Jihiro's Gait Home Sitemap Gallery 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Music Notebook Profile Extra BBS
Gallery 1 ► Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5 Part 6 Part 7 Part 8

simple abstract art by Jihiro
96年に始めたデジタルでのシンプルな抽象作品作りですが、当初はアナログ画の下絵を制作するに留めるつもりでした。理由としてはデジタルが試行錯誤を繰り返すのに便利で、ちょっとした時間でも色々と試せるから。しかし、その後は、アイディアを素早く形にできて、加筆修正的なことも簡単に行えることから、アナログで仕上げるという事などそっちのけで、今まで漠然と持っていた断片的なアイディアを吐き出すことに夢中になっていました。

     No.1 / My Monument -First Movement- (1996)
Work of Jihiro / No.1
始まりは、自分の中にある好奇心というものを記念碑のような形で表現してみようと思ったことから。

気持ちが先走って、多くのバリエーションで溢れ返ってしまい、取り留めがつかない状況になっていましたが、今ではそういったこともひとつの思い出ですね。

     No.4 / Untitled #4 (1996)
Work of Jihiro / No.4
試行錯誤を繰り返すうちに、自分でも「何をしたいのだろう?」と思うようなことも多々あるのですが、振り返って見てみると、そんな暗中模索していた自分を表していたかのような雰囲気。

実はこの年に制作したものの大半はその後に消去しています。当初はそれなりに満足できていても、後から見るとクズみたいに思えるのは良くあることで、そんなものをいつまでも残しているのが何となく嫌でしたね。自分にとっての創作とは沢山のごみを生み出すことかも?

     No.5 / たとえばひまわり (1996)
Work of Jihiro / No.5
とりたててコメントする事はありませんが、これは油彩です。
     No.6 / Time (1997)
Work of Jihiro / No.6
この頃はアイディアを吐き出すことに夢中で、何だか時間さえもが制作のツールであるかのように感じていましたね。

"Stupidly Happy"といった感じで、のーてんきな作品。

     No.7 / Untitled #7 (1997)
Work of Jihiro / No.7
既に描き初めた頃のテーマは消滅して、最後には子供が遊んでいるみたいに、「この形が好き」、「この色が好き」、といった感じで描いていたような記憶が・・・。
     No.8 / Untitled #8 (1997)
Work of Jihiro / No.8
気の向くままに、「ガガッ」とか、「シュッ」など、意味不明な擬音を心の中で発しながら描いていたような記憶があります。子供の頃はよくこんな感じで絵を描いていましたね。「ヒュー、ドカーン 、ダダダダッ!」みたいな感じで。

ちょっとした部分は後から手を加えていますが、殆んど即興的に描いたもので、子供の頃のように自由に楽しんで描いていました。デジタルの利点は失敗を気にせずフォルムを大胆にいじれることで、そのことは何処かで幼い日の自分を呼び戻してくれるような気もします。

     No.9 / ? (1997)
Work of Jihiro / No.9
この時は、あくまでもキャンバスに描くための下絵と考えていたので、細かい彩色は行わず、全てベタ塗りでやってました。あまり細かく描いてしまうと、筆描きの段階では写しとるだけみたいな感じになってしまい、楽しみもなくなってしまいますからね。でも、そのことが、後には陰影を付けないベタ塗りというスタイルに心を奪われていく結果に。
     No.10 / Untitled #10 (1997)
Work of Jihiro / No.10
これはあまりよく憶えていませんね。違ったスタイルを試してみたかったのかも?

個人的には、タイトルは無い方がイメージの幅が広がるので好きです。まぁ、描いてるうちに自分でも何の絵だか分からなくなってしまい、タイトルの付けようがないというのもあるのですが。何だか手を加えるほどに意味が消失していってしまうような・・・。

     No.13 / Untitled #13 (1997)
Work of Jihiro / No.13
これは自分の琴線に触れるようなものを何となく意識しながら描いてたような気がします。
     No.14 / わがまま好奇心 (1997)
Work of Jihiro / No.14
自分の内面にある好奇心というものをイメージして描いたもので、自分の場合はこういったシンプルな作品作りもそんな好奇心の延長線上にあるような感じですね。
Navigation   Navigation : Home | Page top | Gallery 1 / Part 1 Navigation Part 2   Navigation   
Jihiro's Gait / Copyright© Jihiro All Rights Reserved.