Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 5 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 5 - PART 5    


描く絵が増えるにつれ、やはり絵とは心の投影なんだと改めて感じます。心が荒んでいても、そこそこの技術を持っていればそれなりに「上手く見える絵」は描けるのでしょうが、きっと「良い絵」は描けないのではないかと。技術を磨くことも大事でしょうが、良い作品を制作するためにはそれ以上に内面を磨くことが大切な要素だと思いますね。作品の質を深めていこうとすれば最終的にはどうしてもそこに辿り着くような気がします。一概に内面を磨くといってもそう容易いことではありませんが、人との出会いの中から気付かされる部分というものは多々あるように思います。



     No.510 / Untitled #510 (2003)
Work of Jihiro / No.510
正直言って、自分の絵を解説するのには苦労します。絵を描いてる方がまだ楽かも?

これは模様として見てもらえればそれでいいかと(逃げ)・・・。

     No.511 / Untitled #511 (2003)
Work of Jihiro / No.511
上の作品のパート2といった感じですね。これもコメントする言葉が見当たらないのですが、よく考えたら"Untitled"を説明すること事態に無理があるんじゃないかと今頃気付きました。
     No.512 / Untitled #512 (2003)
Work of Jihiro / No.512
作品自体に意味やテーマが存在しないものを描くことが多いのですが、全体を通しての一貫したテーマというか目指しているものはあるんですよ。それは貝殻の模様とか、雲が織り成す模様のようなもので、そこに意味や意図が存在していなくてもデザインとして成り立ち、勝手に想像でき、自分なりの解釈ができるもの。と、そんな感じの作品を制作できければと思っています。ただ、そうは言っても、意味や意図を超越して心に響くものを描くというのは、そう容易いものではないんですよね。改めて思うことは、やっぱり自然が織り成すものってとてつもなく凄いものなんだということ。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 5 / Part 5 Navigation Gallery 6   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.