Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 2 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4

GALLERY 2 - PART 2    


できる限り形に囚われず、シンプル且つ大胆にと意識して描くようにしているのですが、シンプルな程、ちょっとした変化がイメージを大きく変えてしまう事になって、それが悩むところであり、面白いところでもあります。



     No.240 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.240
自分でも何なのか分からないものになってしまうことは良くありますね。それは、自分が求めるものに理由はさほど重要ではないと思っている部分もあるからなんですが、そこに面白さを感じているからでもあるようです。
     No.241 / L.A.P. (1999)
Work of Jihiro / No.241
せっかく同じ時代にめぐり合えたのだから。
     No.242 / We Are One (1999)
Work of Jihiro / No.242
背が高い人もいれば、低い人もいます。太っている人もいれば、痩せている人もいます。西で生まれた人もいれば、東で生まれた人もいます。全てはただそれだけのこと。
     No.243 / 波 (1999)
Work of Jihiro / No.243
波。いろんな波。目に見える波もあれば、見えない波もあります。
     No.247 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.247
いつものようにいじり続けて意味不明になったもの。
     No.250 / Untitled #250 (1999)
Work of Jihiro / No.250
この絵の構図のヒントになったのはいくつかの文房具でした。
     No.253 / Egyptian Soul (1999)
Work of Jihiro / No.253
古代エジプト人のデザイン力には感服させられます。土器や石壁に刻んで描かれた数々の絵はどれも色の必要性を全く感じないほど完成度が高いんですよね。それらに比べると自分の絵はまだまだ色に頼ってる部分があるように思います。時々、人類は本質の部分ではあまり進化していないのではないかと思うことがあります。少なくとも私個人という単位では。
     No.254 / Work Work Work (1999)
Work of Jihiro / No.254
タバコとコーヒーがあれば幸せみたいです。
     No.256 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.256
感性や創造力を養うためには幅広く色々なものを吸収した方が良いと一般的には言われますが、外部との交流や接触を絶って独自の様式を築き上げたアフリカ少数民族などの事を考えると、逆に見聞が広がるほどオリジナル性が育ちにくくなるのではないかと思うこともあります。かつての日本もそうであったように、閉鎖された中でこそ独自性が生まれるんじゃないかと・・・。

おそらくは、芸術という概念がなかったであろうアフリカ少数民族の文化があったからこそ、数々の後期ピカソの作品が生まれたんですよね・・・。

     No.257 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.257
これでTシャツを作ったりもしました。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 2 / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.