Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 7 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 7 - PART 2    


威張って言えることではないのですが、恐らく自分は全身全霊を傾けて描いてはいないと思いますね。とは言っても、手抜きをしているつもりは無く、その時点では可能な限り納得できるものにしようとしているのですが、一切の妥協も無く、これ以上は無理と言えるほど精魂込めて描いていると胸を張って言えるかというと、そうでもないという事。全身全霊で描けたならと思うこともあるけれど、なんだか楽しさが失われてしまいそうで・・・。



     No.575 / Untitled #575 (2005)
Work of Jihiro / No.575
これも同じく画面を分割した構図によるものですが、こういった構図を考えるときには、やはりデジタルが便利と実感します。
     No.576 / Untitled #576 (2005)
Work of Jihiro / No.576
同じようなものを描いていると飽きてくるので、ちょっぴり目先を変えてみたかったのかも。
     No.577 / Untitled #577 (2005)
Work of Jihiro / No.577
3パターン描いていたものを、「いっそのことひとつにしてしまえ」といった感じで上中下に合体させて仕上げたもの。
     No.578 / Untitled #578 (2005)
Work of Jihiro / No.578
そういえば、普通に人物を描くことは滅多にないですね。
     No.579 / Sunset (2005)
Work of Jihiro / No.579
自分の心にあるフィルターを透して夕暮れを描いたといった感じ。
     No.580 / Untitled #580 (2005)
Work of Jihiro / No.580
割合スンナリと仕上がったもので、自分にとってはスタンダードなスタイルのように思います。
     No.582 / Untitled #582 (2005)
Work of Jihiro / No.582
和洋折衷という意識を何処となく持ちながら描いていましたね。別にタコを描いたわけじゃないですが、タコでもかまいません(笑)。
     No.583 / Untitled #583 (2005)
Work of Jihiro / No.583
何となくデジタルといったものを意識しながら描いたも。
     No.584-A / Untitled #584-A (2005)
Work of Jihiro / No.584-a
プライベートな作品の制作においては、できるだけ物の形というものから意識を遠ざけて描くことが多くて、こういった一見して何と分かる構図の絵を描くのは稀なのですが、実際は、別に自分の中でそうしようと決めているわけではなく、面白そうだと思えば何も気にせず描いている結果、そんなものが多くなったというだけのことなんですよね。

これは内面から出てくる表情というものを多少意識してみたもので、その時の気分や見方によって様々な表情にもとれるようなものを探りながら描いてみました。自画像ではありませんが、その時々の自分を映し出す鏡みたいな絵ですね。

     No.584-B & 584-C / Untitled #584-B & #584-C (2005)
Work of Jihiro / No.584-b
上の絵の別ヴァージョンですが、基本的な構図に大した違いはなくて、あれこれやっていた中で生まれた産物。

Work of Jihiro / No.584-c
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 7 / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.