Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 6 ► Part 1 Part 2 Part 3

simple abstract art by Jihiro
自分が描くものの殆んどは、その時の内面の描写みたいな感じなので、たとえ何を描こうと決めずに制作に取り掛かったとしても、構図なりアイディアなりが割合スンナリと出てくるのが普通のようなところがあります。だから、それらが出にくい状況になっているのであれば、それは内面的に乏しくなっている部分があるからかもしれません。言い方を変えれば、新たな経験値が不足しているからという事にもなるのですが、子供の頃、目の前に紙があれば何も考えずに描けたのは、日々新たな経験があったからかもしれません。

     No.513 / ? (2004)
Work of Jihiro / No.513
年初めの1作目は、いつものように単色の組み合わせで描きました。ベタ塗りは構図の良し悪しが分かり易いところが好きですね。それに、何となく感情をダイレクトに表現できるような気もしますし、アートっぽくしようという変な意識が働かないという事も自分には良いみたいです。
     No.514 / Untitled #514 (2004)
Work of Jihiro / No.514
意図的に未完成っぽく仕上げてみました。以前にも同じような感じで仕上げたことがあったのですが、その方が色々と想像できて楽しいかなって。
     No.515 / ? (2004)
Work of Jihiro / No.515
"No.513"の続編という形で描き始めたものですが、大した意味はありません。
     No.516 / Untitled #516 (2004)
Work of Jihiro / No.516
これも未完成っぽい感じで仕上げたもので、最低限の色と線で極力シンプルにしてみました。
     No.517 / Untitled #517 (2004)
Work of Jihiro / No.517
これは構図を建築現場のようなイメージにすることで、作品自体も未完成であるということを表現してみようとしたものです。その先は、見る人がそれぞれに完成形を想像してもらうことにより、この絵が完成するといった企てなのですが、一時期、これは自分が考えた表現方法だと思っていたら、過去にやってた画家がいらしたようで、それを知った時にはちょっとガッカリしましたね。

まぁ、それでも、先にそれを知っていたとしたらやらなかったかもしれないことを考えると、知ってなくてよかったんじゃないかと思ったりもします。今は、誰かが既にやっていたという以上に、過去の偉人と同じことを考えてたということの方が嬉しいですね。

     No.518 / Untitled #518 (2004)
Work of Jihiro / No.518
自分は芸術家や画家について知らない事も多いので、既に誰かがやっていたにも関わらず、自分が見つけた手法だと思い込んでいたという事が時々有ります。それでも、何かのきっかけで、偉大な画家と同じような事を考えていたのを知ったりすると、遠い存在であった人が、ちょっぴり身近に感じたりすることもあります。

手法や表現方法といった事ではありませんが、以前、自分の作品もそれなりに手間が掛かっているという事を証明する為に、制作過程の下絵や構図を残していた事もあるのですが、実は、かのマティスも同じような思いから、過程を写真に撮って残していた時期があったということを後に知ってムフフということもありました。今は作品の良し悪しに手間の程度は関係ないと思っているのでそのようなことはやっていませんが、今から考えると可笑しくなるようなことを他にも色々とやってましたね。

     No.519 / Untitled #519 (2004)
Work of Jihiro / No.519
実を言うと、これはパソコンのモニター上に現れた小さなクモとマウスポインターで戯れていた中で生まれた構図なんですよね。ということで、これはある意味クモとのコラボレーションとも言えるもので、もし、あの時、クモが現れなかったら生まれてなかった作品でもあります。
     No.520 / Untitled #520 (2004)
Work of Jihiro / No.520
これも殆んど無作為な落書きの中から生まれたもので、あまり手を加えること無く、ラフなイメージで仕上げました。
     No.521 / 鶏 (2004)
Work of Jihiro / No.521
子供の頃は動物の絵を描くのが好きだったのですが、今でも時々ふと描きたくなるときがあるんですよね。

Work of Jihiro / No.521-2
     No.522 / Untitled #522 (2004)
Work of Jihiro / No.522
これは仕上げるのにけっこう手こずりましたね。元々は数本の線から発展させていったもので、それぞれの線が互いに影響し合っているといった感じでエコロジーを表現しようとしていましたが、結局は、その後にテーマは破棄して仕上げていきました。テーマという呪縛から解き放たれたことで大胆になれたこともあり、当初からすると大きく変貌したものになりましたね。

でも、元をただせば、そういったテーマで考えていたからこそ生まれたものなので、当初考えていたテーマといったものも無駄ではなかったことになります。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 6 / Part 1 Navigation Part 2   Navigation   
JIHIRO'S GAIT / SINCE 2003