Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 5 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 5 - PART 4    


2003年はサイトを立ち上げた年だったこともあり、そちらの構築に時間を費やしていた為に、作品の制作に取り組む機会は少なかったように思います。ただ、今後はネットで作品を公開するにしても、等身大の自分を表現することは忘れないようにしようとは思ってましたね。



     No.500 / 500 (2003)
Work of Jihiro / No.500
型にはめずに自由に描くということを大事にしているつもりなんですが、自由だからこそ難しい部分というものがあったりします。自由の中にもしっかりとした信念みたいなものが無いと駄目ですね。さもないと、漠然とした自由の中で行く当ても無くただ彷徨い続けるだけ、といったことにもなりかねません。意外と、いつもは邪魔くさいと思う「テーマ」というものがあった方が、実は取り掛かりやすかったりもします。

節目となる作品ナンバーになった時は、その数字をモチーフに構図を考えるという事がいつの間にか自分の中で定番化していて、意外とこれが楽しみだったりします。テーマや課題がある中で考えるという事は、一定の枠内で自分がどれだけやれるか試してるみたいな部分もあって、そこに面白さがあるのですが、それは時々だからいいのかもしれませんね。

     No.501 / Untitled #501 (2003)
Work of Jihiro / No.501
時々、自由という名の元に甘んじているだけではないかと思うときがあります。そんな事を考え出すと手が進まなくなってくるのですが、そんなモヤモヤとした状況から抜け出すには、それでも描くしかないみたいで、描いていればそんな事などどうでもいいような気分になるから不思議です。
     No.502 / Untitled #502 (2003)
Work of Jihiro / No.502
どちらかというと、自分は目的地にたどり着く事よりも、過程の道程に楽しみを見つけたいタイプなようです。時々、あらぬ方向へ行ってみたり、無駄足ってことも多いのですが、無難に効率を考えて進んでいたら、きっとこんな発見はできなかっただろうなという事もたまにあって・・・。

その時は分からないものの、八方塞な状態の時に、「さぁ、これをどうしようか?」と打開策を考える事も実は案外楽しいのかもしれません。沸々と煮えたぎるマグマのような情熱が心の中にあれば多少の悩みや苦しみは飲み込んでしまえるのかも。

     No.504 / Untitled #504 (2003)
Work of Jihiro / No.504
制作に取り組んでいる時は空想の時間でもあります。制作に没頭しているようでも意外と意識の半分は他愛もない事を考えていたりしますからね。でも、かえってそれが意味の存在しない絵を描くことの多い自分には良いのかも知れません。別に意図してやっている訳ではありませんが、知らず知らずのうちにそんな空想的要素がもたらしてくれている部分というのが何処かにあるのではないかと思うこともありますから。時々、作品自体が様々な空想を飲み込んでいくブラックホールと化したように感じることがあります。
     No.505 / Untitled #505 (2003)
Work of Jihiro / No.505
いつものようにパーツで構成された構図の絵です。この時期はこのスタイルから少し離れた感じで描くことが多かったので、多少新鮮な気分で制作できたように思います。
     No.506-1 / Untitled #506-1 (2003)
Work of Jihiro / No.506-1
いつの間にかこんなものができたといった感じ。
     No.506-2 / Untitled #506-2 (2003)
Work of Jihiro / No.506-2
前の作品と連作になっていますが、並べてもひとつの作品となるといった感じで仕上げてみました。

Work of Jihiro / No.506-3
     No.507 / Untitled #507 (2003)
Work of Jihiro / No.507
発想の原点が何処にあったのかは自分でもよく憶えていないんですよね。
     No.508 / Untitled #508 (2003)
Work of Jihiro / No.508
これは内面的な要素を含んだ人物画なんですね。
     No.509 / Untitled #509 (2003)
Work of Jihiro / No.509
子供が描いた絵の中に紛れていても違和感の無い絵が描けたらと思うことがあるのですが、これが思いのほか難しいんですよね。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 5 / Part 4 Navigation Part 5   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.