Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 4 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4

simple abstract art by Jihiro
音楽はCDなどを通して多くの人が耳にすることができますし、小説は印刷された本によって多くの人が読むことができます。しかし、絵の場合はどうしてもオリジナルと複製品という区分けができてしまい、それが他の芸術と比べて日常からはちょっと離れたとっつきにくい存在に感じる要因のひとつになっているのかもしれません。一点ものだから価値があるとも言えますが、例えばオリジナルと全く同じものが大量に複製できるコンピューター・グラフィックスの分野でピカソ的存在の芸術家が現れたとしたら、そんな状況もちょっとは変わるだろうか?

     No.383 / 夕暮れ (2001)
Work of Jihiro / No.383
夕日がとてつもなく美しく妖艶にさえ感じる時があります。ある日、目にした、通常のオレンジがかった色調ではなく、妖しげなピンクとパープルに染まった夕日は、言葉には例えられないものでした。あの時見た夕日は本当に美しかったのです。
     No.384 / Untitled #384 (2001)
Work of Jihiro / No.384
上の絵を左90度に倒して見たら、何だか面白そうな構図に見えたので、そのまま構図を生かそうと、輪郭線だけを取って、全く別の絵として仕上げてみました。と、こんな感じで意味不明なものになってしまうことがよくあるのですが、これは元絵があるから分かるものの、元絵を消してしまっているときは、どういった経緯で構図を考えたのか分からなくなっていることもあるんですよね。
     No.385 / Untitled #385 (2001)
Work of Jihiro / No.385
何を描こうと決めずに描き始める事はよくあるのですが、不思議と何かが生まれてきます。そんな状況で生まれた絵というのは、何となく不思議な感じもするのですが、一方では、今だから描けた絵なんだと思ったりもします。何もアイディアが無い状態であっても、とりあえず描き始めてみるのは、そんな予測できないものが生まれる面白さがあるからです。
     No.388 / Untitled #388 (2001)
Work of Jihiro / No.388
多分、何も考えずに描き始めたものだと思うのですが、経緯はあまりよく憶えていませんね。心模様?
     No.390 / 舞い -Mai- (2001)
Work of Jihiro / No.390
自分が描いているものは、ある意味、自分の良い悪いを含めた感情の描写みたいなところもありそうなので、本当は内面を暴露しているようで、ちょっと恥ずかしい気もします。でも、かといって、この絵が自分の恥ずかしい部分を表現しているというわけではありません。多分。(笑)
     No.393 / ? (2001)
Work of Jihiro / No.393
これもあまりよく憶えてないですね。しいて言えば、こういうものを描きたくなるような心境だったのかも。
     No.395 / ? (2001)
Work of Jihiro / No.395
これも意味不明な絵ですね。自分のの場合、テーマよりも形や色の面白さを優先させてしまうので、面白いと思えば何のためらいもなく当初のテーマを破棄してしまいます。それが結果的に意味不明な絵になってしまう原因のひとつなのですが、ゴールが予測できないから面白いと感じる部分も多分にあります。
     No.396 / ? (2001)
Work of Jihiro / No.396
上の絵の別バージョンみたいな感じ。
     No.398 / ? (2001)
Work of Jihiro / No.398
物にも魂が宿るかどうかは分かりませんが、そう感じさせられることはありますね。

これは途中で切り絵にして見ようと思い、印刷したモノをはさみで切って糊で貼ってみたりもしたのですが、あまりそれをした必要性が感じられずにゴミとなってしまいました。

     No.399 / Pop'n Roll (2001)
Work of Jihiro / No.399-2
Keep on Rollin'.


Work of Jihiro / No.399-1
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 4 / Part 1 Navigation Part 2   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.