Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 5 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

GALLERY 5 - PART 2    


今ではコンピューターをひとつの画材として捉えている方も多いようで、意外とアートに対して造詣が深い方にそういった方が多い感じがして嬉しいですね。実際、アートに画材や手法は関係無いので当然の流れなのかもしれません。もちろん、デジタルと言えども、あくまでも考えるのは人であって、コンピューターが勝手に構図を考えて描いてくれるわけではないですから、いかに道具として活用できるかといったことじゃないかと。
画材にはそれぞれ一長一短があって、もちろんコンピューターにもそれはあるのですが、結局は、マイナス要素を差し引いても、それ以上にプラス要素に魅力を感じるかどうかだと思うんですよね。



     No.460 / Untitled #460 (2002)
Work of Jihiro / No.460
ちょっぴり寓意的な部分もあるのですが、タイトルはあえて"Untitled"にしています。

今見るとゲルニカもどきっぽい感じもしないでもないですが・・・。

     No.461 / Untitled #461 (2002)
Work of Jihiro / No.461-3
ちょっとした落書を発展させていったもので、特にコレといった意味もありません。
     No.462-1,3,4,7 / Untitled #462 (2002)
Work of Jihiro / No.462-7
スンナリと仕上がればいいんですが、納得できるものになるには時間がかかりますね。何パターンか描いても、終いにはどれが良いのか分からなくなったりしますし。


Work of Jihiro / No.462-1 Work of Jihiro / No.462-3 Work of Jihiro / No.462-5
     No.463 / エメラルドの瞳 (2002)
Work of Jihiro / No.463
この絵は、別の絵で試行錯誤していた時に、気分転換でもしようと即興で描いたものです。手直しも全くしてないんじゃないかな。

音楽で言うところの「間奏曲」みたいな感じかも?

     No.465 / Untitled #465 (2002)
Work of Jihiro / No.465
アーティストは手品師と一緒で、ネタをばらさない方が作品に神秘性があっていいそうなんですが、私はアーティストではないのでネタをばらします。(笑)

この作品の構図は、鏡に向かってコンタクトレンズを付けているときに思い浮かんだものです。でも、本当は、見方を限定されてしまうので、あまり解説したくないというのが本音ですが、このようにちょっとした日常の出来事が構図のヒントとなる事も意外と多いんですよね。

     No.468 / Untitled #468 (2002)
Work of Jihiro / No.468
これは、混沌とした出口の見えない闇を彷徨っているような心境を描写したものです。この頃は、以前のように次から次へと描けなくなっていて、あれこれ考えていたら、何が良くて何が悪いのかの判断が出来なくなっていたようなところもありましたね。結局はアティテュードの問題だったようですが、それに気付くまでにはしばらく時間がかかりました。
     No.470 / Untitled #470 (2002)
Work of Jihiro / No.470
これは即興で描いたものです。人物を描く場合は、形に囚われない即興というスタイルが好きで、あまり描き込むこともしません。自分の場合、人物の描写は描き込むほどに段々とつまんないものになっていってしまうことが多いんですよね。
     No.472 / ? (2002)
Work of Jihiro / No.472
この女性は電話で誰とどんな内容の話をしているのだろう ? と想像して見てもらえるようであれば嬉しいですね。
     No.473 / Untitled #473 (2002)
Work of Jihiro / No.473
言葉が見つからないので、コメントはパスという事で・・・。
子供の頃、仲間内ではパスは3回まで使える事になっていましたが、冗談でパス4とか言うと、顔を真っ赤にして怒る奴もいました(笑)。
     No.474 / Untitled #474 (2002)
Work of Jihiro / No.474
これは上の絵を描いている時に派生して生まれたものです。デジタルでの制作が自分に合っていると思える部分のひとつに、過去に制作したものをふとした時に簡単に開いて見ることができるという点があります。それは作品数が増える程に実感しますね。パラパラと一通り見渡しながら、そこで気になる部分があれば修正するといった感じなのですが、今ではちょっとした時間があればそれをやることが習慣になっている感もあります。これがキャンバスに描いたものであれば、中々そうはいきませんからね。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 5 / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.