Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 3 ► Part 1 Part 2 Part 3

GALLERY 3 - PART 2    


人間、そう簡単には根本的な本質は変わらないだろうけど、何かをやり続ける事によって、知らず知らずのうちに変化していく部分はあるのではないかと思います。以前は見えてなかったものが多少は見えてくる、そして以前は全く見えてなかったことに気付く。もしかしたら、それらは平地で見る景色と、山頂から眺める景色の違いのようなものかもしれません。



     No.336 / Objet part-1 (2000)
Work of Jihiro / No.336
何となくオブジェっぽいですが、この時期はこんな感じのものを多く描いていました。
     No.337 / Objet part-2 (2000)
Work of Jihiro / No.337
上の絵と同時進行で制作したもので、こちらは人をモチーフにしています。
     No.338 / Objet part-3 (2000)
Work of Jihiro / No.338
構図を考える場合は常に心のどこかでデザイン性を意識しているように思いますし、自分が好きな芸術家も絵の中にデザイン性を感じさせる人が多いようです。
     No.339 / Objet part-4 (2000)
Work of Jihiro / No.339
いろんな子供達に「これ何に見える?」って聞いてみたいと時々思う事があります。 勝手に解釈して、自由に感じたことを話してくれる中に何かしら発見が得られそうで・・・。

大人に分析されたりするのは好きじゃないんですけどね(笑)。

     No.340 / 未完成 (2000)
Work of Jihiro / No.340
元々は女性を抽象的に描いていたのですが、描いてる途中で、このまま未完成の状態にしておいた方が完成形を想像できて面白いんじゃないかと思い、そのまま未完成として完成させたものです。

そんな訳で、建築中の建物にある足場のように、バランスをとるラインをそのまま残して構図の一部として使っています。

果たして世の中に完成されたものなんてあるのだろうか?と、ふと考えたりしていると、逆に未完成だからこそ、その先があって面白いんじゃないかと思ったりもします。でも、それは可能性を感じさせるものが何処かにあってこそなんですけどね。
     No.341 / 悲しみと幸福 (2000)
Work of Jihiro / No.341
テレビで流されていた紛争がまだ続く地域の光景を基に描いたものです。もしかしたら命が消えかかろうとしているのかもしれない我が子をずっと抱きしめている親と、そんな状況下でも何となくちょっぴり微笑んでいる様に見える子供の顔を見て、切なさと、それでもこの両親の子供として生まれて幸せだったんだという絶望の中にある僅かな幸福感と温もりを表現しようとしました。希望の意味も込めて部分的に明るい色調を使ってみました。
     No.342 / Objet part-5 (2000)
Work of Jihiro / No.342
当初はやや具象的な方向で描こうとしていましたが、自分でも予想して通り抽象的なものになってしまいましたね。やっぱり抽象的である方が色々と想像できて楽しいんですよね。
     No.345 / Untitled #345 (2000)
Work of Jihiro / No.345
躍動感というか、動きを表してみたかったというのが始まりだったように思います。
     No.346 / Objet part-6 (2000)
Work of Jihiro / No.346
破棄するものの中からパーツの一部を拾って育てていく絵もあります。
     No.349 / 目を回す女 (2000)
Work of Jihiro / No.349
別に意識していたわけではないのですが、あれこれといじっていたら、何だかピカソもどきみたいな感じになっていましたね。

と、そんな訳で、タイトルもそれ風に後から付けました。

Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 3 / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.