Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 4 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4

GALLERY 4 - PART 3    


破棄したものを含めて、この時期は弾けるようなイメージの絵を割と多く描いていましたね。今にして思えば、そこには、自分の中にあるものを一旦破壊して、新たな出発点にしたいという思いが含まれていたのかもしれません。結果的には、その後に何かが変化したということもあまり無かったようですが、意思を持って試行錯誤したことも長い目でみればそれなりに有意義だったのかもと思っています。



     No.421 / Eruption U (2001)
Work of Jihiro / No.421
心の噴火その2。
     No.422 / Eruption V (2001)
Work of Jihiro / No.422
心の噴火その3。
     No.423 / Playground (2001)
Work of Jihiro / No.423
キャンバス上は自分の遊び場みたいな感じですが、心の中にも遊び場が存在してるような気がします。それは誰にも邪魔されることなく昼夜を問わず遊べる場所です。
     No.424 / 走り書きの線 (2001)
Work of Jihiro / No.424
できるだけ意識が離れた状態で描いてみようと、即興で走り書きしたものです。
過去には、電話中は無意識の内にメモした文字に意味不明な装飾模様を書いていることにヒントを得、電話をしながら描けば何か面白いものが描けるかもしれないと、そんなアホな事を試した事もありましたね。結局は意識してしまってダメでしたけど。
     No.425 / Untitled #425 (2001)
Work of Jihiro / No.425
何のテーマも持たずに描き始めたものは、とりあえずは"Untitled"にしているのですが、それでも、後にタイトルを付けることも滅多に無く、最後までそのままということが多いですね。"Untitled"の作品が多いのは、後から手を加える場合に、タイトルがあることによってイメージの幅が狭まることを嫌っているからという理由もあります。
     No.426 / 青の女 (2001)
Work of Jihiro / No.426
青の女・・・。
     No.427 / 赤の女 (2001)
Work of Jihiro / No.427
赤の女・・・。
     No.428 / Untitled #428 (2001)
Work of Jihiro / No.428
何のアイディアも無いまま描き始める・・・。思えば、子供の頃にブロックを組み立てたり、砂場で何かを作ったりして遊んでいた時も、最初から何かを作ろうと頭に描いてなかったことが多かったように思います。今と同じように、何となくいじってる中から作りたいものが見えてくるといった感じだった気がしますね。年月は流れ、ブロックを組み立てたり、砂場で遊んだりすることはなくなりましたが、こうやって絵を描いている事も、実は、そんな幼い日の遊びの延長線上にあるだけのことなのかもしれません。
     No.430 / 嬉しい時は腕を回そう -Guru Guru- (2001)
Work of Jihiro / No.430
子供の頃、何か嬉しい事があると、片手をグルグル回して走ったりしてましたが、まさか大人になってそれをヒントに絵を描くなんてことは思ってもみなかったですね。
     No.432 / 円と三角形そして線 (2001)
Work of Jihiro / No.432
タイトル通りの作。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 4 / Part 3 Navigation Part 4   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.