Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 5 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 5 - PART 3    


構図のヒントとなるものは、大抵、日常の生活の中から得られます。それは無意識と思える中にも何処かで意識を関連付けて物事を見たり感じたりしているからなのでしょうね。でも、そんな根底に置いている意識というのは、人それぞれに意識の対象は違えども、誰しもが持っているものだと思います。



     No.476 / Untitled #476 (2002)
Work of Jihiro / No.476
自分の感覚とか感性といったものを信じることは中々難しいですが、世間の評価に惑わされずに、自分が良いと感じたものを素直に受け入れていく心を持ち続けていきたいですね。
     No.477 / Untitled #477 (2002)
Work of Jihiro / No.477
骨格となる基本的な部分を描いた時点で、その先が見えずにしばらくは彩色をすることもなく投げ出していたのですが、ある程度方向性が見えてからはアレコレやりながらも割合スムーズに完成させることができました。目的地が見えていれば寄り道もし易いですね。
     No.479 / Untitled #479 (2002)
Work of Jihiro / No.479
これも殆んどドローイングだけという状態でしばらくの間放っておいたのですが、何となくいつもとはちょっと違った感じで仕上げてみようと思ってからは割合スムーズに仕上げることができた感じですね。
     No.480 / ? (2002)
Work of Jihiro / No.480
これはコメントしないほうがいいかも。
     No.481 / ? (2002)
Work of Jihiro / No.481
ラフな線画をそのまま仕上げたものですね。
     No.490 / 月の女と太陽の女 (2003)
Work of Jihiro / No.490
知人の2人をモデルにして描いたものですが、当初は2人を別々に描いていたものの、ある時、2枚の絵を組み合わせてみたら面白い感じだったので、そこから2人を対比させた感じに変えながら描き進めていきました。左にあるのが本人達に見せられるヴァージョンで、下にあるのが本人達には見せられないヴァージョン(笑)。

Work of Jihiro / No.409-B
     No.491 / ? (2003)
Work of Jihiro / No.491
時々、おバカなものを描きたくなります。制作に没頭しているようでも、いつの間にかバカバカしい事を空想しているといった事はよくあることです。
     No.492 / Untitled #492 (2003)
Work of Jihiro / No.492
作風的には"My Standard"といった感じだと思うのですが、いつもに比べると多少ロックしています(笑)。
     No.497 / ? (2003)
Work of Jihiro / No.497
何もイメージせずに描き始めたのが、描き進める内に、何となく太古の世界をイメージしたようなものへと変化していきました。
     No.499 / Untitled #499 (2003)
Work of Jihiro / No.499
空に浮かぶ雲の形のように、あれこれと想像できるようなものであればとの思いから、物の形というものからできるだけ意識を離して描いてみたのですが、そんな思いとは裏腹に上空から見た地形のようなものになっていました。やはり自然が織り成す造形って偉大ですね。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 5 / Part 3 Navigation Part 4   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.