Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 3 ► Part 1 Part 2 Part 3

simple abstract art by Jihiro
当初は2,000年という節目を意識して、何か新たな試みをと考えていましたが、そんな時にふと、日本という国で生まれ育った自分の素の感覚とはいったいどんなものなんだろうと思い、それを探すつもりでこの年は描き始めました。一時は外国人の視線で捉えた日本のイメージみたいなものが頭から離れずに、それを払拭させるにはどうしたらいいのか悩んだりしてましたが、今となっては、答えを探す為に色々と模索した過程こそが良い経験だったと思っています。

     No.324 / ? (2000)
Work of Jihiro / No.324
絵の中では誰もが自由です。そして、そこは在りえないものを自由に生み出せる空間でもあります。誰に迷惑をかけることなく、好き勝手ができる場所があるというのはいいものです。
     No.326-2 / 砂浜で拾った貝殻 (2000)
Work of Jihiro / No.326-2
貝殻の模様や形には魅せられます。海水浴に行きながらも、全く泳ぐことなく、ずっと貝殻探しをやってた子供の頃を思い出します。その当時、密かに自分のお気に入りは淡いピンク色の桜貝でしたが、桜貝が好きという事がなんだか恥ずかしい感じがして他人には言えませんでした。
     No.326-3 / 砂浜で拾った貝殻-2 (2000)
Work of Jihiro / No.326-3
「和」のイメージを多少意識して描いたもので、安易に「貝」という文字をデフォルメして使ったりしていますが、そんな安易さも自分の一部です。
     No.328 / Untitled #328 (2000)
Work of Jihiro / No.328
和洋折衷という名の企み。
     No.329 / Untitled #329 (2000)
Work of Jihiro / No.329
日本で生まれ育っても、幼少時には既に欧米の文化に囲まれていたので、極端な和の世界はどうも現実味が感じられないという部分が何処かにあります。結局は、和の中にも欧米の文化が入り混じり混在した感覚が自分のルーツなんじゃないかとの想いから、その辺りの雰囲気をイメージしながら描いてみました。
     No.330 / Untitled #330 (2000)
Work of Jihiro / No.330
対象物ではなく、空間に意識を置いて描いたもので、何かしらを感じられるような雰囲気というものを表現してみようと考えていました。
     No.332 / Untitled #332 (2000)
Work of Jihiro / No.332
当初は"Japanese Modern" と偉そうな仮タイトルを付けて制作していました。全体的に無機質な感じを出そうとしてましたが、何かを表現するのではなく、雰囲気が感じられるものにしたいという思いから、できるだけ「何か」を連想しないような形を探りながら描いてみました。
     No.333 / Untitled #333 (2000)
Work of Jihiro / No.333
この頃になると、陰影の無い大きな色の面を組み合わせた単純な構図の魅力に完全に魅かれていました。別に意図的ではなかったのですが、すっかり陰影を捨ててしまったその理由を考えてみると、やっぱり「想像できる」という事に起因しているように思います。たとえば陰影をつけない円を描いた場合、円を球体にも皿状にも解釈して見る事ができるといった事です。その時々の自分や見る人がその絵に参加できるとでも言ったらいいのでしょうか。
自分自身も絵を鑑賞する時は、作者の意図するところとは違っても、勝手にあれこれ想像しながら見ています。音楽を楽しむような見方といった感じですね。

     No.334 / ? (2000)
Work of Jihiro / No.334
ちょっとした遊びのつもりで描いたものです。
全く気負いが無い状態で描くことが意外な発見に繋がることもあります。
     No.335 / 窓辺の観葉植物 (2000)
Work of Jihiro / No.335
具象と抽象の狭間で何か見つけられないかと模索していました。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 3 / Part 1 Navigation Part 2   Navigation   
JIHIRO'S GAIT / SINCE 2003