Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 1 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5 Part 6 Part 7 Part 8

GALLERY 1 - PART 2    


98年は400点近く制作していましたが、半数程は後に削除しています。誰かに見せるという気持ちも無かったので、何でもかんでもモチーフにして、手当たり次第に描いていた感じでしたが、どちらかというと、生み出すというよりも吐き出すといった感じでしたね。もはやアクリルや油彩で仕上げることなど半ばどうでもよくなっていた感じで、思い浮かぶアイディアを忘れないうちに描き留めておこうと必死になっていたようなところもありました。本当は、描きたいのではなく、表現したかったのかも。



     No.15 / 空虚の街 (1998)
Work of Jihiro / No.15
無機質なビルの外観をモチーフに、現代社会が持つ空虚感みたいなものを表現してみようとしたものです。
     No.17 / ? (1998)
Work of Jihiro / No.17
なんかCGもどきっぽいですが、特にこれといった意味は無かったと思います。タイトルも付けて無かったし。
     No.18 / Lady-R (1998)
Work of Jihiro / No.18
最初から無駄を省いて描ければいいのですが、もっと良くなるんじゃないかとつい色んななものを加えてしまったりして、最後には必ずその余分なものを探して省いていくという作業が付きまとってしまいます。単純な構図ながらも、完成までにそれなりの時間が掛かってしまうのは、そんな所に理由もあるのですが、一方では、そういった工程を辿らないと納得できるシンプルさが得られないような気もします。一見チャチャッと描いたようにしか見えないんですけどね。
     No.21 / Self Portrait-A (1998)
Work of Jihiro / No.21
サイトを立ち上げた時には、これを加工してトップページに使用しました。
     No.22 / Self Portrait-B (1998)
Work of Jihiro / No.22
こちらは内面性のようなものを表現してみたものなんですが、自分の中にあるいくつかの要素が微妙に交じり合ったり、組み合わさったりして、その時々の作品に投影されるという部分は少なからずあるようです。
     No.24 / 漲る力 (1998)
Work of Jihiro / No.24
今まで形にしたいと思っていたものを吐き出すことが楽しくて、暇さえあれば何かしらを描いていたという、その時の心情をそのまま表したという極めて単純な例。調子に乗ってる時期でしたので、体からエナジーが放電してます(笑)。

この頃は、まずは自分の中にあるものを全て吐き出してしまおうと考えていました。そして、それらを出し尽くした時が本当のスタートだと・・・。この頃はそんな感じでいましたから、一刻も早くアイディアを出し尽くそうと、手当たり次第に描いていましたね。

     No.26 / クワガタ (1998)
Work of Jihiro / No.26
子供の頃は夏休みが来る度にプラスティックの水槽におがくずを敷き詰めて飼育していました。お気に入りは「ミヤマクワガタ」と「ノコギリクワガタ」でしたが、なかでも、大アゴが湾曲せずに垂直に伸びている小ぶりの「ノコギリクワガタ」が一番好きでしたね。
     No.27 / カブトムシ (1998)
Work of Jihiro / No.27
クワガタを描いたら、やっぱりカブトムシも描かなくては!
夏休み最後の日は、惜しい気持ちを堪えて近くの山に逃がしていました。
     No.29 / Yearh (1998)
Work of Jihiro / No.29
わき腹あたりを触られるのが苦手なんです(笑)。

     No.30 / Big Eyes (1998)
Work of Jihiro / No.30
「目」を主役に描いたものですが、果たして、モノ言う目になっているだろうか?
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 1 / Part 2 Navigation Part 3   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.