Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 2 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4

GALLERY 2 - PART 3    


自分の作品が独創的だとは全く思っていません。この世に生を受けてから現在に至るまでには既存のものから色々と影響を受けているはずですしね。絵に限らず大事に思う事は、他の誰かが既にやっているか否かでは無く、自分はやった事があるか無いかという部分で、自分にとって「初めてな事」であればやってみる価値はあると思っています。やらない限りは想像の域を出ないものだし、やってこそ見えたり感じたりする部分はありますからね。たとえ思ったような結果が出なくても、何かしら得られる部分はきっとあるはずで、それが何であるかを見つけることが大事だと思っています。Better late than never.



     No.262 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.262
自分にしては珍しく三次元的ですが、何を表現したかったのかはよく覚えていません。単に三次元的構図で何か描きたかっただけかも?
     No.265 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.265
和の雰囲気というものを多少意識して描いたものです。
     No.266 / モデルの女 (1999)
Work of Jihiro / No.266
三次元の物を二次元に置き換えて見てみると新しい発見があります。この絵の構図は、布団の柄が折り重なって見えたものをヒントに生まれました。
     No.267 / Untitled #267 (1999)
Work of Jihiro / No.267
色々と模索していた中で偶発的に生まれた、いたってシンプルな構図の作品です。
     No.273 / Untitled #273 (1999)
Work of Jihiro / No.273
自分の中に潜む好奇心を表現しようとしていたと思うのですが、振り返って見れば、そんなことなど別に考えなくてもよかったような気もします。
     No.277 / Untitled #277 (1999)
Work of Jihiro / No.277
二次元的要素と三次元的要素を混在させて描いてみようとしたもので、何かしら探求していた感じでしたね。
     No.278 / Untitled #278 (1999)
Work of Jihiro / No.278
他愛も無い空想や夢想が作品の原点となっているのは良くあることで、バカバカしいと最初から思考を止めてしまっていたら恐らくは生まれてこなかったであろう構図というのは自分の作品には数多くあります。
     No.279 / Untitled #279 (1999)
Work of Jihiro / No.279
上の作品と対を成すもので、2つを並べるとひとつの作品として完成するといった感じです。
     No.281 / Untitled #281 (1999)
Work of Jihiro / No.281
何を考えて描いていたのか覚えていないのですが、意味も無く描くといったことは日常茶飯事なので、恐らくはこれもそんな感じでしょうね。
     No.282 / ヴァイオリンの音が聴こえる (1999)
Work of Jihiro / No.282
音楽ではクラシックよりもロックが好きな私ですが、ピアノやヴァイオリン、チェロといった楽器の音色には幼い頃から魅かれていました。これは「何となく楽器の音色が聴こえてきそうな絵」をテーマに描いたものです。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 2 / Part 3 Navigation Part 4   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.