Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 1 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5 Part 6 Part 7 Part 8

GALLERY 1 - PART 3    


無精者な所為か、自分の場合、筆は2、3回程使用して殆んどダメにします。使用後に洗うのが面倒で、ついそのまま放って置いてしまうんですよね。小学生の頃、書道を習ってたというか習わされていたのですが、その時も硯を洗うのを面倒くさがって、いつも書道用紙を使って拭き取るだけで済ませていたので、硯に用紙が貼り付いて層になり、上部のくぼみが浅くなっていったという思い出もあります。そんな私なので、ちょっとの時間があれば気軽に取り掛かれて、後片付けしなくてよいパソコンは最良の画材道具です(笑)。



     No.33 / 煙草を吸う人 (1998)
Work of Jihiro / No.33
タイトル通りで、他には何もありません。ラフな構図の段階では面白みに欠けていたので、破棄しようとしていたのですが、それでも何とかモノにならないかと足掻いて完成させました。
     No.34 / Untitled #34 (1998)
Work of Jihiro / No.34
イマジネーションを目に見える形で描いてみたと言うか、イマジネーションだけで描いたと言うか。
     No.35 / The Hawk (1998)
Work of Jihiro / No.35
獲物を探している鷹をモチーフに、顔は左右どちらの向きともとれる様に描いてみました。そのようにした理由は、絵の中で動きを表現してみたかったのと、ひとつの絵で違う見方ができないかとの思いからでした。
     No.36 / Untitled #36 (1998)
Work of Jihiro / No.36
どのような経緯で構図を考えたのか全く覚えてないですね。何も考えていなかったのかも。
     No.40 / 私の墓 (1998)
Work of Jihiro / No.40
想像上の自分の墓。

Work of Jihiro / No.40-b
     No.42 / Lady-R-2 (1998)
Work of Jihiro / No.42
いたずらを思いつきニヤリとしています。
     No.43 / La Sagrada Familia (1998)
Work of Jihiro / No.43
生きている間にサグラダ・ファミリアの完成した姿を見る事はできないようですが、案外それもまた魅力のひとつなのかもしれませんね。ガウディー(Antonio Gaudi)は「人間は創造しない、発見するのだ」と語っています。発明品といった物の原理は全て自然界に存在していて、人間はそれを見つけたにすぎないといった事なんですが、このガウディーの思想が集約されたとも言えるサグラダ・ファミリアは、いたる所に自然界からの応用が見れて興味は尽きません。この「石で書かれた聖書」と言われる巨大な教会に、私はガウディーの自然に対する敬意と燃える様な情熱を感じているのです。
     No.44 / La Casa Mila (1998)
Work of Jihiro / No.44
同じくガウディーの建築物であるカサ・ミラを即興的に描いてみました。
     No.45 / ? (1998)
Work of Jihiro / No.45
ガウディーの建築物を題材に描いてた中で生まれたもの。
     No.46 / ? (1998)
Work of Jihiro / No.46
これも頭の何処かにガウディーのイメージが残った状態で描いたような気がします。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 1 / Part 3 Navigation Part 4   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.