Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 2 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4

simple abstract art by Jihiro
この時期は余計な計算を抜きにして描こうとしてたように思います。言い方を変えれば子供の頃のように描くという事になるのですが、なかなか思い通りにはいかない感じでモヤモヤしたところもあったような。ただ、子供の頃に感じていた描くことの楽しさといったものを含めた「自分が描く理由」みたいなものを思い起こすことができたことはそれはそれで良かったのかも。オリジナリティには拘らず、たとえ誰かの絵に似てしまっても意図的でなければ自分なりに受け入れていたようなところもありましたね。

     No.215 / 古代魚 (1999)
Work of Jihiro / No.215
子供の頃、風変わりな深海魚のフォルムに魅せられて、良く図鑑を眺めていました。これはそんな思い出をヒントに描き始めたもので、最初の段階で描いたラフな感じを生かしたかったこともあり、その後も大きく手を加えることはしなかったですね。
     No.216 / Untitled #216 (1999)
Work of Jihiro / No.216
ひとつの作品作りに長時間没頭していると、八方塞になってしまうことが度々あるのですが、そういった時は他にいじれる作りかけのものがないか探してみたりします。別の絵だと先に進めるといった事は意外と多くて、その時々での相性というものが何となくあるようです。これも、そういった経緯を辿りながら仕上げていったもので、結果的には描き始めた頃のイメージのかけらさえも残ってないんじゃないかと思えるほどに変化してましたね。
     No.220 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.220
構図のアイディアが生まれる経緯の中には偶発的要素が多分に含まれているように思います。場合によっては、アクシデントに近いものだったりするのですが、ただ、それは、その時に描こうとして考えていたからこそ生まれたものであって、もしも時が違っていたら全く別ものになっていたのかもしれません。あの時描こうとしなかったら、きっとこの構図は生まれてなかっただろうと思える作品は多々あります。

そんな事をあれこれ考えていると、「第一歩を踏み出しておく」という事の大切さを実感しますね。ここで言う第一歩とは、少しでもいいから「とりあえず描いておく」ということになるのですが、一歩目があってこそ続きがあるんですよね。それに、大体においては一歩目を踏み出せば二歩目は自然と付いて来たりもします。

     No.223 / Toy Windmill (1999)
Work of Jihiro / No.223
子供の頃、風車のオモチャを持っていて、気付いた頃には風車の羽はボロボロになっていましたが、ネジを巻くとオルゴールの音色と共にカクカクとぎこちなく回っていました。でも、それが捨てる理由にはならなかったので、その後も暫くは家にあったのですが、いつの間にか無くなっていました。
これはそんな頃を思い出しながら描いたものです。
     No.228 / ? (1999)
Work of Jihiro / No.228
とりあえずは、これが何であるかは置いといて(笑)。

自分としては、勝手に想像して見てもらえるようなものであればと思います。見る人のイマジネーションが作品に投影されれば、自分と見る人との間にコラボレーションという形が生まれ、そこに新たな世界が生まれると思いますし、又、そうなる事が作品の完成形のような気もします。

     No.230-232 / 顔 (1999)
Work of Jihiro / No.230
即興で描いた顔シリーズのパート1からパート3で、3作まとめて即興的にで仕上げました。時々、創作という名の元、勘違いを起こしそうになるので、原点への回帰と戒めの意味を含めて即興というスタイルをとる事があります。


Work of Jihiro / No.231 Work of Jihiro / No.232
     No.233 / Untitled #233 (1999)
Work of Jihiro / No.233-A
この絵はかなり手を加えていじり続けてましたね。各パーツの位置を微妙にずらしてみたり、太さを変えてみたりと、結局は2年程の間ちょこちょこやってたと思います。でも、そんな事をしているとあらためてデジタルならではの利点というものを実感します。最終的にトータルで要する時間はキャンバスに筆というスタイルとさほど変わらなくなりますが、あれこれと試行錯誤する時間を多く取れる事は嬉しいですね。この作品は上下左右に向きを変えても見れる構図にしてみようと考えて制作してみました。


Work of Jihiro / No.233-B Work of Jihiro / No.233-C Work of Jihiro / No.233-D
     No.234 / Untitled #234 (1999)
Work of Jihiro / No.234
上のものと同じビジョンで描いたものですが、ここにあるのは向きを固定したヴァージョンになります。ある程度完成形が見えてくると、別のパターンで描いてみようとするのはよくあることで、結局は大して違わないようなものが何種類もできてしまって収拾がつかなくなることも多いのですが、そうすると、今度は2つの絵を1つにしたり、パーツをやり取りしたり、さらに分解したり、といった感じで、徐々に1つの絵としてまとめ上げていくこともあります。切り絵と近い感覚もありますが、どちらかと言うと、ブロック遊びのような感じかもしれません。
     No.237 / Behind the Mask (1999)
Work of Jihiro / No.237
醜い心と歪んだ精神を持つ人は、これが自分に見えます。
というのは冗談です。
     No.238 / 想像する事を忘れた人 (1999)
Work of Jihiro / No.238
文明や科学の発達も、起点は空想や想像だと思うのですが、大人になるにしたがって空想したり想像したりする事が徐々に少なくなっていくのは悲しいことです。ジョン・レノンは愛や平和についても、「まず想像する事から始めよう」と歌っていました。スティーヴン・タイラーは「大人が忘れがちなのは、目を閉じれば月にだって行けるという世界さ」と語ってます。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 2 / Part 1 Navigation Part 2   Navigation   
JIHIRO'S GAIT / SINCE 2003