Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 6 ► Part 1 Part 2 Part 3

GALLERY 6 - PART 3    


去年、もしくは、それ以前からラフのままというものもがけっこうあります。中々仕上げに取り掛からないのは、ラフという形でも残しておけば、後はいつでも仕上げられるという安心感が生まれてしまうからということも理由のひとつとしてあるように思うのですが、完成予定像が見えていると興味が薄れるという部分も少なからずあるようです。



     No.537 / be related to ... (2004)
Work of Jihiro / No.537
いつもは制約が無い空間に身を置いている感じで、何を描くと決めずに描いていることが多いのですが、これは多少テーマを持って描き始めたものです。
     No.538 / Untitled #538 (2004)
Work of Jihiro / No.538
作品を通してその人の内面が現れると良く言われますが、自分の場合はどうなんでしょうね。他人に分析されるのは好きじゃないので、誰かに何かを言われたとしても否定すると思いますが(笑)。
     No.539 / Untitled #539 (2004)
Work of Jihiro / No.539
琴線に触れる形や色の組み合わせを人それぞれに持っていると思うのですが、それは音符の組み合わせと通じるものかもしれませんね。素直にそれらを表現できたらいいのですが、色々な煩悩が邪魔をしているようなところがあります。
     No.540 / 躍動 (2004)
Work of Jihiro / No.540
この絵の構図は今年行われたアテネ・オリンピックが発想元になっています。躍動感を意識して描いていましたが、自分も内面的にもっと躍動したいとの想いも含んでいるのかも。
     No.541 / Untitled #541 (2004)
Work of Jihiro / No.541
デジタルというと、温かみが無いとか、冷たいといった印象を持つ人も多いようですが、個人的にはデジタルならではの利点を生かすのもひとつの手段(表現方法)だと思っています。もちろん嫌いな人は嫌いでいいと思いますし、別に批判する気もありません。ただ、かつてロックなんて騒音と一緒だとか、エレキギターなんて楽器ではない、ビートルズなんてクラシック音楽に比べたらクズ同然、といって耳を貸さなかった人達のことをふと考えてしまいます。実際に自分が感じたのであれば、人それぞれなので別に構わないと思いますが、一般的な意見や先入観に支配されるのはどうかとは思いますね。
     No.542 / Untitled #542 (2004)
Work of Jihiro / No.542
基本的な構図は即興的に描いた線が基になっています。勝手な推測ですが、即興で描くという事と衝動買いというのは何となく似ているように思います。衝動買いというと一見無節操に見えるけど、実は判断力が優れていないとできないのではなかと。価値判断が素早くできるから決断も早いのではないだろうか? もちろん一概にそうと言えない部分はあるとは思いますが。でも、概ねその判断が成功していなければ続けられないとも思うし、ある意味、自分のに対しての正直さがそこには含まれているのではないだろうか。
     No.543 / Untitled #543 (2004)
Work of Jihiro / No.543
描くときに余計なことを考え過ぎているような気が何となくしていたので、頭に浮ぶに任せる状態のまま描いてみたといった感じですね。できればもっとこう本能みたいなもので描きたいけど、中々それができないんですよね。素直じゃないからなんでしょうか?

これはシカゴの「素直になれなくて」を聴きながら描きました。(ウソです)

     No.544 / Untitled #544 (2004)
Work of Jihiro / No.544
恐らく自分はこの先も3DのCGという方向には進まないと思いますね。個性が出にくいという思いも多少はあるのですが、コンピューターを使って描いてようとも、やっぱり"2D"が好きなんですよね。

私は画材道具としてコンピューターを使ってはいるけれど、別にデジタルが特別好きというわけではないし、アナログならではの良さもそれなりに理解しているつもりではいます。ただ、自分が描こうとするものはアナログでなければならないという理由が見つからないのと、アイディアを形にするのにデジタルが便利だからそうしているというだけの事であって、本当はアナログであろうとデジタルだろうと道具として使い勝手がよければそれで良いのです。

     No.546 / Untitled #546 (2004)
Work of Jihiro / No.546
以前に描いたものをヒントに、違うタイプの絵として新たに作ったものです。
     No.547 / Untitled #547 (2004)
Work of Jihiro / No.547-1
基本的な構図は、過去に描いた2つの絵から拾ってきたパーツをひとつに組み合わせて生まれたものです。元々はこのサイトのトップ用にと描き始めたもので、その後に多少手を加えて完成させました。


Work of Jihiro / No.547-1-a Work of Jihiro / No.547-1-b

以下、パート2、パート3、パート4

Work of Jihiro / No.547-2 Work of Jihiro / No.547-3 Work of Jihiro / No.547-4

Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 6 / Part 3 Navigation Gallery 7   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.