Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 1 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5 Part 6 Part 7 Part 8

GALLERY 1 - PART 6    


作品とはいっても、要は「思いつき」みたいなところがあるのですが、それでも、とりあえずは描いて残しておくことで、形にしなければ何も残らなかった「時」の通過点というものを、自分で振り返って見れるというのは、案外楽しいものです。なんでこんなものをと恥ずかしくなることも多々あるんですけどね(笑)。



     No.114 / Untitled #114 (1998)
Work of Jihiro / No.114
何となく木の精霊をイメージして描いていたような記憶があるのですが・・・。
     No.117 / Untitled #117 (1998)
Work of Jihiro / No.117
タイトルは付けてなかったのですが、多分、新体操をモチーフにしたものだと思います。
     No.118 / 私は他人 (1998)
Work of Jihiro / No.118
私は他人なんです。
     No.120 / Untitled #120 (1998)
Work of Jihiro / No.120
踊っている女性をモチーフに描いたもの。

Work of Jihiro / No.120-2

     No.123 / Untitled #123 (1998)
Work of Jihiro / No.123
感じたものをそのまま素直に表現できれば、それで十分だと自分では思っているのですが、実際はそれが中々できないんですよね。これは形を気にせず、できる限り感情の赴くままに描いた落書きをベースにして仕上げたものなので、そこには何の意味も内包していません。ちなみに、下にあるカラフルなものが元の落書きです。

Work of Jihiro / No.120-2
     No.124 / #124 (1998)
Work of Jihiro / No.124
こちらも同様に落書きをベースにして仕上げたもので、これも下にあるのが元の落書きです。

Work of Jihiro / No.120-2
     No.125 / Untitled #125 (1998)
Work of Jihiro / No.125
何か面白いものができないかと探っていた中で生まれたものだと思うのですが、自分でも何が始まりだったのかはよく覚えていません。
     No.126 / 険悪な二人 (1998)
Work of Jihiro / No.126
これは分かりやすいタイトルを付けていたこともあり、何をしたかったのだろうかと思い出すのに苦労する必要もなく助かりました。説明するまでもなく、タイトル通りの作です。
     No.127 / 大地の種 - そこに土があると嬉しいのです (1998)
Work of Jihiro / No.127
こちらも比較的分かりやすいタイトルを付けていたので、何をしようとしていたかという記憶も残っていますね。これもタイトル通りの作です。
     No.130 / Untitled #130 (1998)
Work of Jihiro / No.130
これも、これといった意図やテーマなんてものは特に無かったと思います。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 1 / Part 6 Navigation Part 7   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.