などは存在しないものを描いていても、知らず知らずのうちに自分の本性が何処かに現れているのでは? と時々思うことがありますね。
これは、途中から自分でも何が何だか解らなくなったもので、破棄しようかなと思いながらも、結局は最後まで何が何だか解らないまま仕上げた感じでしたね。
     No.591 / Untitled #591-1 & #591-2 (2005)
Work of Jihiro / No.591-1
上の絵から細胞分裂して生まれたようなもの。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 7 / Part 3 Navigation Part 4   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.